世界最高の1500mのトレーニンググループの秘密:マナンゴイ、チェリヨット、コーチのバーナード・オウマがいかにしてRACを最強のチームに変えたのか? – その5

(序文)

アメリカ人選手として108年ぶりの男子1500mでのオリンピック金メダルを獲得となったリオオリンピックでのマシュー・セントロウィッツの優勝。それから2年の月日が経ち、世界の男子1500mは2人のケニア人選手によって独占された。

2017年ロンドン世界選手権金メダリストで2018年コモンウェルスゲームズとアフリカ選手権を制したエリジャ・マナンゴイと、そのトレーニングパートナーで、2018年はダイヤモンドリーグで連勝を重ね、年間王者に輝いたティモシー・チェリヨットである。また、マナンゴイの弟である、ジョージ・マナンゴイも1500mにおいて2017年U18世界選手権と2018年U20世界選手権を制覇した。

この3人の世界王者はケニアの首都ナイロビからそう遠くないロンガイという場所にあるRAC(ロンガイ・アスレチッククラブ)で一緒にトレーニングをしている。ただでさえ混戦を極める1500mという種目において同じチームから世界王者が3人も出るということは極めて稀である。

ケニアの長距離選手は標高2000m弱のンゴング、2000m前後のエルドレット周辺(ナンディヒルズ、カプサベト、カプタガトなど)、標高2400mのイテンなど、標高1960m以上の場所でトレーニングを重ねているが、中距離選手や短距離選手を抱えるRACは標高1600〜1725mのオンガタロンガイの町でトレーニングをしている。

3人の世界王者を育て上げたのは「空手の黒帯を持つ」の元空手家のケニア人コーチ、バーナード・オウマである。オウマは2006年に「才能の発掘と貧困からの救済のためのCSR(企業の社会的責任)プログラム」としてRACを創立した。オウマはIAAFの公認コーチングライセンスのレベル2を保持し、ハンガリーのブダペストでスポーツ科学修士号を取得しているコーチである。

世界最高の1500mのトレーニンググループとなったRACの秘密にレッツランが迫った記事が以下である。記事が長いので5回に分けて公開していく。

その、その、その、その

*** ⑤

お気づきかもしれないが、オウママナンゴイチェリヨットを探し当てたわけではない。彼らは計画的にオウマに紹介されてきた選手だ。

「RACに入るのは簡単なことではない」

オウマはそう話す。

「RACに入るためのプロセスは、選手を落胆させるようなものだ。エリート選手はリクルートしないし、シニアの選手もしない。私の話をよく聞き、信じてくれる若い選手を入れるようにしている。アスベル・キプロプのような選手であっても、彼が「RACに入りたいと」頼んできたら、彼がドーピングをしていなかったとしても私はノーという。彼はすでに、RAC以外の文化の中で過ごしてきてしまっているからだ」

その結果、関係性が深いグループができあがり、ある挑戦への指針を決めやすくなる。例えば、世界最高の1500m選手をコーチングするときに何をすべきか、ということなどだ。マナンゴイチェリヨットに関しては、大きな大会でメダルや賞金をこれまで何度も争ってきた2人であるが、これまでの5年間のチームメイトとしての関係で衝突したりライバル関係になったことはないという。彼らが出来る限りの力を出せるように、オウマは準備をさせ、それらの結果については心配はしない。

Embed from Getty Images

「誰が勝って、誰が負けるかは気にしていない。もちろんマネージャー(代理人)にとってそれは大きな問題ではる。自分らの利益を考えなければならないからね。しかし、私にとっては大きな問題ではない。私は中立の立場でいるのだ。その時にベストな選手に勝たせるまでだ」

確かに、チェリヨットマナンゴイとともに過ごすのを楽しいと言っている。過去3回の選手権大会においてマナンゴイが、チェリヨットの金メダルを阻止しているのにも関わらずだ。どちらか一方しか勝つことのできないレースで、自分の練習パートナーと戦わなければならないのは難しいかと、チェリヨットに尋ねたことがある。彼は首を横に振った。

「いや、全然」

チェリヨットは言った。

「ワンツーフィニッシュができる。マナンゴイが勝っても僕は嬉しいし、僕が勝ってもマナンゴイは喜んでくれる」

RACはここ数年でどんどん成長してきている。ロンガイなどナイロビ周辺を拠点としているRACの選手は現在15〜18人。その中で1番若い選手が11歳。ナイロビ拠点のRACの選手の他にも、RACの選手はケニア全土に散らばっている。マナンゴイチェリヨットの成功があってチームは大きくなってきているが、オウマが出身部族の仲間からの尊敬を勝ち取るには数年の年月を必要とした。

オウマはケニアに存在する40以上の部族のうちのルオ族の一員である。ルオ族は釣りの腕前で有名な部族であるが、有名な陸上中長距離選手を輩出していない。これまでも、現在も世界で活躍してきた中長距離選手の大多数がカレンジン族であり、そのようなことからもケニアの中長距離コーチの大多数もカレンジン族である。しかし、オウマはそんなこと気にしていなかった。

「私の出身部族だけで判断して、最初は信じてくれる人がいなかった。しかし今は、自分の仕事ぶりを見てくれて信じてくれている。仕事して結果を出すことが、1番の証明になる」

今やRACの登録選手は6以上の部族から来ている。チェリヨットはカレンジン族、マナンゴイ兄弟はマサイ族である。マナンゴイは北京2015年世界選手権で銀メダルを獲得した際、マサイ族の伝統的な祝福の儀式で、ヤギを殺してその血を飲んだという。

Screenshot-2018-08-23-at-5.25.58-PM-400x364
2017年IAAFアウォードにて:左からオウマ、マナンゴイ、セブ・コー(IAAF会長)、チェリヨット

しかし、オウマは今でも彼の指導の実績ではなく、どの部族出身か、ということで判断されていると感じる時があるという。ロンドン世界選手権の男子1500mでマナンゴイチェリヨットがワンツーフィニッシュをしたとき、練習パートナーどうしががワンツーフィニッシュを決めたのは、これまでの世界選手権のこの種目では初めてのことだった。

オウマはこの実績が認められ、ケニア陸連が毎年主催しているケニア陸上アウォードにて2017年の最優秀コーチ賞にノミネートされた。オウマは自らの受賞を確信しており、家族にもそう伝えていたという。

「妻はスーツを用意していたよ。子どもたちにも、その日は早く寝ないように言っておいてんだ。パパが表彰されるからってね」

マナンゴイが栄えある最優秀選手賞に輝いたが、最優秀コーチ賞は、若くて将来が期待できる選手を指導しているジャフェット・キメイが受賞したのだ。

その夜に彼の家族が感じたであろう落胆と考えると、オウマは今でも心が痛むという。彼の出身部族が少なからず関係しているとオウマは考えている。

「出身部族は確かに選考に何かしら影響があったと考えている。2017年にこれほどメダルを獲得した選手を持つコーチは他にはいないはずだ。もし私が間違ってるのなら、最優秀コーチ賞の選出基準を公表すべきだ」

オウマが気がかりなのは、このことだけではない。これだけ選手が良い成績を残すと、それに疑問を呈してくる人も出てくる。特に、ケニアではドーピングが大きな問題となっているからだ。キプロプにドーピング陽性反応が出たというニュースが今年の5月に駆け巡った時、世界中が衝撃を受け、オウマはナイロビでも痛烈にその衝撃を感じていた。ケニア人がドーピングで陽性反応が出れば出るほど、オウマのチームへのドーピング検査もより一層厳しくなる。

エリジャ(マナンゴイ)ティモシー(チェリヨット)ウィニー(チェベット)など、ドーピングをしていない選手に対しても疑いの目が向けられる、それは本当に私が心配していることですごく悲しいことだ。私のチームはWADAやADAK(ケニア反ドーピング機関)の検査を受けているし、規則に従っている。数えきれないぐらい検査を受けてきた。レースの時も、レース以外の時もだ。陰性反応が出たことは1度もない。規則違反はない。陸上競技をクリーンなスポーツにするために、我々も検査官も日々仕事をしてるんだ」

疑いの目を止める手立てはない。オウマができることは、選手たちが練習時間までにしっかり集合し、30-30を走り、ナイロビ国立公園のシマウマを避けながら走り続けさせること。選手たちは、2019年ドーハ世界選手権と2020年東京オリンピックに向かい始めている。東京オリンピックでもチェリヨットマナンゴイはまだ全盛期であるだろうし、あと2年のうちにジョージ・マナンゴイもメダル争いに絡むまでに成長してくるだろう。ロンガイアスレチッククラブがオリンピックで表彰台を独占するなんて可能性も出てくるかもしれない。そうすれば、オウマの最優秀コーチ賞は確実であろう。

 

ロンガイ・アスレチッククラブFacebookTwitter

レッツラン記事

http://www.letsrun.com/news/2018/08/secrets-worlds-best-1500-meter-training-group-elijah-manangoi-timothy-cheruiyot-coach-bernard-ouma-turned-rongai-athletics-club-powerhouse/

関連記事

世界最高の1500mのトレーニンググループの秘密:マナンゴイ、チェリヨット、コーチのバーナード・オウマがいかにしてRACを最強のチームに変えたのか? – その1

世界最高の1500mのトレーニンググループの秘密:マナンゴイ、チェリヨット、コーチのバーナード・オウマがいかにしてRACを最強のチームに変えたのか? – その2

世界最高の1500mのトレーニンググループの秘密:マナンゴイ、チェリヨット、コーチのバーナード・オウマがいかにしてRACを最強のチームに変えたのか? – その3

世界最高の1500mのトレーニンググループの秘密:マナンゴイ、チェリヨット、コーチのバーナード・オウマがいかにしてRACを最強のチームに変えたのか? – その4

ダイヤモンドリーグパリ大会:男子400mHサンバが世界歴代2位(46.98)女子800mセメンヤが同4位(1:54.25)女子3000mSCチェプコエチが同4位(8:59.36)男子100mベイカーが今季最高(9.88)蘇がアジアタイ記録(9.91)

ダイヤモンドリーグオスロ大会:女子3000mSCでハプニング、男子1マイルでエリジャ・マナンゴイが順当勝ち、男子1500mで地元ノルウェーのヤコブ・インゲブリクトセンが自己新記録も敗れる

IAAF・U20世界選手権3日目:ジョージ・マナンゴイ(ケニア)がスリリングな競り合いを制する – 世界室内王者のサムエル・テフェラ(エチオピア)は5位でメダルを逃す

参考記事

For Manangoi and Cheruiyot, it’s the Rongai Athletics Factor(2017年8月13日)

Training with champions – Rongai Athletics Club(2018年1月22日)

 

〈 TOP 〉

広告

世界最高の1500mのトレーニンググループの秘密:マナンゴイ、チェリヨット、コーチのバーナード・オウマがいかにしてRACを最強のチームに変えたのか? – その5」への4件のフィードバック

  1. ピンバック: 世界最高の1500mのトレーニンググループの秘密:マナンゴイ、チェリヨット、コーチのバーナード・オウマがいかにしてRACを最強のチームに変えたのか? – その1 – LetsRun.com Japan

  2. ピンバック: 世界最高の1500mのトレーニンググループの秘密:マナンゴイ、チェリヨット、コーチのバーナード・オウマがいかにしてRACを最強のチームに変えたのか? – その2 – LetsRun.com Japan

  3. ピンバック: 世界最高の1500mのトレーニンググループの秘密:マナンゴイ、チェリヨット、コーチのバーナード・オウマがいかにしてRACを最強のチームに変えたのか? – その3 – LetsRun.com Japan

  4. ピンバック: 世界最高の1500mのトレーニンググループの秘密:マナンゴイ、チェリヨット、コーチのバーナード・オウマがいかにしてRACを最強のチームに変えたのか? – その4 – LetsRun.com Japan

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中