2018年レッツラン世界ランキングTOP10【マラソン】

今回で5回目となるレッツラン年間ランキング。このランキングは我々の主観に基づいているため、選出には下記の基準を採用した。

・すべてのマラソンレースを平等に見なすわけではない。 ロンドンマラソンでエリウド・キプチョゲに次いで2位に入ることは、ボストンマラソンで川内優輝に次いで2位に入ることとは異なる。

・今シーズン最高記録は選考のポイントにもなるが、レベルの高いレースでの凡走は(前半のペースが速いため)ペナルティとは見なさなかった。

・2人の選手の間で成績が似ている場合、直接対決の結果を重視する。

・ランキング付けは客観的にみていくが、マラソンは各選手おおよそ2レース前後しかマラソンを走っていないので(多くのレースの結果を総合的に判断する)トラック競技とは違って主観的になりがちである。

男子マラソン

1. エリウド・キプチョゲ • ケニア • 34歳

Embed from Getty Images

2018年マラソン成績: ロンドン優勝2:04:17), ベルリン優勝(2:01:39 世界新記録)

この男についてはもう述べるまでもないだろう。今年のベルリンマラソン以前から、キプチョゲは世界最高のマラソン選手であった。ドイツの首都に降り立ち、2:01:39という今でも信じられない記録でマラソンを走ったのだ。

こんな記録で走る選手が出てくることを、長い間誰も予想もしていなかった。前世界記録はデニス・キメットの2:02:57で、いつかキプチョゲがこの記録を破るだろうとは思ってはいたが、ここまで記録を縮めてくると予想していたものは少ないだろう。キプチョゲは78秒も世界記録を短縮した。しかし、キプチョゲは常に期待を上回ってくる。出場すると思われていなかった2003年のパリ世界選手権で、当時18歳のキプチョゲ、ヒチャム・エル・ゲルージケネニサ・ベケレを抑えて優勝。2015年のベルリンマラソンでは、シューズのインソールが飛び出したまま優勝するなんて、誰が考えただろうか。マラソン選手には、調子が悪い日や、故障、給水ミスなどがつきものだ。

しかし、キプチョゲには不可能を可能にする力がある。マラソンの前後半どちらかのラップを61:00を切って走った選手は、キプチョゲ以前には誰もいなかった。キプチョゲはベルリンマラソンの後半を60:33で走りきったのだ。ぺーサーがいない状態である。前半を61:06で走った後でのタイムである。

キプチョゲはこれまで偉大なマラソンキャリアを築き上げてきたため、我々は「独占する」という単語の意味を今一度変えざるを得ない。マラソン選手が2、3レース連続で勝つと、独占すると言われている。メアリー・ケイタニーは女子マラソンを支配しているが、彼女は1年に2回の大会で優勝したことはない。しかしキプチョゲは、過去5年のうち4年は毎年2つのレースで優勝している。しかも、1つを除いては全てメジャー大会である(Breaking 2を含めると5年間連続)。

マラソンですでに偉大な結果を残しているキプチョゲであるが、彼がこの先どこへ向かっていくのかすごく楽しみだである。マラソン2時間切りの挑戦をもう1度するのか?ボストンやニューヨークのような、まだ走ったことのないレースを走るのか?ベルリンで自らの世界記録を更に更新するのか?あとどのぐらい、負けなしでいくのだろうか?

キプチョゲ関連記事:“史上最強”から“史上最速”に到達 – 2:01:39 – エリウド・キプチョゲが世界新記録でベルリンマラソン2連覇

2:01:39の記録が持つ意味:ベルリンマラソンでの快挙によってエリウド・キプチョゲが男子マラソンにおいての“世界記録追求の時代”に終止符を打った

2018ロンドンマラソン:男子はキプチョゲが2:04:17で優勝、女子はチェリヨットが世界歴代4位の2:18:31で優勝

 

2. シュラ・キタタ • エチオピア • 22歳

Embed from Getty Images

2018年マラソン成績: ロンドン2位(2:04:49), ニューヨーク2位(2:06:01)

キタタは2018年マラソンで優勝していないのだが、他の年であったら優勝できる記録を2度生み出した。異常に暖かかった4月のロンドンマラソン、前半を61:00というこれまでのマラソンで最速の前半ラップで入ったのにも関わらず、2:04:49の2位に入った。ロンドンマラソンには多くの世界トップクラスのマラソン選手が集まるが、その中でキプチョゲだけに負け、3位のモー・ファラーに1:32も勝ったということを考えれば、キタタにとって最高の1年だったことだろう。

キタタの2018年の2度目のマラソンとなったニューヨークシティも素晴らしかった。序盤にペース上げて先頭を走り続けた後、キタタは24マイル(39km手前)で先頭から11秒遅れたが、ラスト数マイルで取り戻し、セントラルパークでレリサ・デシサを追い上げた。結局、追い付きはしなかったが(2秒差まて追い付いた)、ハラハラした結果となりキタタは2:06:01の2位でフィニッシュ。この記録はニューヨークシティマラソンでは歴代3位となる好記録だった。

キタタが2018年のレースで優勝していないから、ランキング2位ではないと考えている人もいるかもしれない。その気持ちは十分理解できるし、5位だろうと思う人もいるだろう。しかし、ロンドンマラソンで、キプチョゲに次いで2位に入ったということは、他のレースでは優勝できる力があるということだと思っている。

 

3. モー・ファラー • イギリス • 35歳

Embed from Getty Images

2018年マラソン成績: ロンドン3位(2:06:21), シカゴ優勝(2:05:11)

ファラーはシカゴマラソンで優勝したが、ロンドンマラソンではキタタに92秒差で負けている。それでも、2018年はファラーのマラソンキャリアにとって素晴らしい年になったであろう。思い出してほしい。12ヶ月前までは、ファラーは1度しかマラソンを走ったことがなく、記録は2014年のロンドンマラソンでの2:08:21だった。当時ファラーのマラソンのポテンシャルを正確に測れるレースではなかったと言っていいだろう。当時、ファラーはマラソンに対して全力を出していなかった。そして、2018年がファラーがマラソン選手として世界トップの選手になれるという保証はどこにもなかった。ファラーはトラックで歴史に残る結果を残してきた。5000mと10000mにおいて10個の国際大会で金メダルを獲得した。しかし、ファラーのトップスピード(1500m 3:28)を考えると、ファラーがマラソンで成功できるかどうかはわからなかった。かつ、彼はもう35歳で、すでに4つのオリンピック金メダルを獲得している。トラックと同じように、マラソンにもそこまで全てを捧げることができるのだろうか。そのような疑問があった。

その答えは、イエスである。新しいコーチのゲイリー・ラフのもとトレーニングを積み、2回目のロンドンマラソンではタフな状況に追い込まれた。マラソン史上最強のキプチョゲが参戦し、季節外れの温かさ、前半の異常な速さ(下り坂とはいえ最初の1マイル4:22、最初の5kmが13:48、前半のハーフ61:00)。ファラーは、先頭集団についていって失速のリスクを負うのか、後ろに下がって後方の大集団に吸収されるのかを、レースの序盤から決めなければならなかった。ファラーは前者を選んだ。給水で失敗が何回かありながらも、2:06:21の3位でゴール。その後のシカゴマラソンでは、2:05:11の欧州新記録で、初のマラソン優勝をなしとげた。

キプチョゲは2020年東京オリンピックの優勝候補であるが、ファラーキプチョゲを脅かす存在として取り上げられることだろう。

ファラー関連記事:2018シカゴマラソン:モー・ファラーが2:05:11の欧州新記録でWMM初制覇 – 大迫傑が2:05:50のアジア新記録・日本新記録で3位に入り1億円獲得

 

4. モジネット・ゲレメウ • エチオピア • 26歳

Embed from Getty Images

2018年マラソン成績:ドバイ優勝(2:04:00 大会新), シカゴ2位(2:05:24)

記録に関していえば、2018年のドバイマラソンほど最後まで接近したレースはなかった。トップ5の選手の記録は8秒しか差があいておらず(全て前大会記録を更新)、トップ7の選手全員が2:05を切った(その中の6人は2:04:15より速かった)。そんな中で2:04:00で優勝したのが、自身3回目のマラソンとなったゲレメウだった。キプチョゲに次いで、2018年で第2位となる好記録だった。シカゴマラソンでは最後までファラーと争って2位に入ったゲレメウは、2018年の男子マラソンのトップ選手の1人である。

ゲレメウ関連記事:モジネット・ゲレメウとロザ・デレジェが2018ドバイマラソンを制する:マラソンの歴史上で最も衝撃的な7人のサブ2:05と4人のサブ2:20

ページ【1】【】【▶︎

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中