【LRCJオリジナルインタビュー記事】2017年NZ選手権1500m王者エリック・スピークマン 〜 NZサブ4マイラー

※以下は、ニュージーランド・ウェリントン在住の谷本啓剛氏(ランニングガイド・RunZ:ラン・ニュージーランド代表)によるレポートで、レッツランジャパン(LetsRun.com Japan=LRCJ)オリジナルコンテンツのインタビュー記事です。

エリック・スピークマン

~NZ1500mランナー・サブ4マイラー~

今回はニュージーランドの1500m選手、エリック・スピークマン選手を紹介します。エリックは1500m3分37秒、1マイル3分57秒の自己記録を持つ選手です。国際大会で活躍する学年が1つか2つ上のトップランナー(ジェイク・ロバートソン、ゼーン・ロバートソン、ハーミッシュ・カールソンジュリアン・マシューズ)と競い合いそのキャリアを伸ばしてきました。エリックの競技キャリアを振り返った時、エリックの走ることに対する強い思いを知ることができます。

他の選手たちと最も違うところは、彼が出場した試合数が極端に少ないということです。多くの選手が順調にキャリアを重ねるなかで、(トレーニングのボリュームが増える)大学在学時あたりから故障に悩まされますが、エリックが一度レースを走った時の強さは群を抜いており、一瞬に賭ける彼の意志の強さがそのレースぶりに見てとれます。

エリックの競技キャリアから最も強く響くのは“希望”そして“自信”。その言葉にすべてが詰まっているように感じます。

 

エリック・スピークマン:IAAF選手名鑑

37034664_636776276678576_6226476344562155520_n
出典:エリック・スピークマンFacebookより

出身: ニュージーランド・ネイピア

生年月日: 1990 / 8 / 29

自己記録: 1500m 3:37:44  / 1マイル 3:57:30 / 3000m 7:58:85 / 5000m 13:55:38

大学: Stony Brook University(アメリカ・ニューヨーク州立大学ストーニーブルック校)

クラブ: ネイピア・ハリアーズ(Napier Harrier Club

コーチ: Steve Willis(スティーブ・ウィリス:参考記事

 

【競技歴 :1500m】

2008年(高校)/ 3:58:36

2009年(高校)/ 3:52:92

2010年(NZ)/ 3:51:42  ※アメリカの大学留学にむけての準備期間

2011年(大学)故障の影響で記録なし

2012年(大学)/ 3:42:94

2013年(大学)故障の影響で記録なし

2014年(大学)故障の影響で記録なし

2015年(US・NZ)/ 3:44:64  ※大学卒業後、アメリカとニュージーランドを拠点にする

2016年(NZ)/ 3:37:44  ※ニュージーランドを拠点とする

2017年(NZ)/ 3:49:90  ※故障の影響

2018年(NZ)故障によるリハビリ期間

週末のクロスカントリー

エリックがランニングを始めたきっかけは、彼の父親がネイピア・ハリアーズに所属していて「自分も走っている父親の姿を見ていたからだ」と話す。彼が幼かった頃は父親がレースに行くたびに、いつも両親に「今日のレースに出でいい?」と尋ねていた。

エリックの両親は、エリックにレースをさせるのはまだ早いと思っていたので、彼が7歳になるまではレースに参加することはできなかった。

時が経ち、エリックが7歳の時に、両親が「初めてレースに参加していい」と言ったので、冬はクロスカントリーのレースに出るようになった。

「陸上競技に取り組んでいる他の選手と比べ、非常に早いキャリアのスタートだったと思う。でも、ネイピア・ハリアーズに所属していたが、陸上競技はその時全く行わなかった。そして練習といったものも特に行わなかった。水曜日の父親のワークアウトのアップで10分くらい一緒に走ることはあったけれど。夏のシーズンは走ることはなく、主に行っていたスポーツはソフトボールだった」

「一度クリケットにチャレンジしたシーズンがあったけれど、ソフトボールの方が自分に合っていたから、結局はソフトボールに戻ってきたよ。夏はソフトボールを練習して、冬はサッカーの練習と試合に参加することが中心だった。ランニングは週末に父親についていってクロスカントリーのレースを走るだけだった」

View this post on Instagram

#tbt #1998 #feelingold

A post shared by Eric Speakman (@eric_speakman) on

「子供の頃から気に入っているレースは、ネイピアの地元で行われるクイーンズバースデイ・ロードレースという大会。丘の下からスタートして、丘を登って帰ってくる1周4.5㎞のレース。ジュニアは1周でシニアは2周で競うレース。前を追っていくハンディキャップレースはいつも面白い。そして兄を追って最後のスプリントまで楽しんで走っていたこのレースは自分の競技のスタートでもある」

幼少期のトレーニングは彼が18歳まで冬シーズンにメインスポーツとして行っていたサッカーが、エリックのランニングの能力を高めるトレーニングになっていたと話す。

「※ KIWIキッズが学校の休み時間は外で走り回っているのは知っているだろ?遊びの中でたくさん走っていたことが、当時は良い練習になっていたよ」

ランニングを始めた当時を振り返り、エリックは楽しそうに話す。

(※)KIWI:キウィ = ニュージーランドの○○

エリックは14歳 ~ 15歳の時にコーチをつけて陸上競技のトレーニングを始める。ニック・カウ、当時のネイピア地区のコーチで、ローア・ネーグルや他のナショナルジュニアチャンピオン、そしてエリックらをコーチングしていた。彼はジュニア専門のコーチで、シニアのコーチングスキルは持っていなかったが、良いトレーニンググループをネイピア地区で形成できていた。

競技への情熱

「自分たちの世代では、やはりニックのレースはいつもジュニアアスリートに刺激を与えていたよ」

エリックがランニングを競技として開始した直後の2006年にメルボルンでコモンウェールズゲーム(英連邦大会)が行われた。まだ国際大会にデビューしたばかりであったニック・ウィリスは、最後の1周からの早めのスパートで強豪のケニアやヨーロッパの選手、そして地元オーストラリアのスター選手であるクレイグ・モットラムを抑え、そのまま逃げ切って優勝した(動画)。

ジュニア期のエリックにとって、そのシーンは忘れられないものとなるとともに、自分自身のこれからのランニングに対する情熱を大きく膨らませるきっかけとなった。そしてニックは常に1500mという種目でキャリアを重ねていることはエリックの1500mに対する思いをより強くする。

ニックの活躍から刺激を受けて、高校在学時に少しずつ力をつけ、高校最後の年には1500mで3分58秒という当時の自己記録を、シーズン終盤の3月に3分53秒と大きく伸ばすことができた。

「当時は3分53秒の記録でとても嬉しかった。いまニュージーランドにはジュニア世代のトップで3分44秒・3分46秒・3分47秒といった選手がいる。当時、3分53秒で喜んでいたけれども、それより速い選手が今のジュニアにたくさんいることは本当に驚きであるとともに、これからの彼らの活躍が楽しみだ」

エリックが高校生だった当時も、多くの選手がエリックの前を走っていた。しかしエリックの気持ちは常に前を向いていた。高校卒業後も大学に進学するまでニュージーランドで競技を続け、さらに翌年には3分53秒から3分51秒まで記録を短縮することができた。そしてアメリカの大学へ進学する。

エリックは高校生の時から“強く自分を信じること”そしてそれに伴った“自立心”を持っていたことが、その後の競技キャリアに大きく影響したのだと、彼の競技キャリアについてうかがうなかで知ることができた。

ページ【】【】【】【▶︎

広告

【LRCJオリジナルインタビュー記事】2017年NZ選手権1500m王者エリック・スピークマン 〜 NZサブ4マイラー」への3件のフィードバック

  1. ピンバック: 【LRCJオリジナルインタビュー記事】リオオリンピック男子1500mニュージーランド代表 – ジュリアン・マシューズ ~NZ1500mランナー・ワールドトラベラー:その1 – LetsRun.com Japan

  2. ピンバック: 【LRCJオリジナルインタビュー記事】リオオリンピック男子1500mニュージーランド代表 – ジュリアン・マシューズ ~NZ1500mランナー・ワールドトラベラー:その2 – LetsRun.com Japan

  3. ピンバック: 【LRCJオリジナルインタビュー記事】アンジェ・ペティ(リオオリンピック、ロンドン世界選手権800mニュージーランド代表) – LetsRun.com Japan

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中