世界最高の1500mのトレーニンググループの秘密:マナンゴイ、チェリヨット、コーチのバーナード・オウマがいかにしてRACを最強のチームに変えたのか? – その4

(序文)

アメリカ人選手として108年ぶりの男子1500mでのオリンピック金メダルを獲得となったリオオリンピックでのマシュー・セントロウィッツの優勝。それから2年の月日が経ち、世界の男子1500mは2人のケニア人選手によって独占された。

2017年ロンドン世界選手権金メダリストで2018年コモンウェルスゲームズとアフリカ選手権を制したエリジャ・マナンゴイと、そのトレーニングパートナーで、2018年はダイヤモンドリーグで連勝を重ね、年間王者に輝いたティモシー・チェリヨットである。また、マナンゴイの弟である、ジョージ・マナンゴイも1500mにおいて2017年U18世界選手権と2018年U20世界選手権を制覇した。

この3人の世界王者はケニアの首都ナイロビからそう遠くないロンガイという場所にあるRAC(ロンガイ・アスレチッククラブ)で一緒にトレーニングをしている。ただでさえ混戦を極める1500mという種目において同じチームから世界王者が3人も出るということは極めて稀である。

ケニアの長距離選手は標高2000m弱のンゴング、2000m前後のエルドレット周辺(ナンディヒルズ、カプサベト、カプタガトなど)、標高2400mのイテンなど、標高1960m以上の場所でトレーニングを重ねているが、中距離選手や短距離選手を抱えるRACは標高1600〜1725mのオンガタロンガイの町でトレーニングをしている。

3人の世界王者を育て上げたのは「空手の黒帯を持つ」の元空手家のケニア人コーチ、バーナード・オウマである。オウマは2006年に「才能の発掘と貧困からの救済のためのCSR(企業の社会的責任)プログラム」としてRACを創立した。オウマはIAAFの公認コーチングライセンスのレベル2を保持し、ハンガリーのブダペストでスポーツ科学修士号を取得しているコーチである。

世界最高の1500mのトレーニンググループとなったRACの秘密にレッツランが迫った記事が以下である。記事が長いので5回に分けて公開していく。

その、その、その

*** ④

d856b72f-193c-4615-ae53-c82cbcf0cd3b-400x225
RACの坂トレーニング

RAC(ロンガイ・アスレチッククラブ)の練習はある1つのメッセージとともに始まる。

「時間通りに練習場所に来ること」

遅刻した者は、遅刻した時間に応じて腕立て伏せをしなければならない。この決まりを免れる者はいない。たとえ1500mの自己記録が3:28でも3:48でも、みんな一緒である。

「若い選手は、自分達のことをスターだと思っている」

この罰を2回受けたことのあるチェリヨットはそう話した。

「腕立て伏せをすることで、自分を鍛えるんだ」

この規律を、オウマはほぼ全てのコーチングに取り入れている。細かい部分まで目を配り、正確であることに重きを置き、1日の練習で何を達成したいのか、明確なプランをもっている。

「論理的で計画されていて、最後までやり通すアプローチにたどり着く」

Moyo Sportsの代表として多くの東アフリカの選手と仕事をしているマルコム・アンダーソンはこう話す。

オウマは計画性を持っているが、ケニア人に限らず東アフリカの人々はそのような特性を持っていないことが多い。彼らはとてもリラックスしていて、だいたいがマイペースだ」

オウマがメジャー大会においてケニア選手団のコーチをしていることで、アンダーソンは安心感を持てると言う。

「去年のロンドン世界選手権でもそうだったが、バーナードがそこにいれば、物事をやり遂げられると信頼できる」

862e76c9-2644-4adc-bff2-18cffb798957-400x225
日本語で“お馬”さん

オウマの規律と秩序が、どこから来ているのかは想像に難くない。それは、若い頃の空手の練習から来ており、彼の選手の筋肉構造の研究を大阪大学の研究者とともに行った時からも、その規律はずっと続いている。

「空手のコーチはほとんどが日本人だ。それは文化でライフスタイルだ。何年間もそれを実践してきた。空手では、遅刻すれば練習に参加できない」

日本人との研究の他に、ケニア陸連は2016年にオウマのためにハンガリーへのスポーツ科学のコーチングコースの費用も負担した。アンダーソンによると、これらの経験がプロ意識の高いRACの組織化の基礎を築いたという。

「彼はたくさん旅をして、多くの文化に触れ、それらを取り入れている」

アンダーソンはそう話した。

通常、ナイロビにあるGEMSケンブリッジインターナショナルスクールにある6レーンのトラックでRACのトラック練習は行われる。そのトラック練習はまるで3食のコース料理のようだ。前菜は、オウマが “30-30” と呼んでいるウォーミングアップ。30秒のjogと30秒の加速走の組み合わせである。選手がオーソドックスな2~3マイルの軽いウォーミングアップを退屈そうにやっている姿を見て、オウマがこの新しいウォーミングアップを生み出した。メイン料理は、400mや300mのスピード練習だ。練習は「プリン」で締めくくられる。それは、※150m×4のスプリント練習を2セットである。

(※)200m×4 + 100m×4の時もある

c3eb4de7-06da-46a0-b37c-c46604d3a4da-e1535059357945-400x260
ナイロビ国立公園にはあらゆる動物が生息している。この写真で、選手は2匹のキリンが横切るのを待っている

試合期で、その週にレースがないときは、通常1週間に2, 3回のスピード練習を行う。オウマはRACの若い選手たちを、マナンゴイチェリヨットのようなトップクラスの選手のペースメーカーとして走らせる。マナンゴイチェリヨットは、その99%を一緒に練習をするが、若い選手は彼らとすべて一緒に走るわけではないという。

ナイロビは標高1780mに位置しており、ケニアのトレーニングメッカであるイテン(標高2400m)や※エルドレット周辺に比べると標高が低い。しかし、オウマはそれを気にしていない。中距離選手にはそこまで高い標高は必要ないと考えているからだ。

(※)エルドレット周辺は場所によっては標高約2700m程度まで上ることができる(カプタガトの東側など)

RACがトラックで練習しないときは、ほとんどのグループランはナイロビの街の南部に位置する広大なナイロビ国立公園の土のロードで行われる。ナイロビ国立公園にいる動物によって危険を感じることもある。最近のある練習での出来事だが、マナンゴイがグループを引っ張っていた時、危険を知らせるために手をあげた。バイクで隣を走っていたオウマは、その理由にすぐに気づいたという。バッファローがRACの女子トップ選手である※ウィニー・チェベットに突進していたのだ。オウマは急いでバイクでそのバッファローを威嚇して追いやった。

(※)2018年バーミンガム世界室内選手権5位、コンチネンタルカップ優勝、アフリカ選手権優勝(全て1500m)

数年前には、ヒヒだと思われる動物が道を横切っていたため、練習を中断しなければならないということもあった。練習が終わってすぐに、オウマは実はそれが「ヒョウだった」と明かしたという。国立公園にはライオンもいる

「ライオンはそこまで大きな問題ではない。ライオンは大人しいしシャイだ」

オウマは話すが、1番恐れている動物はサイだという。RACの細い選手たちを傷つける可能性がある。しかし、オウマと彼の選手たちは毎日そこで練習をし続けるのだ。

「シマウマが邪魔をしてくることもある」

まるで何事もないようにオウマは話す。

週に3回はジムでのトレーニングも行う。RACが行っていることは、すべて速く走るためのものだ。筋力トレーニングに関しては、オウマはシンプルな哲学を持っている。速く走るためには、走るときに使う筋肉を強化しなければならない。

「速くなるためにジムに連れて行く」

と、オウマは話す。

「例えば、お尻は振り子のように使う。お尻は走る時の軸となるポイントだ。お尻が速く動くとなると、お尻にも筋力がなければならない。このように、筋力トレーニングは特定の筋肉に働きかけるように行う」

Screenshot-2018-08-23-at-5.15.41-PM-329x400
RACスタイルのレジスタンストレーニング

オウマの選手はめったにフリーウエイトのトレーニングを行わない。オウマはレジスタンストレーニングを強く支持している。オウマの好きなセッションはタイヤやチューブを使うトレーニングだ。選手の腰にハーネスをつけ、紐でタイヤと繋げる(さらに重みを追加するために、タイヤの中に石を入れる場合もある)。

オウマは選手を起伏のある約1kmのコースに連れて行き、5~7分走らせることもする。タイヤの代わりに自転車に乗って抵抗を生み出すためにブレーキを踏む、というようなトレーニングも行う(バイクのタイヤが早く消耗してしまうのが問題だとオウマは話す)。

誰がタイヤ引きのトレーニングをするかは、オウマが厳正に選ぶ。現在は、最も経験がある選手、マナンゴイチェリヨットチェベットだけがこのタイヤ引きのトレーニングを許されている。かなりの高頻度で行われ、シーズン中には週に1回、レースが控えていない時期は週に2回行うこともある。

「背中を正しく使わないと怪我をしやすくなる」

と、オウマは話す。

タイヤを使ったトレーニングは屋外に限られたものではない。オウマはRACの選手をジムに連れて行き、そこでタイヤを持ち上げたりひっくり返したりするトレーニングもさせるのだ。

オウマのトレードマークである精密さの中で1つ欠けているものは、距離(マイレージ)だ。週間走行距離に関しては、オウマはあまり気にしていない。

「距離を積み上げることに関してはあまり重視していない。ペース走や距離走でのペース、つまりは乳酸性作業閾値(LT)でのトレーニングが重要だと考えている。何km走ったかではなく、そのペースだ。距離走でどのぐらい追い込めたか。乳酸は作られたかどうか?」

4dffc868-6692-4789-905d-669642840be5-400x225
タイヤ引きの代わりに自転車を使用したレジスタンストレーニング

オウマは選手が走った距離を記録していない。というよりも、記録するほどの距離を走っていないともいえる。オウマの選手が1回に走る最長時間は、長くて90分である。それも、冬季練習での話である。シーズン中は1時間以上走ることは滅多になくなる。

「距離走の日は、朝に17kmぐらいだ。最長で16〜17km」

と、マナンゴイは話した。

なぜそんなに多くの距離を走らないのか?オウマには違った疑問がある。

「1500mで優勝するのに、練習で25kmを走る意味はあるのか?」

と、オウマは話した。

しかしRACの選手がレースに出る時は、オウマは選手に全力を出し切ることを要求するのだ。(筆者は)今年のユージンDLのバウワーマンマイルで優勝したチェリヨットをミックスゾーンで待っていた。オウマの後をつけて、お祝いの言葉を伝えようとしたが、オウマは祝福モードではなかった。オウマチェリヨットに求めていた記録は3:46か3:47だった。

チェリヨットの優勝記録は3:49、オウマはペーサーのペースメイクに苛立ちを覚えていた。7月のモナコDLでチェリヨットが3:28.41で走り、世界歴代7位の好記録を出した時でさえ、オウマは完全に満足をしていなかった。オウマは「チェリヨットはもっと速く走れる」と感じていたのだ。

「もし、速く走れる体があるのなら、もっと速く走ってほしい」

オウマはそう話した。

 

に続く。

 

【RACの1500m選手の試合期の週間トレーニング例:標高1700m前後】レッツランより

月曜:60’jog(15km)+ ジムセッション

火曜:トラック
① アップ 1kmjog(5分)+ 30-30(2km = 30″ jog / 30″加速走 × 6セット)
② 400m × 10(平均58″ r90″)→  200m × 10(平均26″ r60″)※ r = リカバリー
③ ダウン 1kmjog(5分)

水曜:60’jog(15km)+ ジムセッション

木曜:16kmペース走(51分間 = 1km3:11/km平均 ※LTペース)

金曜:60’jog(15km)+ ジムセッション

土曜:トラック
① アップ 1kmjog(5分)+ 30-30(2km = 30″ jog / 30″加速走 × 6セット)
② 200m – 400m – 800m – 1000m – 1500m – 1000m – 800m – 400m – 200m
(26″ – r30″, 56″ – r60″, 1’57 – r2′, 2’29 – r2′, 3’48 – 4′, 2’28 – r2′, 1’56 – r2, 57″ – r60″, 27′ – r30″ )
③ →②の終了後、1kmjog(5分)→ 200m × 4(平均26″ r60″)→  100m × 4(平均13″ r30″)
④ ダウン 1kmjog(5分)

日曜:休養

総走行距離:93km

備考【RACの1500m選手の冬季練】
①:試合期よりもボリュームの多いスピード練習を週1回
もしくは
②:①よりもボリュームの少ないスピード練習を週2回
を行い、ジョグとペース走は試合期の設定とほとんど同じものを行う。

それに加えて週に1度は20〜25km走を行い、1週間のうちに2日連続でイージーの日を設ける(おおよそ日曜日と月曜日)。週間走行距離は冬季が約120km(月間約500km)、試合期が約90km(月間約390km)である。

 

ロンガイ・アスレチッククラブFacebookTwitter

レッツラン記事

http://www.letsrun.com/news/2018/08/secrets-worlds-best-1500-meter-training-group-elijah-manangoi-timothy-cheruiyot-coach-bernard-ouma-turned-rongai-athletics-club-powerhouse/

関連記事

世界最高の1500mのトレーニンググループの秘密:マナンゴイ、チェリヨット、コーチのバーナード・オウマがいかにしてRACを最強のチームに変えたのか? – その1

世界最高の1500mのトレーニンググループの秘密:マナンゴイ、チェリヨット、コーチのバーナード・オウマがいかにしてRACを最強のチームに変えたのか? – その2

世界最高の1500mのトレーニンググループの秘密:マナンゴイ、チェリヨット、コーチのバーナード・オウマがいかにしてRACを最強のチームに変えたのか? – その3

世界最高の1500mのトレーニンググループの秘密:マナンゴイ、チェリヨット、コーチのバーナード・オウマがいかにしてRACを最強のチームに変えたのか? – その5

ダイヤモンドリーグパリ大会:男子400mHサンバが世界歴代2位(46.98)女子800mセメンヤが同4位(1:54.25)女子3000mSCチェプコエチが同4位(8:59.36)男子100mベイカーが今季最高(9.88)蘇がアジアタイ記録(9.91)

ダイヤモンドリーグオスロ大会:女子3000mSCでハプニング、男子1マイルでエリジャ・マナンゴイが順当勝ち、男子1500mで地元ノルウェーのヤコブ・インゲブリクトセンが自己新記録も敗れる

IAAF・U20世界選手権3日目:ジョージ・マナンゴイ(ケニア)がスリリングな競り合いを制する – 世界室内王者のサムエル・テフェラ(エチオピア)は5位でメダルを逃す

参考記事

For Manangoi and Cheruiyot, it’s the Rongai Athletics Factor(2017年8月13日)

Training with champions – Rongai Athletics Club(2018年1月22日)

 

〈 TOP 〉

広告

世界最高の1500mのトレーニンググループの秘密:マナンゴイ、チェリヨット、コーチのバーナード・オウマがいかにしてRACを最強のチームに変えたのか? – その4」への4件のフィードバック

  1. ピンバック: 世界最高の1500mのトレーニンググループの秘密:マナンゴイ、チェリヨット、コーチのバーナード・オウマがいかにしてRACを最強のチームに変えたのか? – その1 – LetsRun.com Japan

  2. ピンバック: 世界最高の1500mのトレーニンググループの秘密:マナンゴイ、チェリヨット、コーチのバーナード・オウマがいかにしてRACを最強のチームに変えたのか? – その2 – LetsRun.com Japan

  3. ピンバック: 世界最高の1500mのトレーニンググループの秘密:マナンゴイ、チェリヨット、コーチのバーナード・オウマがいかにしてRACを最強のチームに変えたのか? – その3 – LetsRun.com Japan

  4. ピンバック: 世界最高の1500mのトレーニンググループの秘密:マナンゴイ、チェリヨット、コーチのバーナード・オウマがいかにしてRACを最強のチームに変えたのか? – その5 – LetsRun.com Japan

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中