シャレーン・フラナガンが現役引退を発表:彼女は全米女子長距離史上最高の選手だろうか?彼女のキャリアで印象的な5つのシーンを振り返る

10月22日、アメリカの長距離スター選手のシャレーン・フラナガンがインスタグラムで、プロ選手として現役引退すること発表し、バウワーマン・トラック・クラブ(Bowerman Track Club)で引き続きコーチとして選手の指導を行う

View this post on Instagram

With happy tears I announce today that I am retiring from professional running. From 2004 to 2019 I’ve given everything that’s within me to this sport and wow it’s been an incredible ride! I’ve broken bones, torn tendons, and lost too many toenails to count. I've experienced otherworldly highs and abysmal lows. I've loved (and learned from) it all. Over the last 15 years I found out what I was capable of, and it was more than I ever dreamed possible. Now that all is said and done, I am most proud of the consistently high level of running I produced year after year. No matter what I accomplished the year before, it never got any easier. Each season, each race was hard, so hard. But this I know to be true: hard things are wonderful, beautiful, and give meaning to life. I’ve loved having an intense sense of purpose. For 15 years I've woken up every day knowing I was exactly where I needed to be. The feeling of pressing the threshold of my mental and physical limits has been bliss. I've gone to bed with a giant tired smile on my face and woken up with the same smile. My obsession to put one foot in front of the other, as quickly as I can, has given me so much joy. However, I have felt my North Star shifting, my passion and purpose is no longer about MY running; it's more and more about those around me. All I’ve ever known, in my approach to anything, is going ALL IN. So I’m carrying this to coaching. I want to be consumed with serving others the way I have been consumed with being the best athlete I can be. I am privileged to announce I am now a professional coach of the Nike Bowerman Track Club. This amazing opportunity in front of me, to give back to the sport, that gave me so much, is not lost on me. I’ve pinched myself numerous times to make sure this is real. I am well aware that retirement for professional athletes can be an extremely hard transition. I am lucky, as I know already, that coaching will bring me as much joy and heartache that my own running career gave me. I believe we are meant to inspire one another, we are meant to learn from one another. Sharing everything I’ve learned about and from running is what I’m meant to do now.(1/2)

A post shared by Shalane Flanagan (@shalaneflanagan) on

View this post on Instagram

I would like to thank: The 5 coaches who guided me throughout my career, Michael Whittlesey and Dennis Craddock (2004-2005), John Cook (2006-2008), Jerry Schumacher (2009-2019), and Pascal Dobert (2009-2019). Each man was instrumental in developing me into the best version of myself. Jerry, Pascal and I will continue to work together in this next chapter and I couldn’t be more grateful. Jerry has been my life coach, running coach and now will mentor me towards my next goal of becoming a world-class coach myself. I’m thankful for his unending belief in me. My family and husband who have traveled the world supporting my running and understanding the sacrifices I needed to make. Their unconditional love is what fueled my training. My longtime friend, Elyse Kopecky who taught me to love cooking and indulge in nourishing food. Run Fast. Eat Slow. has been a gift to my running and to the thousands of athletes. My teammates, and all the women I've trained with, for pushing me daily, and the endless smiles and miles. They include: Erin Donahue Shannon Rowbury Kara Goucher Lisa Uhl Emily Infeld Amy Cragg Colleen Quigley Courtney Frerichs Shelby Houlihan Betsy Saina Marielle Hall Gwen Jorgensen Kate Grace My sponsor Nike for believing in me since 2004 and for continuing to support my new dream as a professional coach. I hope I made myself a better person by running. I hope I made those around me better. I hope I made my competition better. I hope I left the sport better because I was a part of it. My personal motto through out my career has been to make decisions that leave me with “no regrets”…..but to be honest, I have one. I regret I can’t do it all over again. (2/2) 📷: @nyrr

A post shared by Shalane Flanagan (@shalaneflanagan) on

フラナガンは長年、競技のキャリアを積み上げてきた。 以下に、彼女のキャリアで印象的な5つのシーンを振り返り、その後、彼女が全米女子長距離史上最高の選手であるかということを考えてみよう。

1)2017年ニューヨークシティマラソン優勝

Embed from Getty Images

シャレーン・フラナガンは、2010年のニューヨークシティでエドナ・キプラガトに20秒差で敗れ、2位に入った鮮烈なレース(3位のメアリー・ケイタニーに21秒先着)でマラソンデビューを果たした。  その後7年間で、フラナガンはWMMで優勝することができないように思われていた。 デビュー以来、彼女は他のWMMで3位よりも良い成績を収めることはなかった(2014年ベルリンで2:21:14の自己記録を出したレースが3位)。

しかしながら、2017年にその壁が破られた。ニューヨークシティ4連覇を目指していた大本命のメアリー・ケイタニーが、レース当日の生理の影響でその実力を発揮できず、フラナガンが35〜40km:15:57、ラスト2.195km:7:00の猛烈なロングスパートでWMM初優勝を果たした。フラナガンはアメリカ女子選手として40年ぶりに同レースを制し、最終的に2位のケイタニーに59秒の差をつけた。

2)2008年北京五輪女子10000m:銀メダル獲得

Shalane-Flanagan-after-getting-a-bronze-medal-and-American-record-at-the-2008-Bejing-Olympics
北京五輪女子10000mでメダル獲得  ©︎2008 PhotoRun

2007年はプロ選手のフラナガンにとって、世界レベルで活躍するための飛躍の1年だった。2004年アテネ五輪、2005年ヘルシンキ世界選手権の両方で5000mの全米代表として出場したが、どちらも決勝進出を逃し、その時点の自己記録は15:05.08だった。その後2007年のシーズンで飛躍を果たした。4月のマウントサックリレー5000mで14:44.80の全米記録を樹立して屋外のシーズンを開始させた。彼女は6月の全米選手権では14:51で優勝し、その後のローマDLで5位、大阪世界選手権では7位に入った。

フラナガンは翌年の2008年はさらに飛躍を果たした。彼女は冬季にサンディエゴで全米クロスカントリー選手権のタイトルを獲得して調子が良いことを示し、5月のペイトンジョーダン招待の10000mでは30:34.49で走り、ディーナ・カスターの30:50.32の全米記録を更新した。

彼女は北京五輪全米選考会10000mで優勝した後、北京五輪では30:22.22で銀メダルを獲得した(この記録は現在はモリー・ハドルに塗り替えられて全米歴代2位。フラナガンは北京五輪で銅メダルを獲得したが、その後トルコのエルバン・アベイレゲッセがドーピングによってメダルを剥奪され、繰り上がりで銀メダルを授与された)。

3)2011年世界クロスカントリー選手権:銅メダル獲得

彼女の競技生活ではクロスカントリーで好成績を収めており、2回の全米学生タイトル(2002、2003年に優勝)、6回の全米タイトル(2004、2005年はショートで優勝、2008、2010、2011、2013年に優勝)を獲得していたが、世界大会でもその勝負強さをみせた。2011年の世界クロカンでフラナガンは最終ラップに入った時点で7位だったが、最後まで気力を振り絞り銅メダルを獲得した。

4)2002年・2003年全米学生クロスカントリー選手権連覇

大学時代(ノースカロライナ大学チャペルヒル校)、フラナガンは3つの全米学生タイトルを獲得した。最も重要なのは、2002年と2003年の全米学生クロスカントリー選手権優勝である。 フラナガンは大学時代に屋外トラックで全米学生タイトルを獲得できなかったが、2003年の全米学生室内選手権3000mを制した。

5)五輪に全米代表として4回出場

フラナガンはキャリアをを長く積んだということで多くの人の記憶に残っていることだろう。そこではトラック、ロードレース、クロスカントリーなどさまざまな距離と種目で優秀な成績を収めた。 したがって、我々は彼女の最高の成果の1つとして、この長いキャリアを以下にまとめた。

フラナガンは、2004、2008、2012、2016年の4回の五輪全てに全てに出場した。

Embed from Getty Images

2004年アテネ五輪:5000m(全米選考会3位 → 五輪予選落ち)
2008年北京五輪:10000m(全米選考会優勝 →  銀メダル獲得)
5000m(全米選考会3位 → 五輪9位)
2012年ロンドン五輪:マラソン(全米選考会優勝 →  五輪9位)
10000m(全米選考会3位 → 五輪はマラソン1本に専念)
2016年リオ五輪(全米選考会3位 → 五輪6位入賞)

フラナガンは全米女子長距離史上最強か?

フラナガンは、全米女子長距離史上最強のトラック選手(世界大会で4回のメダルを獲得しているジェニー・シンプソン)や、全米女子長距離史上最強のクロスカントリー選手(1990〜1992年に世界クロスカントリー選手権3連覇を果たしたリン・ジェニングス)、そして全米史上で結果を残したマラソン選手(1984年ロサンゼルス五輪マラソン金メダリスト、ボストン・シカゴ優勝、フラナガンよりも自己記録は7秒だけ遅いジョーン・ベノイト)らを含めて、フラナガンが全米史上で最も優れた長距離選手かどうか?と考えることができる。

フラナガンは五輪メダル × 1、世界クロカンメダル × 1、WMM優勝 × 1、全米学生タイトル × 3(クロカン × 2、室内 × 1)、全米タイトル × 5(2005・2007年5000m、2008・2011・2013年10000m)、そして全米クロカン優勝 × 6(2004・2005年ショート、2008・2010・2011・2013年優勝)。

彼女は3000m全米歴代4位(8:33.25)と5000m全米歴代4位(14:44.80)、1000m全米歴代2位(30:22.22)、ハーフ全米歴代5位(67:51※非公認記録であるものの)、マラソン全米歴代3位(2:21.14)の記録を持ち、これらの実績はとても素晴らしいものである(フラナガンのIAAF選手名鑑)。

また、女子マラソン全米記録保持者のディーナ・カスターとの比較として、フラナガンカスターもWMM優勝、五輪や世界クロカンでのメダルを獲得しており、非常に似たキャリアであったといえる。

経歴 フラナガン カスター 優劣
オリンピックでのメダル 1 1 同等
WMM優勝回数 1 2 カスター
世界クロカンでのメダル 1 2 カスター
全米学生選手権での優勝回数 3 0 フラナガン
全米選手権(屋外)での優勝回数 5 5 同等
全米クロカンでの優勝回数 6 8 カスター
3000mの自己記録 8:33.25 8:42.59 フラナガン
5000mの自己記録 14:44.80 14:51.62 フラナガン
10000mの自己記録 30:22.22 30:50.32 フラナガン
ハーフの自己記録 67:51 67:34 カスター
マラソンの自己記録 2:21:14 2:19:36 カスター

ともにクロカンで好成績を残しているが、フラナガンは五輪銀メダルに5000mと10000mで全米記録を樹立するなど主にトラックで好成績を残しており、カスターはマラソンでの全米記録などロードで強さを発揮した。

十種競技のように全米女子長距離選手の実績を分析してスコア化した場合、フラナガンは史上最高の選手といえる。しかし、筆者(ロベルト・ジョンソン)が全米史上最強の女子長距離選手は誰か?ということを選べるのであれば、全米史上初の女子マラソン五輪金メダルを獲得し、20年間残った女子マラソン全米記録を持っていたジョーン・ベノイトを選ぶだろう。

Embed from Getty Images

また、これらの分析には全米で最高の女子中長距離チームのバウワーマン・トラック・クラブ(BTC)の設立からのメンバーとしてのフラナガンの功績を含んでいない。2009年より以前、フラナガンは※ジョン・クックの指導を受けており、クックは彼女を北京五輪10000mで銀メダルに導いた。

(※)ジョン・クック:ナイキの元コーチ。2003〜2005年のわずか18ヶ月間のみナイキオレゴンプロジェクトのコーチとしてサラザールと働き、その後はナイキのコーチとして、フラナガンやシャノン・ロウバリー(元女子1500m・5000m全米記録保持者)、レオ・マンザノ(ロンドン五輪男子1500m銀メダリスト)、デイビッド・トーレンスらを指導した。

フラナガンは2009年の初めにクックの指導を解除したが、その時点で誰が彼女の指導をするのかは未定だった。最終的に、彼女はジェリー・シュマッカーのバウワーマントラッククラブの初期メンバーとしてチーム入り。

それから10年後、BTCは全米で最も強い女子中長距離チームであり、3000mSC(ロンドン世界選手権銀メダル)、10000m(北京世界選手権銅メダル)、マラソン(ロンドン世界選手権銅メダル)において世界選手権でメダルを獲得し、ニューヨークシティではフラナガンが優勝を果たした。

そして、フラナガンは現役を引退し、BTCのコーチとしての活動を始めた。

View this post on Instagram

Today, one of the greatest to ever lace ‘em up announced her retirement. We could not be prouder that Shalane chose to represent the Bowerman Track Club these past five years as an athlete, and we could not be more excited that she will continue to be with us as a coach! ⠀ Trying to describe Shalane’s brilliant career with anything approaching justice feels like an impossible task. It would take something like the resolve, perseverance, and ability of the woman herself to approach the task properly. Suffice it to say: for 15 years Shalane was at the very top of American distance running. She made 4 Olympic Teams. She won a Silver medal at the Olympics and a Bronze Medal at the World Cross Country Championships. She set American Records at 5,000 and 10,000m. She paced her teammate to break one of those records. She won 16 US Titles. She was the first US woman in 40 years to win the New York City Marathon. ⠀ And through it all she has been a leader an inspiration to a generation of distance runners- professional or otherwise. Our sport and our club are so much the richer because she is a part of them. We know that will continue to be true as she becomes as great of a coach as she has been an athlete. ⠀ Shalane is retired, long live Coach Shalane! ⚡️⚡️⚡️ . . . #BowermanTC #BowermanBabes #GOAT #LegendsNeverDie #CrossCountry #TrackAndField #Marathon @Tcsnycmarathon #TeamNike #NikeRunning #JustDoIt @NikeRunning #Running #RunningCulture

A post shared by Bowerman Track Club (@bowermantc) on

レッツラン 記事

Shalane Flanagan Retires: Is She The US’s GOAT (Greatest of All Time)? Plus The 5 Great Moments In Her Career

関連記事

ニューヨークシティマラソン女子:シャレーン・フラナガンがアメリカの女子選手として40年ぶりのニューヨークシティマラソン優勝!!

〈 TOP 〉

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中