(過去記事)ポール・チェリモがIAAFの決定に反論:彼がニューヨークで初ハーフを走った理由とドーハ世界選手権で目指す姿

(2019年3月11日と3月17日のLRC記事を基に日本語訳で構成) 2017年ロンドン世界選手権男子5000 …

続きを読む (過去記事)ポール・チェリモがIAAFの決定に反論:彼がニューヨークで初ハーフを走った理由とドーハ世界選手権で目指す姿

ドーハ世界選手権男子5000m展望:本命不在の混戦でヤコブ・インゲブリクトセンによってこの種目で20年ぶりの欧州勢のメダル獲得となるだろうか?

1993年以来では初めて、世界選手権での男子5000m決勝が、男子10000m決勝の前に開催される。伝統的に、 …

続きを読む ドーハ世界選手権男子5000m展望:本命不在の混戦でヤコブ・インゲブリクトセンによってこの種目で20年ぶりの欧州勢のメダル獲得となるだろうか?

2020東京オリンピックまであと2年:中長距離種目の全米代表を独自予想・男子編その② (5000m, 10000m, マラソン)

2020年東京オリンピック開催まで2年を切った。そして、東京オリンピック開催の約1か月前に、東京オリンピック全 …

続きを読む 2020東京オリンピックまであと2年:中長距離種目の全米代表を独自予想・男子編その② (5000m, 10000m, マラソン)

ダイヤモンドリーグユージン大会:エマニュエル・コリルが無敗を継続、ノア・ライルスが19.69で200mを制す、17歳のヤコブ・インゲブリクトセンが1マイル3:52

https://youtu.be/faTD8Hv8lXg 男子800m:怪物エマニュエル・コリル 男子800m …

続きを読む ダイヤモンドリーグユージン大会:エマニュエル・コリルが無敗を継続、ノア・ライルスが19.69で200mを制す、17歳のヤコブ・インゲブリクトセンが1マイル3:52

ダイヤモンドリーグユージン大会1日目展望(男子800m、男子2マイル):キング・チェスがプロ選手としてヘイワードフィールドに凱旋

プリフォンテーンクラシックほど、アメリカのレースで多くの才能ある選手を魅了する大会はない。アメリカで開催される …

続きを読む ダイヤモンドリーグユージン大会1日目展望(男子800m、男子2マイル):キング・チェスがプロ選手としてヘイワードフィールドに凱旋

ダイヤモンドリーグ上海大会:ポール・チェリモが優勝を逃す、ケンドラ・ハリソンの連勝がストップしガーディナーは連勝を伸ばす – 桐生は10.26で9位

2018年のダイヤモンドリーグは、ドーハから約6760km移動し遠くアジアの地、上海に舞台を移して開催された。 …

続きを読む ダイヤモンドリーグ上海大会:ポール・チェリモが優勝を逃す、ケンドラ・ハリソンの連勝がストップしガーディナーは連勝を伸ばす – 桐生は10.26で9位

ダイヤモンドリーグ上海大会展望:ポール・チェリモが5000m12分台に挑戦、男子100mにガトリン、桐生、蘇などが出場

2018年のダイヤモンドリーグの開幕戦となったドーハ大会が終了し、次なる上海大会が土曜日に開催される。男子50 …

続きを読む ダイヤモンドリーグ上海大会展望:ポール・チェリモが5000m12分台に挑戦、男子100mにガトリン、桐生、蘇などが出場

全米5kmロード選手権:シャドラック・キプチルチルが13:57で6人のスパート合戦を制する – モリー・ハドルが大会新の15:24で6回目の全米5kmロードのタイトルを獲得

©2017 Lets Run ニューヨーク — 今朝のアボット5km / 全米5kmロード選手権の男子のゴール …

続きを読む 全米5kmロード選手権:シャドラック・キプチルチルが13:57で6人のスパート合戦を制する – モリー・ハドルが大会新の15:24で6回目の全米5kmロードのタイトルを獲得

全米5kmロード選手権記者会見での談話:ポール・チェリモは2018世界室内選手権3000mの金メダルを狙う、ブレンダ・マルティネスは800mを卒業

ニューヨーク - 全米5kmロード選手権は(アメリカ東海岸の現地時間の)土曜日の朝に、アボットダッシュ5km( …

続きを読む 全米5kmロード選手権記者会見での談話:ポール・チェリモは2018世界室内選手権3000mの金メダルを狙う、ブレンダ・マルティネスは800mを卒業

レッツラン的、ロンドン世界選手権のアメリカ代表中長距離選手の成績表

素晴らしい戦いが繰り広げられた、2017年ロンドン世界選手権が幕を閉じた。(全成績) ©2017 SushiM …

続きを読む レッツラン的、ロンドン世界選手権のアメリカ代表中長距離選手の成績表