2018シカゴマラソン:モー・ファラーが2:05:11の欧州新記録でWMM初制覇 – 大迫傑が2:05:50のアジア新記録・日本新記録で3位に入り1億円獲得

モー・ファラーは今回の快走をもって世界トップクラスのマラソン選手となった。

ファラーの最後の表情は苦しそうだった、ラスト400mはいつものスピードがなかったが、2018年シカゴマラソンは、我々が長い間トラックで見てきたファラーのゴールシーンにとても似ていた。ファラーは後続を引き離し、モボットポーズでゴールテープを切り、2:05:11の欧州新記録で優勝した。

farah-win

しかし、トラックに似ていたのはゴールだけではなかった。ファラーはこれまでのように戦略的なレースを展開した。序盤は先頭集団の後方で落ち着いた走りをして(中間地点通過では63:06で12、13番手)集団の先頭を引っ張るのをできるだけ長く避けていた。

集団の先頭がペースを上げてその差が広がっても、ファラーがそれにすぐに反応することはなかった。しかし、23マイル(37km)に差し掛かったところでファラーが先頭集団で前に出る。完全に意図した仕掛けであった。ラスト4マイルは向かい風のなかで※ 4:41、4:42、 4:40、 4:47。それまで6人いた先頭集団が2人に絞られていった。

(※)1マイル4:40 〜 4:42 = 1km2:54 〜 2:55

最終的にはファラーと、今年のドバイマラソンを大会記録(2:04:00の自己記録)で優勝したモジネット・ゲレメウだけが残った。ラスト600m地点でファラーがマラソン初優勝に向けてラストスパートをかけ、ゲレメウはそのスパートに為す術もなく、次第に引き離されていった。

勝利という栄光はファラーの手に渡った。ゲレメウは2:05:24の2位に入った。しかし、この日1番の大金を稼いだのは3位に入ったナイキオレゴンプロジェクトの大迫傑だった。彼は日本新記録となる2:05:50で走り、前日本記録2:06:11を更新した選手に与えられる報奨金の1億円を手にした。今年のロッテルダムマラソン優勝のケニアのケネス・キプケモイが2:05:57の4位に入り、ゲーレン・ラップは2:06:21で5位に入りハリド・ハヌーシの全米記録2:05:38の更新はお預けとなった。

レース展開:冷静にレースを進めたファラーが32km過ぎから位置を押し上げ完勝

前半10kmはペーサーがいるレースとしてはそこまで速くなかったが(30:11)、そこから5kmは14:50を切るペースで進み20kmは59.48で通過し、中間地点は1:03:02で通過した。その時点で13人の選手が先頭から5秒以内に位置しており、初マラソンのオーガスティン・チョゲは中間点を前に途中棄権。

43497221_2396307180409420_4448273349017075712_o
©2018 K. Nakajima  中盤以降は2人のキルイが積極的にペースを上げた

次の5kmはペースが落ち(15:30)、16マイル(25km過ぎ)まではペースは落ち着いたが、ジョフリー・キルイが集団を抜け出そうと仕掛ける。キルイはその2マイルを9:02(2:48/km)というスピードアップをしたがそれに対応でしたのはエチオピアのビルハヌ・レゲセ(今年のドバイマラソンで2:04:15)、キプケモイゲレメウだけで、ラップが率いる後方集団に20mの差を開けた。

モー・ファラーは後続の集団を引っ張るラップよりもかなり後方に位置していたが、20マイル(32km)を過ぎてファラーは先頭集団に追いつくためにナイキオレゴンプロジェクトの元練習パートナー達(ラップ大迫)を引っ張るようになる。21マイルは4:40(2:54/km)というペースで進んで先頭に追いつき、その後レゲセが先頭集団から脱落し、先頭集団は6人に絞られる。

その後、ラップも35km地点で遅れはじめ、ジョフリー・キルイは依然としてスピードを上げていた。23マイル(37km)でファラーが先頭に出始め、キルイも遅れ始める。ファラーについていけたのはゲレメウだけだった。大迫も必死に喰らい付く。勝負はファラーゲレメウの対決に。ファラーがラストスパートを仕掛けてからは、トラックで我々が見慣れてきたモー・ファラーの姿がそこにあった。

farah-move

【ファラーのスプリットとラップ】2:05:11(前半63:06 + 後半62:05)※非公式

5km 14:54 5km毎
14:54
10km毎 備考
10km 30:12 15:18 30:12
15km 45:07 14:55
20km 59:53 14:46 29:41
中間点 1:03:06
25km 1:15:20 15:27
30km 1:29:46 14:26 29:53 25〜35km
35km 1:44:17 14:31 28:57
40km 1:58:46 14:29 29:00 ラスト2.195km
42.195km 2:05:11 6:25

モー・ファラーはマラソンでも世界トップクラスの選手となったが彼のコーチにとっては当然のことだった

レース後にファラーの現在のコーチであるゲイリー・ラフに話を聞いた。彼はもちろんファラーの勝利に喜んでいたが、驚きはなかったという。ファラーはロンドン前も2:04台を出せる調子で、その状態を維持しつつ良い練習を継続してきたという。

「驚きではないよ。集中した時間をともに過ごしてきた。彼が日々の練習でやってきたことを見ると、彼の能力にはすごく自信があった」

ラフはこう話した。

Embed from Getty Images

ファラー自身、マラソン選手としてはまだ彼のポテンシャルに到達していないと感じているようだ。もっと※ コンディションが良ければ「2:04前半か2:03後半の記録が出せる」と話していた。

(※)気温はマラソンには適温であったが、湿度が90%を越えており、レース中に雨も降った。2.5 〜 7.5マイルの8kmと、23.5 〜 ゴールの4.3kmの間にかけては向かい風があった

ファラーの現在のコーチでもあり、女子マラソン世界記録保持者ポーラ・ラドクリフの夫でもある元中距離選手のラフは、ロンドンマラソン前とは少し違った調整をしてきたと話した。もっとチャレンジングな練習を追加したという。また※ 走行距離も伸ばした。

(※)ロンドンマラソン調整時は3000m弱の超高地のエチオピアにいたが、今回はそれよりも低い一般的な高地であるフラッグスタッフでの練習だったので距離も伸ばしやすかった

「世界トップクラスの選手に混じって、それなりの記録は出せると考えていた」

ファラーは語った。

「マラソンに強い選手が多くいるなかで、全英新記録と欧州新記録が出せた。もっと速く走れたとも思う」

ファラーは、今日のように最後に持ち味のスパートをかけられることから、ペースが比較的落ち着くマラソンのほうが得意だと信じていると語った。

「今日学んだことは、比較的ゆっくりなペースで入り、ラストスパートでスピードをあげる、というレース展開が得意だということだ。そのほうが自分にあっている。(そのようなことから)前半どのぐらいゆったりなペースで入れるかによる」

ラフによると、今後ファラーは来年のドーハ世界選手権を走る予定だという。マラソンでの出場かとは思うが、ラフはどの種目での出場かはまだ決まっていないとして、ドーハでファラーがトラックに戻ってくる可能性も残した状態となった。

ゲーレン・ラップ:「自分より強い選手がいただけのことだ」

Embed from Getty Images

2:06:21 はラップにとっては良い記録であったが、マラソンの世界記録が2:01:39に突入した現在、ペーサーがいるWMMで優勝できる記録ではなくなった。ラップは、今日のレースには後悔していないと話した。可能な限り先頭集団についていき、先頭集団から離れてからもできるだけ速い記録でゴールしようと走り抜けた。

「自分ができるベストな走りをした。うまくいかなかったことがあったわけじゃない。ただ自分が優勝するレースではなかっただけ。今日レースを走った選手はとても素晴らしく、自分より強かった」

大迫傑:アジア人初のサブ2:06

43404292_2396322473741224_809524549870682112_n
©2018 K. Nakajima  2:05:50 – 歓喜の瞬間

元ナイキオレゴンプロジェクトのチームメイトであるファラーラップの直接対決に注目が集まった今回のシカゴマラソンであるが、ナイキオレゴンプロジェクトの元メンバーも現メンバーも1番驚いたのは、ファラーラップを破ったことではなく、大迫傑ラップの前でゴールしたことである。大迫は2:06:11の日本記録を破る2:05:50で3位に入り、日本新記録の報奨金として1億円を獲得した。

2015年、日本実業団陸上競技連合がはじめたプロジェクト「Project Exceed」。2020年東京オリンピックに向けて日本のマラソン界を盛り上げる試みである。基準タイムをクリアした日本人選手に報奨金が支払われる制度であり、その最も大きい金額が、2002年に高岡寿成がシカゴマラソンで記録した2:06:16という日本記録を破ったものに与えられる1億円である。今年2月に設楽悠太が2:06:11の日本新記録を樹立して1億円を手にするまで、高岡の記録は15年もの間破られなかった。

レース後の記者会見で、大迫はコーチであるピート・ジュリアンに賞金の一部をプレゼントすると話していた。一体いくらなのか?

「おそらく100,000ドル」と大迫は話した。

「とても感謝すべきことだが、そんなことはしなくていいと彼に説得すると思うよ」ジュリアンはそう話していた。

ラップ大迫は同じNOPのメンバーであるが、大迫のコーチはジュリアンラップのコーチはアルベルト・サラザールである。ジュリアンによると、大迫ラップは現在は滅多に一緒に練習をしないという。ラップはポートランドで練習することを好み、大迫はボルダーでの高地練習が好んでいるからである。今回のシカゴへの調整では、ポートランドで少し練習をともに行ったようだ。

ジュリアン大迫も、その報奨金については知ってはいたが、それが最後の数マイルでモチベーションになったという。しかし、シカゴへの準備段階では報奨金に集中していたわけではない。

「彼にとって重要なことは、良い戦いをすることだった。報奨金や記録について彼と話したことは1度もない。彼はただレースに出場してモーラップと一緒に走りたかった。それが彼の目標だった」

大迫はそれを見事に達成した。大迫の3位という順位はWMMで彼にとって最高位タイとなり(昨年のボストンマラソンでも3位に入っている)、2:05:50という記録はアフリカ以外の地域で生まれた選手として2:06を切った3人目の選手となった(注:ライアン・ホールを含めると)。

男子マラソン非アフリカ系歴代上位パフォーマンス
2:04:58 ライアン・ホール アメリカ 2011年 ボストン(非公認記録)
2:05:48 ソンドレ・モーエン ノルウェー 2017年 福岡国際
2:05:50 大迫傑 日本 2018年 シカゴ

信じられないかもしれないが、大迫は今回の走りでまだ2020年東京オリンピックの日本代表に決まったわけではない。2018年だけで9人の日本人選手がマラソンで2:09を切っている(シカゴマラソンで2:07:58で走った藤本拓も含まれる)。大迫はそのなかで確実に良い位置にいるが、ジュリアンによると、2019年9月のMGCで日本代表の2枠が争われるが、それでも日本代表の選考方法はかなり複雑だという。

MGCでの優勝者は自動的に2020年東京オリンピック代表に選出される。2位と3位の選手でどちらも基準タイムをクリアしていれば上位の選手が優先的に代表になれるが(どちらか一方のみがクリアしている場合はその選手が選出される)、男子の基準タイムは今回の日本新記録よりも速い2:05:30である。大迫が今日出した日本記録よりも20秒も速い記録である。

「当然であることなんて何もない。日本代表の選考レースはタフ。日本代表になるには、今日の彼よりも強くならなければならない」

【ピート・ジュリアンコーチのレース後のインタビュー】

(補足)アメリカはマラソンのオリンピック選考会で1〜3位の選手を自動的に代表選手とするが、日本でそれを行えば、福岡国際、びわ湖、東京、名古屋、大阪国際などの指定大会は事実上の消化試合となり、視聴率低下、スポンサー減に繋がることが容易に想像できる。このように日本のマラソンの主要大会においては、マラソンの日本代表選考において古くからその選考レースの“歴史”と“興行”が優先されてきた背景がある(それでも廃止となったエリートマラソン大会は数多くある)。代表選考に関してはそれらの調整が非常に複雑である。

2:05:50の日本新記録:価値あるネガティブスプリット

26秒〜 大迫傑の歓喜のフィニッシュ

大迫の今回の日本新記録は非の打ち所がない快記録である。雨と風のあるコンディションで、ペーサーがいたにも関わらずペースの上げ下げがあったなかで、素晴らしいネガティブスプリットを刻んだ。特に、25〜35kmの28:58というペースは、マラソンではなかなかお目にかかれないペースアップであり、大迫は見事にそのペースアップに対応してみせた。

【大迫傑のスプリットとラップ】2:05:50(前半63:04 + 後半62:46)※非公式

5km 14:53 5km毎
14:53
10km毎 備考
10km 30:12 15:19 30:12
15km 45:07 14:55
20km 59:52 14:45 29:40
中間点 1:03:04
25km 1:15:19 15:27
30km 1:29:46 14:27 29:54 25〜35km
35km 1:44:17 14:31 28:58
40km 1:58:59 14:42 29:13 ラスト2.195km
42.195km 2:05:50 6:51

このように、レース中盤から終盤にかけて、今回でいえば25kmからのペースの上げ下げは、今後のMGCであっても、東京オリンピックの舞台であっても十分に想定されるペース変化である。この激流に対応可能となれば、今後の大迫のレースにも期待が集まることだろう。

これまでの大迫のマラソンでのペース判断ではこれといった失敗がない。初マラソンとなったボストンマラソンや福岡国際マラソンでは終盤のペースアップに対して、即座に対応せずにマイペースを貫いた結果、終盤の落ち込みをセーブしている。

かたや、今回のように大幅なペースアップにも対応できた大迫は、その記録以上の強さをみせたといえるだろう。これまでも、そして今後も日本記録保持者として記録にフォーカスされるであろう大迫であるが、マラソンにおいては記録とともに、大崩れのない安定した成績を積み上げていくことであろう。

藤本拓:マラソン2戦目にして積極的な走りでのサブ2:08

43387976_2396369950403143_7361524201032777728_n
©2018 K. Nakajima  2:07:57 – 藤本拓がMGC出場権を獲得

日本のマラソンファンにとってこのシカゴマラソンでの驚きは大迫の快走だけではなかっただろう。トヨタ自動車に所属する藤本拓は、自身2度目のマラソンにシカゴマラソンの大舞台を選択して積極的なレースを展開して見事に2:07:57の8位でMGCの出場権を獲得した。

今年の2月にはチームメイトの宮脇千博が2:08:45の好記録をマーク。仲間の活躍に刺激を受けた藤本は3月のびわ湖毎日マラソンで初マラソンを走ったが2:15:30に終わっていた。

Embed from Getty Images

藤本は今回のレースでは積極的に先頭集団についていった。25kmからのペースアップに喰らい付き、この5kmを14:39でカバーした。その後はペースを落としたものの、しぶとく粘った結果、その失速を最小限に抑えた。藤本は2017年の全日本実業団ハーフで1:01:53の4位と好走しているが、今回もロードでその強さをみせた。

【シカゴマラソン男子:トップ20位】

Screenshot-2018-10-07-at-12.15.27-1024x670

【シカゴマラソン女子:トップ20位】

Screenshot-2018-10-07-at-12.22.25-1024x550

日本男子マラソンの飛躍的な進歩

数年前の日本男子マラソンの低迷期を考えれば、現在の状況は非常に明るい兆しだといえる。WMMが始まってから、日本の男子選手がWMMで3位以内に入ることが増えてきたのは今年に入ってからのことである。サムエル・ワンジルが北京オリンピックを制した10年前あたりから最近まで、ケニアやエチオピアの世界トップクラスのマラソン選手が圧倒的な成績を収めてきた。しかし、2017年は大迫がボストンで3位に入り、今年はさらにそのインパクトを超えた。

【2018年男子マラソン主要大会での順位】※ 2018年10月現在(WMM4位まで + アジア大会)

2月:設楽悠太 2:06:11 – 東京2位
4月:川内優輝 2:15:58 – ボストン優勝
8月:井上大仁 2:06:54 – アジア大会優勝
9月:中村匠吾 2:08:16 – ベルリン4位
10月:大迫傑  2:05:50 – シカゴ3位

今となってはこのように、東アフリカ系の選手が多く出場するレースにおいて、男子の日本人選手が好走することは珍しいことではなくなってきたのである。また、それにともなって日本の男子マラソンの記録水準が過去最高クラスに上昇している。

【2018年男子マラソン日本10傑】※ 2018年10月現在

① 大迫傑  2:05:50 – シカゴ3位 (マラソン3戦目)
② 設楽悠太 2:06:11  – 東京2位  (マラソン3戦目)
③ 井上大仁 2:06:54 – 東京5位  (マラソン4戦目)
④ 藤本拓  2:07:57 – シカゴ8位 (マラソン2戦目)
⑤ 木滑良  2:08:08 – 東京7位  (マラソン4戦目)
⑥ 中村匠吾 2:08:16 – ベルリン4位(マラソン2戦目
⑦ 宮脇千博 2:08:45 – 東京8位  (マラソン4戦目)
⑧ 山本憲二 2:08:48 – 東京9位  (マラソン2戦目)
⑨ 佐藤悠基 2:08:58 – 東京10位   (マラソン6戦目)
⑩ 園田隼  2:09:34 – 別大2位  (マラソン12戦目)

この10年における男子日本マラソンの低迷期は、サブ2:10を出せばある程度上位にランクインできる記録水準であったが、今年に限ってはトップ10入りすらも遠い存在となっている。驚くべきなのはその記録水準の高さだけでなく、マラソンキャリアの早い段階で好記録を樹立する選手が続出している点にある。

43504142_2396371683736303_4509105311587500032_o
©2018 K. Nakajima  積極的なレースを展開する藤本と鈴木

彼らに共通するのは、高いスピード能力とロード適性にある。このリストの1〜8位の選手のなかでの大まかな記録水準でいえば、木滑以外はハーフ1:02:00よりも速い記録を持っていることに加えて、5000mで13:40前後の記録(もしくはそれよりも速い記録)を持っているという点にある(こちらは山本を除いて)。

言い換えれば、トラックである程度の実績を持ちつつ、ロードでの実績も持っているというところにある。当たり前のことかもしれないが、トラックでスピードを磨くということはある程度マラソンで生きるのである。そのようなことからみれば、この2つに当てはまる、もしくは今後その記録水準を達成できる選手にはマラソンで4戦目以内にサブ2:09の可能性があるといえる。

ただ、大迫クラスの選手となると別格である。マラソン選手として、陸上選手として突き抜けられるかどうかは、大迫自身がレース後に話したように、「世界トップクラスの選手が行っている練習内容に興味を持って、それをいかにして自分のなかに落とし込めるかどうか」というところにヒントがあるだろう。

 

レッツラン記事

http://www.letsrun.com/news/2018/10/sir-mo-farah-wins-chicago-marathon-20511-galen-rupp-5th-suguru-osako-breaks-japanese-record/

http://www.letsrun.com/news/2018/10/suguru-osako-breaks-japanese-record-marathon-gets-100-million-yen-879000-payday-beats-galen-rupp/

関連記事

2018シカゴマラソン男子展望:ラップvs.ファラー、そして昨年の世界王者ジョフリー・キルイ。大迫は今年2人目の男子マラソン日本記録更新者となれるか

シカゴマラソン記者会見:因縁の対決ではないゲーレン・ラップとモー・ファラーの直接対決

シカゴマラソンで直接対決へ:かつての練習パートナー 、モー・ファラーとゲーレン・ラップの歴史を振り返る

世界のメジャーマラソン13撰(WMM6大会 + 7大会)

 

〈 TOP 〉

広告

2018シカゴマラソン:モー・ファラーが2:05:11の欧州新記録でWMM初制覇 – 大迫傑が2:05:50のアジア新記録・日本新記録で3位に入り1億円獲得」への3件のフィードバック

  1. ピンバック: シカゴマラソン記者会見:因縁の対決ではないゲーレン・ラップとモー・ファラーの直接対決 – LetsRun.com Japan

  2. ピンバック: 2018シカゴマラソン男子展望:ラップvs.ファラー、そして昨年の世界王者ジョフリー・キルイ。大迫は今年2人目の男子マラソン日本記録更新者となれるか – LetsRun.com Japan

  3. ピンバック: シカゴマラソンで直接対決へ:かつての練習パートナー 、モー・ファラーとゲーレン・ラップの歴史を振り返る – LetsRun.com Japan

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中