世界最高の1500mのトレーニンググループの秘密:マナンゴイ、チェリヨット、コーチのバーナード・オウマがいかにしてRACを最強のチームに変えたのか? – その1

(序文)

アメリカ人選手として108年ぶりの男子1500mでのオリンピック金メダルを獲得となったリオオリンピックでのマシュー・セントロウィッツの優勝。それから2年の月日が経ち、世界の男子1500mは2人のケニア人選手によって独占された。

2017年ロンドン世界選手権金メダリストで2018年コモンウェルスゲームズとアフリカ選手権を制したエリジャ・マナンゴイと、そのトレーニングパートナーで、2018年はダイヤモンドリーグで連勝を重ね、年間王者に輝いたティモシー・チェリヨットである。また、マナンゴイの弟である、ジョージ・マナンゴイも1500mにおいて2017年U18世界選手権と2018年U20世界選手権を制覇した。

この3人の世界王者はケニアの首都ナイロビからそう遠くないロンガイという場所にあるRAC(ロンガイ・アスレチッククラブ)で一緒にトレーニングをしている。ただでさえ混戦を極める1500mという種目において同じチームから世界王者が3人も出るということは極めて稀である。

ケニアの長距離選手は標高2000m弱のンゴング、2000m前後のエルドレット周辺(ナンディヒルズ、カプサベト、カプタガトなど)、標高2400mのイテンなど、標高1960m以上の場所でトレーニングを重ねているが、中距離選手や短距離選手を抱えるRACは標高1600〜1725mのオンガタロンガイの町でトレーニングをしている。

3人の世界王者を育て上げたのは「空手の黒帯を持つ」の元空手家のケニア人コーチ、バーナード・オウマである。オウマは2006年に「才能の発掘と貧困からの救済のためのCSR(企業の社会的責任)プログラム」としてRACを創立した。オウマはIAAFの公認コーチングライセンスのレベル2を保持し、ハンガリーのブダペストでスポーツ科学修士号を取得しているコーチである。

世界最高の1500mのトレーニンググループとなったRACの秘密にレッツランが迫った記事が以下である。記事が長いので5回に分けて公開していく。

*** ①

ロンドン世界選手権の男子1500mが始まる1週間前の2017年8月の始めのことだ。バーナード・オウマは飛行機に乗っていた。男子1500mは世界選手権最後の種目だったが、オウマは世界選手権でケニア選手団のコーチを務めていたので、早くにロンドンにいなければならなかった。ケニア選手団の大会前の合同合宿を行っていたナイロビのカサラニスタジアムを出発する前に、オウマはケニアの選手と会った。

その中には、男子1500mの昨シーズントップの記録を持っていたティモシー・チェリヨットエリジャ・マナンゴイ、そして3大会連続優勝を果たしていたアスベル・キプロプロナルド・ケモイもいた。彼らはスタジアム近くのレストランで一緒に夕食をとった。

その前年のリオオリンピックの男子1500mでケニア勢は2大会連続でメダルを逃していた。アメリカのマシュー・セントロウィッツが3:50.00という1932年以降では1番遅い記録での金メダルを獲得していた。オウマはこのロンドン世界選手権の選手に「今大会はリオとは違うぞ」と伝えていた。

「伝えたことは、ロンドンでは3:32で走ろうということだった。その記録より遅いということは、セントロウィッツのあの遅い記録を繰り返すことになる。そんな走りはしたくない。だから、意見が一致して3:32に目標を定めたんだ」

ロンドン世界選手権決勝の朝、マナンゴイオウマに話しかけた。マナンゴイはレース戦略を知りたかったのだ。そこで、オウママナンゴイチェリヨットを座らせ1つの言葉を投げかけた。

「モナコだ」

モナコとは、その3週間前に行われたモナコDLを指していた。そのレースで、RACのメンバーとしてオウマのもとで練習していたマナンゴイチェリヨットは、800mから他の選手を引き離しそれぞれ自己新記録を出した。マナンゴイが3:28.80、チェリヨットが3:29.10だ。彼らはワンツーフィニッシュをして、3位のケモイチェリヨットの後ろ3秒以上あけて3位でゴール。このレースのように、オウマはレースの中盤から他の選手を引き離したレースをしてほしいと思っていた。

しかし、決勝での1周目のラップは61.63。後続を引き離せるほどのスピードではなかった。300mのところでチェリヨットが心配になり、ゴール付近のスタンドにいたオウマを見た。

エリジャが最初の周を引っ張るつもりだったのだが、彼はいかなかった。だから、ティムが、一体どうなってるんだ?て感じで見てきたよ」

 

 

レース中、オウマは自分のことを指揮者、選手たちをオーケストラだと考えている。選手に後続との差をつけてほしい時は、引き離すような手の動きでサインを送る。チェリヨットはそのサインを受け、400〜1200mの800mを1:52.05という速さで走った。2周目は55.96、3周目は56.08だった。オウマには練習中に繰り返すお気に入りのフレーズがある。「いとも簡単そうにやってのけろ」まさしく、チェリヨットはいとも簡単にそれをやりのけた。

バーナード・オウマの大胆さはすごい。オウマの選手たちが他の選手を引き離せると堅く信じているだけではなく、後続を引き離す際に送るサインがあり、それをこの世界選手権の決勝で出せる大胆さ。

Embed from Getty Images

チェリヨットの2周目からの加速についていける選手はマナンゴイキプロプの2人のケニア人選手だけで、この3人は間もなく他の選手を引き離した。

3周目、この3人の後ろを走っていた何人かの勇敢な選手が、どうしても追いつけない差をつけられてしまったモナコDLと同じ過ちを繰り返したくないと、ラスト1周の早めのスパートをかけだす。しかし、後続集団の先頭を走っていたスペインのアデル・メチャールとノルウェーのフィリップ・インゲブリクトセンは3周目のラップを55秒よりも速く走った(それぞれ、54.07と54.99だった)。

それほど、マナンゴイらの先頭集団に追いつくには全力を出し切らなければならなかった。差は縮まったものの、最後は力尽き、マナンゴイチェリヨットが1位、2位でゴールした。2位だったチェリヨットは、3位のインゲブリクトセンに0.5秒以上差をつけてゴールした。

オウマが定めた目標タイムからたった1秒遅れただけだった。マナンゴイの優勝記録は3:33.61、その後ろチェリヨットは3:33.99。2003年パリ世界選手権でのヒシャム・エルゲルージ以来、世界選手権の決勝で3:34を切ったのは初めてのことだった。

1周目が61秒だったことを考えると、3:33.61の優勝記録は素晴らしいものだった。しかし、このレースの本当の凄さは、彼らがそれを達成した方法(仕方)だ。ヒシャム・エルゲルージが2004年に引退して以来、世界選手権の1500mで序盤や中盤から“速く”走ることは明らかに有効な戦略ではないと考えられてきた。

セントロウィッツのリオオリンピックでの優勝記録の3:50.00はかなり遅い記録であるが、仮に今年のバーミンガムで行われた世界室内選手権でその記録で走ったとしても、圧勝していた。世界室内選手権の優勝記録は3:58.19だった。2018年のこれまでの記録で、4人の女子選手がこの記録よりも速い記録を出している。

オウマは自分の選手達が速く走るのを好む、だから、昨年のロンドン世界選手権で、25歳のマナンゴイ、22歳のチェリヨットは新奇な作戦を取り入れた。彼らがやったことは、単に他の選手から逃げ切ることだった。チームメートにペースメイクを頼るエルゲルージとは違って、勝つためにどちらかが犠牲になるようなことはなかった。レースの最後にマナンゴイチェリヨットを抜いたが、それでもチェリヨットは銀メダルを獲得した。

この戦略は2018年に驚くほど効いた。マナンゴイチェリヨットはコモンウェルスゲームズとアフリカ選手権で1、2位に入った。ロンドン世界選手権同様に、そのレースはどちらも高速レースとなった。マナンゴイのコモンウェルスゲームズでの優勝記録の3:34.78はこの28年間で1番速い優勝記録である。アフリカ選手権での3:35.20という記録は大会新記録となった。

世界の並みいる強豪選手の中で、特に4日間で3レース走らなければならない選手権の決勝で、最初からこのようなハイペースで走ることにはある程度のリスクが伴うと考える人もいるだろう。オウマはそのような見方をしていない。

60d5d644-d607-4800-a752-a62e0e943237-400x300
チェリヨット、オウマ、マナンゴイ。ロンドン世界選手権1500m決勝でのワンツーフィニッシュの後

「トラックで走っている選手は、彼らは練習したことを体現しているだけだ。彼らが速いペースで走っていれば、そのような練習をしているということになる。これが、我々のトレーニング方法だ」

オウマはそのように語った。

しかしそれと同時に、選手の調子が良ければ(そして勇敢さがあれば)、もっとすごいアドバンテージがある。すでに前方に出ていれば、1500mにおいて重要となるポジション取りにおいて他の選手と争う必要はない。他の選手が自分より前にいなければ、転倒の可能性も減る。1番重要なことは、彼らに対してはカウンター戦略というものは有効でないのである(自分から仕掛けていかないといけない)。

マナンゴイチェリヨットが3:33で走ると決めれば、対戦相手には2つの選択肢がある。1つ目が、それより速いペースで走る。2つ目が、後ろに下がり、彼らのペース配分が間違っていることを願うことだ(ロンドン世界選手権でこの戦略を選んだ選手はひどい目にあった)。どちらにせよ、マナンゴイチェリヨットは、レースの主導権を握っていたのだ。

1年経った今も、どうやってRACの勢いを止められるか、誰もわからないままだ。チェリヨットは、2018年にDLに5回出場して5回とも優勝している。しかも、毎回シーズン世界最高記録を出した。7月20日のモナコDLでは、3:28.41という記録を出し、世界歴代7位の記録となった。世界歴代ランキングでは、マナンゴイよりも3つ上のランクに位置している。

今年そのチェリヨットを破った唯一の選手は?マナンゴイである。彼の3:29.64という記録は、チェリヨット以外では2018年に3:30を切っている唯一の選手である。全体でも、このチームは世界の屋外1500mにおいて、オリンピック以外で素晴らしい成績を残している。チェリヨットはダイヤモンドリーグ年間王者であり、マナンゴイは世界選手権、コモンウェルスゲームズ、アフリカ選手権を制し、そしてマナンゴイの弟であるジョージは、彼もオウマのもとで練習をしているが、彼もU18世界選手権とU20世界選手権で優勝している。

現在、陸上競技におけるいかなる種目においても1つの種目を“独占”しているトレーニンググループは、世界を探してみても他にはないだろう。すべての始まりは、ケニア西部ヴィクトリア湖に面する漁業の町にいた空手家(オウマ)だった。

 

に続く。

 

ロンガイ・アスレチッククラブFacebookTwitter

レッツラン記事

http://www.letsrun.com/news/2018/08/secrets-worlds-best-1500-meter-training-group-elijah-manangoi-timothy-cheruiyot-coach-bernard-ouma-turned-rongai-athletics-club-powerhouse/

関連記事

世界最高の1500mのトレーニンググループの秘密:マナンゴイ、チェリヨット、コーチのバーナード・オウマがいかにしてRACを最強のチームに変えたのか? – その2

世界最高の1500mのトレーニンググループの秘密:マナンゴイ、チェリヨット、コーチのバーナード・オウマがいかにしてRACを最強のチームに変えたのか? – その3

世界最高の1500mのトレーニンググループの秘密:マナンゴイ、チェリヨット、コーチのバーナード・オウマがいかにしてRACを最強のチームに変えたのか? – その4

世界最高の1500mのトレーニンググループの秘密:マナンゴイ、チェリヨット、コーチのバーナード・オウマがいかにしてRACを最強のチームに変えたのか? – その5

ダイヤモンドリーグパリ大会:男子400mHサンバが世界歴代2位(46.98)女子800mセメンヤが同4位(1:54.25)女子3000mSCチェプコエチが同4位(8:59.36)男子100mベイカーが今季最高(9.88)蘇がアジアタイ記録(9.91)

ダイヤモンドリーグオスロ大会:女子3000mSCでハプニング、男子1マイルでエリジャ・マナンゴイが順当勝ち、男子1500mで地元ノルウェーのヤコブ・インゲブリクトセンが自己新記録も敗れる

IAAF・U20世界選手権3日目:ジョージ・マナンゴイ(ケニア)がスリリングな競り合いを制する – 世界室内王者のサムエル・テフェラ(エチオピア)は5位でメダルを逃す

参考記事

For Manangoi and Cheruiyot, it’s the Rongai Athletics Factor(2017年8月13日)

Training with champions – Rongai Athletics Club(2018年1月22日)

 

〈 TOP 〉

広告

世界最高の1500mのトレーニンググループの秘密:マナンゴイ、チェリヨット、コーチのバーナード・オウマがいかにしてRACを最強のチームに変えたのか? – その1」への4件のフィードバック

  1. ピンバック: 世界最高の1500mのトレーニンググループの秘密:マナンゴイ、チェリヨット、コーチのバーナード・オウマがいかにしてRACを最強のチームに変えたのか? – その2 – LetsRun.com Japan

  2. ピンバック: 世界最高の1500mのトレーニンググループの秘密:マナンゴイ、チェリヨット、コーチのバーナード・オウマがいかにしてRACを最強のチームに変えたのか? – その3 – LetsRun.com Japan

  3. ピンバック: 世界最高の1500mのトレーニンググループの秘密:マナンゴイ、チェリヨット、コーチのバーナード・オウマがいかにしてRACを最強のチームに変えたのか? – その4 – LetsRun.com Japan

  4. ピンバック: 世界最高の1500mのトレーニンググループの秘密:マナンゴイ、チェリヨット、コーチのバーナード・オウマがいかにしてRACを最強のチームに変えたのか? – その5 – LetsRun.com Japan

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中