【ブログ】過去4年間の男子サブテンと女子サブ2:27達成者数の推移(公認大会のみ)

過去4年間の男子サブテンと女子サブ2:27達成者数(公認大会のみ)の推移を以下の表にまとめました。WMMや五輪のマラソン観戦の参考になればと思います。

【過去4年間の男子サブテン達成者数】WA記録室より

サブテン
達成者
ケニア🇰🇪 エチオピア
🇪🇹
ケニア・エチオピア以外 非アフリカ系 日本🇯🇵

2016

112名
(149回)
73名
(98回)
65.2%
29名
(39回)
25.9%
10名
(12回)
8.9%
5名
(6回)
4.5%
5名
(6回)
4.5%

2017

146名
(181回)
84名
(106回)
57.5%
36名
(42回)
24.7%
26名
(33回)
17.8%
13名
(14回)
8.9%

9名
(10回)
6.2%

2018 160名
(210回)
73名
(94回)
45.6%
42名
(65回)
26.3%
45名
(51回)
28.1%
21
24回)
13.1%

16
17回)
10.0%

2019
218

295回)
90
124回)
41.3%
68
99回)
31.2%
60
72回)
27.5%
18名
(19回)
8.3%

8名
(8回)
3.7%

【補足】
・パーセンテージはサブテン達成者の総数に対しての割合
・カッコ内はサブテンが記録された総数(年間で複数回サブテンをする選手がいる)
・ボストンマラソンなどの非公認レースはノーカウント(2019年の非公認レースのサブテンは15回)
・非アフリカ系とは、アフリカ生まれでない選手を指す(アフリカからアフリカ以外の国へ国籍変更した以下の選手↓は非アフリカ系に含まない)
例:オズビレン(トルコ)、エルアバシ(バーレーン)、コリル(アメリカ)、A. タデッセ(スイス)、ネゲイジェ(オランダ)、B. アブディ(ベルギー)、ラシク(イタリア)など

【傾向】
・サブテンの達成者数はこの4年間で増加している。世界的に見ても、エチオピアの伸び率を見ても2016年から3年後の2019年にはほぼ倍増している。

・ケニア人の過去4年間のサブテン達成者の増加率は鈍い。これは、近年のドーピング規制強化の影響が出ていることが考えられる(これまでにケニアで潜在的にドーピングが蔓延してきた)。

・この2年間でケニア・エチオピア以外のアフリカ系のサブテンが増えた。
2018年:24名(27回)= バーレーン5名(5回)、エリトリア5名(5回)、モロッコ4名(6回)、ウガンダ4名(4回)…etc
2019年:42名(53回) = バーレーン7名(8回)、エリトリア8名(8回)、モロッコ7名(11回)、ウガンダ6名(7回)…etc

・日本人選手のサブテン達成者数は近年では東京マラソンの天候1つで大きな差をみせることがある。2018年:東京マラソンでの日本人のサブテン9名、2019年:東京マラソンでの日本人のサブテン0名=悪天候。それに加えて今年はMGC開催でベルリン、シカゴ、福岡国際等の日本人招待選手が減少し、サブテン達成者数が前年より少なくなった。

【日本人以外の非アフリカ系のサブテン】
2016年:なし
2017年:モーエン、ラップ、グリフィス、ガビウス(4名)
2018年:ラップ、J. ロバートソン、ゲラ、レヴィンス、ナート(5名)
2019年:モーエン、ナート、Z. ロバートソン、ホーキンス、董国建、アムドゥニ、パチェコ、ホフバウアー、チャディ、彭建華(10名)
※2019ボストンでのファウブル、ウォードのサブテンを除く

【トピック】
2016年
・ベルリン:エチオピア新(ベケレ:2:03:03 = 世界歴代2位 ※当時)
2017年
・モンツァ:Breaking2(キプチョゲ:2:00:25 ※非公認)
・福岡:欧州新記録(モーエン:2:05:48 = 非アフリカ系歴代1位)
2018年
・東京:日本新記録(設楽悠太:2:06:11)
・ベルリン:世界新記録(キプチョゲ:2:01:39)
・シカゴ:アジア新記録(大迫傑:2:05:50 = 非アフリカ系歴代2位)
・シカゴ:欧州新記録(ファラー:2:05:11)
・バレンシア:アジア新記録(エルアバシ:2:04:43)
2019年(12/17まで)
・ロンドン:エチオピア新(ゲレメウ:2:02:55 = 世界歴代2位 ※当時)
・ベルリン:エチオピア新(ベケレ:2:01:41 = 世界歴代2位)
・ウィーン:INEOS 1:59(キプチョゲ:1:59:40 ※非公認)
・バレンシア:欧州新記録(オズビレン:2:04:16)

【過去4年間の男子サブ2:0x達成者数】

サブ2:02

サブ2:03

サブ2:04

サブ2:05

2016

0名

0名

4名(4回)

7名(7回)

2017

0名

0名

3名(3回)

4名(4回)

2018

1名(1回)

1名(1回)

1名(1回)

14名(17回)

2019

1名(1回)

4名(4回)

9名(9回)

16名(17回)

※キプチョゲは2017年と2019年に非公認レースに出場(この表には含まない)
2019年はサブテン達成者に加えて、トップレベルも過去最高レベル。


【IAAFスコアリングテーブル1163点】
男子マラソン2:09:56、女子マラソン2:26:59

 

【過去4年間の女子サブ2:27達成者数】WA記録室より

サブ2:27
達成者

ケニア
🇰🇪
エチオピア
🇪🇹
ケニア・エチオピア以外 非アフリカ系 日本
🇯🇵

2016

67名
(85回)
17名
(22回)
25.4%
33名
(44回)
49.3%
17名
(19回)
25.4%
12名
(13回)
18.0%
8名
(8回)
11.9%

2017

72名
(90回)
27名
(31回)
37.5%
29名
(43回)
40.3%
16名
(16回)
22.2%
13名
(13回)
18.1%
6名
(6回)
8.3%
2018 100名
(139回)
22名
(35回)
22.0%
49名
(67回)
49.0%
29名
(37回)
29.0%
20名
(23回)
20.0%

7名
(9回)
7.0%

2019
136

182回)
37
53回)
27.2%
60
87回)
44.1%
39
42回)
28.7%
30
31回)
22.1
%

10
10回)
7.4%

【補足】
・パーセンテージはサブテン達成者の総数に対しての割合
・カッコ内はサブテンが記録された総数(年間で複数回サブテンをする選手がいる)
・ボストンマラソンなどの非公認レースはノーカウント(2019年の非公認レースのサブ2:27は7回)
・非アフリカ系とは、アフリカ生まれでない選手を指す

【傾向】
・サブ2:27の達成者数はこの4年間で増加し、2016年から3年後の2019年にはほぼ倍増しているが日本は微増にとどまっている。日本以外に非アフリカ勢のサブ2:27がこの2年で順調に増えている。

【日本人以外の非アフリカ系のサブ2:27】
2016年:4名
2017年:7名
2018年:13名
2019年:20名

【トピック】
2016年
・特になし
2017年
・ロンドン:ケニア新記録(ケイタニー:2:17:01 = 世界歴代2位 ※当時)
・ロンドン:エチオピア新記録(T. ディババ:2:17:56 = 世界歴代3位 ※当時)
・リオ五輪女子マラソン金のスムゴングがドーピング違反(EPO)で4年間の資格停止
2018年
・特になし
2019年
・ドバイ:エチオピア新(デゲファ:2:17:41 = 世界歴代4位 ※当時)
・リオ五輪女子マラソン銀のキルワがドーピング違反(EPO)で4年間の資格停止
・シカゴ:世界新記録(コスゲイ:2:14:04)

【過去4年間の女子サブ2:xx達成者数】

サブ2:15

サブ2:18

サブ2:19

サブ2:20

2016

0名

0名

0名

1名(1回)

2017

0名

2名(2回)

2名(3回)

3名(4回)

2018

0名

0名(0回)

6名(6回)

11名(11回)

2019

1名(1回)

3名(3回)

7名(8回)

12名(13回)

2019年はサブ2:27達成者に加えて、トップレベルも過去最高レベル。

TOP

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中