あれから25年:世界の中長距離界の歴史の中で最も偉大な一夜を振り返る【世界新が2つ生まれた1995年8月ウェルトクラッセチューリヒ】

2人の伝説の中長距離選手による2つの世界記録。25年前の1995年に開催されたウェルトクラッセチューリヒ(当時 …

続きを読む あれから25年:世界の中長距離界の歴史の中で最も偉大な一夜を振り返る【世界新が2つ生まれた1995年8月ウェルトクラッセチューリヒ】

“オン”がボルダーにプロチームを創設し、デイサン・リッツェインハインがコーチに就任:全米学生クロカン個人・全米学生室内準優勝のジョー・クレッカーがチーム初のプロ契約選手に

カリフォルニアの州の高地(マンモスレイク)に拠点を置くマンモスレイクトラッククラブや、ZAPエンデュアランスの …

続きを読む “オン”がボルダーにプロチームを創設し、デイサン・リッツェインハインがコーチに就任:全米学生クロカン個人・全米学生室内準優勝のジョー・クレッカーがチーム初のプロ契約選手に

アントニオ・ピント(ロンドンマラソン3勝・PB2:06:36)のトレーニング【ポルトガル式分割インターバルメソッド】

1990年代〜2000年代初期まで長く活躍した男子マラソン元欧州記録保持者、アントニオ・ピント(ポルトガル)の …

続きを読む アントニオ・ピント(ロンドンマラソン3勝・PB2:06:36)のトレーニング【ポルトガル式分割インターバルメソッド】

デイサン・リッツェインハインが現役引退:2001年の高校時代からの「3強」最後の砦“リッツ”が37歳でキャリアを終える

by David Monti(Race Results Weekly) リッツェインハイン、アラン・ウェブ、ラ …

続きを読む デイサン・リッツェインハインが現役引退:2001年の高校時代からの「3強」最後の砦“リッツ”が37歳でキャリアを終える

非アフリカ系ランナー初の10000m26分台から10年:クリス・ソリンスキーがいかにして“華麗なるペース走”で史上最高の番狂わせを起こしたのか

by Jonathan Gault 2010年のペイトン・ジョーダン・カージナルス招待に出場したクリス・ソリン …

続きを読む 非アフリカ系ランナー初の10000m26分台から10年:クリス・ソリンスキーがいかにして“華麗なるペース走”で史上最高の番狂わせを起こしたのか

スポンサー無しのアマチュア選手:ジェイク・ライリーがアトランタで東京五輪マラソン全米代表の切符を掴む

今からちょうど1年前、ジェイク・ライリーはマラソンでの全米代表を目指し、その僅かな可能性に賭けていた。 彼は2 …

続きを読む スポンサー無しのアマチュア選手:ジェイク・ライリーがアトランタで東京五輪マラソン全米代表の切符を掴む

ファビアン・ロンセロ(10000m27:14.44・ハーフ59:52・マラソン2:07:23):1998年ロッテルダムマラソン優勝の8週間前からのトレーニングメニュー

1990年代後半〜2000年に活躍したスペインの長距離ランナー、ファビアン・ロンセロのトレーニングを紹介します …

続きを読む ファビアン・ロンセロ(10000m27:14.44・ハーフ59:52・マラソン2:07:23):1998年ロッテルダムマラソン優勝の8週間前からのトレーニングメニュー

2020年ダイヤモンドリーグでの3000mSC削減について全米記録保持者のエヴァン・ジェイガーとコートニー・フレリクスのコメント

(以下は2019年11月8日の記事) IAAF(現World Athletics)が、2020年ダイヤモンドリ …

続きを読む 2020年ダイヤモンドリーグでの3000mSC削減について全米記録保持者のエヴァン・ジェイガーとコートニー・フレリクスのコメント

2020年東京五輪に向けてトラックに復帰するモー・ファラーに関する3つの考察

モー・ファラーは、東京五輪において五輪男子10000mのディフェンディングチャンピオンとして走ることとなる。現 …

続きを読む 2020年東京五輪に向けてトラックに復帰するモー・ファラーに関する3つの考察

(過去記事)ポール・チェリモがIAAFの決定に反論:彼がニューヨークで初ハーフを走った理由とドーハ世界選手権で目指す姿

(2019年3月11日と3月17日のLRC記事を基に日本語訳で構成) 2017年ロンドン世界選手権男子5000 …

続きを読む (過去記事)ポール・チェリモがIAAFの決定に反論:彼がニューヨークで初ハーフを走った理由とドーハ世界選手権で目指す姿