ミュラー室内グランプリ:エチオピアのサムエル・テフェラがヒシャム・エルゲルージの室内1500mの世界記録を更新する3:31.04の快走!

2月16日 IAAF世界室内ツアー2019第5戦:ミュラー室内グランプリ(バーミンガムGP)

ヨミフ・ケジェルチャの今季室内シーズンでの記録への挑戦の結果は、バーミンガムでの男子室内1500mで世界記録を生み出した。

しかし、彼にとっての唯一の問題は、その記録を出したのがケジェルチャでなかったということである。

2人のエチオピアのホープ同士のデッドヒート。世界室内選手権1500m金メダリストのサムエル・テフェラが、世界室内選手権3000m金メダリストのケジェルチャをラスト100mで逆転。ヒシャム・エルゲルージが22年間持っていた室内1500mの世界記録(3:31.18)を破る3:31.04でゴールテープを切った。

2018年10月に公式の年齢で19歳になったテフェラは、ユース時代の2017年に屋外の1500mで3:33を記録し、2018年には初の室内レースを経験してから1ヶ月後に世界室内選手権で優勝を果たした。そして今や、史上最高のマイラーが持っていた世界記録を塗り替えるまでになった。

Embed from Getty Images

先週のミルローズゲームで室内1マイルの世界記録を0.01秒差で逃したばかりのケジェルチャは、再び記録への挑戦のために高速ペースで走るペーサーのブラム・ソムジョルディ・ウィリアムズの後ろにピッタリとつけた。テフェラとオーストラリアのスチュワート・マクスェインはそのペースに果敢についていった(ソムは200mを27.66で通過)。

ソムは200-400mを28.03、400-600mを28.08、600m通過1:23.76の世界記録ペースで引っ張り、730m付近でコースアウト。その後はウィリアムズが引っ張り(600-800m 28.95)、1000mを2:21.27で通過しペーサーの役目を終えた。

マクスェインはこの時点で先頭から離れていたが、テフェラはまだ先頭についていく。先頭のケジェルチャは1000-1200mを28.01でカバーし、2人は1200mを2:49.28で通過。テフェラは勝機をうかがいラスト1周の鐘が鳴る。世界記録はすぐ手の届くところまで見えていた。先週の借りを返そうと、ケジェルチャはさらにギアを上げるが、最後コーナーを前にテフェラに捕らえてしまった。非公式ではあるもののラスト1周を27.2でカバーしたテフェラが3:31.04の世界新記録でフィニッシュ。

10日前に出した3:35.57の室内1500mの自己記録だけでなく、2018年の上海DLでの3:31.63の屋外での自己記録をも上回る好記録だった。2位のケジェルチャも3:31.58で走り(ミルローズでの1500m通過は3:33.17)、屋外での自己記録3:32.59を上回って、室内1500mで歴代3位にランクインした。

また、マクスェインがオセアニア新記録のド3:35.10で3位に入り、ブルックスビーストのジョッシュ・カーが初めての室内1500mを3:35.72で走り(先週のミルローズでは3:38.75で1500mを通過)、出場14人中10人が自己新となった。

【レース結果】
1 サムエル・テフェラ (ETH) 3:31.04 世界新記録
2 ヨミフ・ケジェルチャ (ETH) 3:31.58 世界歴代3位
3 スチュワート・マクスェイン (AUS) 3:35.10 オセアニア新記録
4 ジョッシュ・カー (GBR) 3:35.72 PB
5 Chris O’HARE (GBR) 3:37.42 SB
6 Ryan GREGSON (AUS) 3:37.52 SB
7 Vincent KIBET (KEN) 3:38.01 SB
8 Neil GOURLEY (GBR) 3:38.32 PB
9 Charles GRICE (GBR) 3:39.04 PB
10 Elliot GILES (GBR) 3:39.53 PB
11 Bethwel BIRGEN (KEN) 3:41.03
12 Brimin KIPROTICH (KEN) 3:41.30 PB
13 Jake HEYWARD (GBR) 3:42.84 PB
14 Piers COPELAND (GBR) 3:44.21 PB
Andrew BUTCHART (GBR) DNF
Bram SOM (NED) DNF
Jordan WILLIAMSZ (AUS) DNF

なんというレースだ!

記録への挑戦はドラマを生み出すことがある – ケジェルチャミルローズゲームでの世界記録への挑戦にはワクワクしたが、今夜はさらにスリリングだった。ケジェルチャが世界記録へ向けて終盤のレースをリードする必要性があったが、優勝と世界記録を前にして、テフェラに後塵を拝する結果となった。

以下のレース動画でその様子を見ることができる。

ヒシャム・エルゲルージの世界記録がついに破られた

エルゲルージは1999年7月7日に1マイルの世界記録を破った。それは彼に1500mと1マイルの両方で、屋外と室内で合計4つの世界記録を与えた。彼はこの約20年間これら4つすべての世界記録を持ち続け、ケジェルチャが先週に世界記録を逃した1週間後に、エルゲルージの記録の1つが、ついに今回テフェラの手に渡った。

エルゲルージの屋外での1500mと1マイルの世界記録(3:26.00と3:43.13)は明らかに優れたパフォーマンスであるが、史上最高のマイラーの世界記録を破ることはただ事ではなく、テフェラは素晴らしいパフォーマンスを見せた。

【室内1500m:新旧世界記録のレース動画比較】

ページ【1】【▶︎

広告

ミュラー室内グランプリ:エチオピアのサムエル・テフェラがヒシャム・エルゲルージの室内1500mの世界記録を更新する3:31.04の快走!」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: ブルース・ルヘイン招待マイル:エチオピアのヨミフ・ケジェルチャが室内1マイル世界新記録の3:47.01で優勝、ジョニー・グレゴリックが全米史上7人目のサブ3:50マイラーとなる – LetsRun.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中