世界最高の1500mのトレーニンググループの秘密:マナンゴイ、チェリヨット、コーチのバーナード・オウマがいかにしてRACを最強のチームに変えたのか? – その5

今やRACの登録選手は6以上の部族から来ている。チェリヨットはカレンジン族、マナンゴイ兄弟はマサイ族である。マナンゴイは北京2015年世界選手権で銀メダルを獲得した際、マサイ族の伝統的な祝福の儀式で、ヤギを殺してその血を飲んだという。

Screenshot-2018-08-23-at-5.25.58-PM-400x364
2017年IAAFアウォードにて:左からオウマ、マナンゴイ、セブ・コー(IAAF会長)、チェリヨット

しかし、オウマは今でも彼の指導の実績ではなく、どの部族出身か、ということで判断されていると感じる時があるという。ロンドン世界選手権の男子1500mでマナンゴイチェリヨットがワンツーフィニッシュをしたとき、練習パートナーどうしががワンツーフィニッシュを決めたのは、これまでの世界選手権のこの種目では初めてのことだった。

オウマはこの実績が認められ、ケニア陸連が毎年主催しているケニア陸上アウォードにて2017年の最優秀コーチ賞にノミネートされた。オウマは自らの受賞を確信しており、家族にもそう伝えていたという。

「妻はスーツを用意していたよ。子どもたちにも、その日は早く寝ないように言っておいてんだ。パパが表彰されるからってね」

マナンゴイが栄えある最優秀選手賞に輝いたが、最優秀コーチ賞は、若くて将来が期待できる選手を指導しているジャフェット・キメイが受賞したのだ。

その夜に彼の家族が感じたであろう落胆と考えると、オウマは今でも心が痛むという。彼の出身部族が少なからず関係しているとオウマは考えている。

「出身部族は確かに選考に何かしら影響があったと考えている。2017年にこれほどメダルを獲得した選手を持つコーチは他にはいないはずだ。もし私が間違ってるのなら、最優秀コーチ賞の選出基準を公表すべきだ」

オウマが気がかりなのは、このことだけではない。これだけ選手が良い成績を残すと、それに疑問を呈してくる人も出てくる。特に、ケニアではドーピングが大きな問題となっているからだ。キプロプにドーピング陽性反応が出たというニュースが今年の5月に駆け巡った時、世界中が衝撃を受け、オウマはナイロビでも痛烈にその衝撃を感じていた。ケニア人がドーピングで陽性反応が出れば出るほど、オウマのチームへのドーピング検査もより一層厳しくなる。

エリジャ(マナンゴイ)ティモシー(チェリヨット)ウィニー(チェベット)など、ドーピングをしていない選手に対しても疑いの目が向けられる、それは本当に私が心配していることですごく悲しいことだ。私のチームはWADAやADAK(ケニア反ドーピング機関)の検査を受けているし、規則に従っている。数えきれないぐらい検査を受けてきた。レースの時も、レース以外の時もだ。陰性反応が出たことは1度もない。規則違反はない。陸上競技をクリーンなスポーツにするために、我々も検査官も日々仕事をしてるんだ」

疑いの目を止める手立てはない。オウマができることは、選手たちが練習時間までにしっかり集合し、30-30を走り、ナイロビ国立公園のシマウマを避けながら走り続けさせること。選手たちは、2019年ドーハ世界選手権と2020年東京オリンピックに向かい始めている。東京オリンピックでもチェリヨットマナンゴイはまだ全盛期であるだろうし、あと2年のうちにジョージ・マナンゴイもメダル争いに絡むまでに成長してくるだろう。ロンガイアスレチッククラブがオリンピックで表彰台を独占するなんて可能性も出てくるかもしれない。そうすれば、オウマの最優秀コーチ賞は確実であろう。

 

ロンガイ・アスレチッククラブFacebookTwitter

レッツラン記事

http://www.letsrun.com/news/2018/08/secrets-worlds-best-1500-meter-training-group-elijah-manangoi-timothy-cheruiyot-coach-bernard-ouma-turned-rongai-athletics-club-powerhouse/

関連記事

世界最高の1500mのトレーニンググループの秘密:マナンゴイ、チェリヨット、コーチのバーナード・オウマがいかにしてRACを最強のチームに変えたのか? – その1

世界最高の1500mのトレーニンググループの秘密:マナンゴイ、チェリヨット、コーチのバーナード・オウマがいかにしてRACを最強のチームに変えたのか? – その2

世界最高の1500mのトレーニンググループの秘密:マナンゴイ、チェリヨット、コーチのバーナード・オウマがいかにしてRACを最強のチームに変えたのか? – その3

世界最高の1500mのトレーニンググループの秘密:マナンゴイ、チェリヨット、コーチのバーナード・オウマがいかにしてRACを最強のチームに変えたのか? – その4

ダイヤモンドリーグパリ大会:男子400mHサンバが世界歴代2位(46.98)女子800mセメンヤが同4位(1:54.25)女子3000mSCチェプコエチが同4位(8:59.36)男子100mベイカーが今季最高(9.88)蘇がアジアタイ記録(9.91)

ダイヤモンドリーグオスロ大会:女子3000mSCでハプニング、男子1マイルでエリジャ・マナンゴイが順当勝ち、男子1500mで地元ノルウェーのヤコブ・インゲブリクトセンが自己新記録も敗れる

IAAF・U20世界選手権3日目:ジョージ・マナンゴイ(ケニア)がスリリングな競り合いを制する – 世界室内王者のサムエル・テフェラ(エチオピア)は5位でメダルを逃す

参考記事

For Manangoi and Cheruiyot, it’s the Rongai Athletics Factor(2017年8月13日)

Training with champions – Rongai Athletics Club(2018年1月22日)

ページ【◀︎】【

〈 TOP 〉

世界最高の1500mのトレーニンググループの秘密:マナンゴイ、チェリヨット、コーチのバーナード・オウマがいかにしてRACを最強のチームに変えたのか? – その5」への4件のフィードバック

  1. ピンバック: 世界最高の1500mのトレーニンググループの秘密:マナンゴイ、チェリヨット、コーチのバーナード・オウマがいかにしてRACを最強のチームに変えたのか? – その1 – LetsRun.com Japan

  2. ピンバック: 世界最高の1500mのトレーニンググループの秘密:マナンゴイ、チェリヨット、コーチのバーナード・オウマがいかにしてRACを最強のチームに変えたのか? – その2 – LetsRun.com Japan

  3. ピンバック: 世界最高の1500mのトレーニンググループの秘密:マナンゴイ、チェリヨット、コーチのバーナード・オウマがいかにしてRACを最強のチームに変えたのか? – その3 – LetsRun.com Japan

  4. ピンバック: 世界最高の1500mのトレーニンググループの秘密:マナンゴイ、チェリヨット、コーチのバーナード・オウマがいかにしてRACを最強のチームに変えたのか? – その4 – LetsRun.com Japan

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中