ボストンマラソン2019男子:ローレンス・チェロノ(ケニア)がレリサ・デシサ(エチオピア)との壮絶なデッドヒートを制してWMM優勝

ボストンマラソンのこれまでの123年の歴史において、最もスリリングなゴールだったといえるだろう。アムステルダム、ホノルルでそれぞれ2回優勝しているケニアのローレンス・チェロノが、ボストンで2度優勝を経験しているエチオピアのレリサ・デシサをゴール目前で振り切り、2:07:57の記録でWMM初制覇を果たした。

デシサは残り600m地点からチェロノからやや1歩リードしていたが、チェロノは最後の1マイルを4:29(2:47/km)で走り、デシサに2秒差をつけてフィニッシュ。このゴールタイムの差は、これまでのボストンにおいて3番目の接戦であり、2000年以降では1番秒差が少ないレースとなった。2000年のレースでは、イリジャ・ラガトゲザヘネ・アベラを、2:09:47の同タイム着差ありで破った。

デシサはゴール目前でスピードを落としているものの、正式記録でチェロノと2秒差というのは、ゴール前の映像を見ていない人にとってはフェアな証明ではない。

cherono-2019-boston-400x223

最後の1マイルは、見ていて本当に面白かった。残り800m地点で3人の選手が並走していた。2:08:07の3位に入ったケニアのケネス・キプケモイチェロノ、そしてデシサである。

そして、この日はアメリカ人選手のスコット・ファウブルジャレード・ワードにとっても大きな1日となった。両選手ともサブテンを達成し、ゲーレン・ラップ以外の選手では、5年前にボストンで優勝したメブ・ケフレジキ以来の記録である。21マイル(34km手前)では先頭集団についていたファウブルは2:09:09の7位に入り、ワードは2:09:25で8位に入った。トップ10に入ったことにより、両選手は2020年東京オリンピックの参加基準をクリアした(記録でもクリアしているがボストンは非公認コース)。

レース展開

概ねマラソンに適した気象条件でレースはホプキントンの町からスタートした。気温は約13℃、6mphの追い風、しかし湿度は93%と高かった。(スタート直後は日本人の2人が引っ張ったが、その後は)アメリカ人選手が交代で先頭を引っ張るかたちとなり、エルカナ・キベットが8マイル〜、デイサン・リッツェインハインが10マイル〜、ワードが13マイル〜それぞれ先頭で引っ張ったが、そこから飛び出そうとする選手はいなかった。中間地点で12人の選手が5秒以内に固まって先頭集団を形成していた。

この地点では、先頭集団にいたのはワードだけであったが、16マイルまででファウブルが追いつき、シャドラック・ビウォットリッツェインハインも差を埋めようとしていた。しかし、ニュートンヒルで残ったのはファウブルだけで、先頭集団は21マイル(33km過ぎ)の心臓破りの坂を5:07で走った。残ったのは、ボストン優勝経験者のデシサジョフリー・キルイを含む7人の東アフリカ人選手とファウブルであった。

レースが動いたのはこの時である。先頭集団は22マイル目(35km)を4:46(2:57/km)で走り、クリーヴランドサークルを曲がるところで、ファウブルは先頭集団についていくのがキツくなった。23マイルの4:48のとことでシセイ・レマフェリックス・カンディーは脱落して先頭集団は、チェロノデシサキルイ、そして2018年ロッテルダムマラソンのケネス・キプケモイの4人に絞られた。

そこからレースを引っ張ったのはキプケモイで下り坂の24マイル目を4:31(2:48/km)で走り、キルイがついていけなくなる。集団は3人に絞られた。

sellers-lapped-3-way-400x223

2人のケニア人と1人のエチオピア人。WMM初優勝を狙う選手が2人、デシサは4つ目のタイトル(ボストンでは3回目の優勝)を狙っていた。ケンモアスクエアの25マイル目を4:39(2:53/km)で走り、最後の仕掛けを待つようにデシサが少し後ろに下がる。

残り800mほどのヒアフォードストリートでその時はやってきた。ここぞとばかりにケニア勢からデシサはリードを奪うが、ボイルストンストリートを左に曲がると、そこからチェロノが差を埋めてきて、26マイル(残り300m)を過ぎたところでデシサのすぐ後ろに付いた。

残り100mで、デシサは迫りくるチェロノを感じ取っていた。闘争本能からか、デシサチェロノに抜かされまいと右手を横に出したが、すぐに自分の走りに集中し、2人は全速力でラストスパートをかけた。

デシサはなんとかチェロノの猛追を止めようと歯を食いしばって腕を振り回しながら走ったが、ゴールの5m手前でデシサは負けを悟った。そして、勝利の拳を上げたチェロノが2:07:57で優勝を果たした。最終的な正式記録では1位と2位とは2秒差となったが、デシサが最後にスピードを落としていなければ、差は更に縮まっていただろう。

【ボストンマラソン2019:男子1〜25位】

Screenshot-2019-04-15-at-12.36.17-PM

ページ【1】【▶︎

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中