プロ陸上選手の年俸:彼らはどれぐらい稼いでいるか?陸上界の謎を解く – その1

***

Embed from Getty Images

あるデータを発表する前にもう1つ。代理人達はプロ陸上選手が稼ぐお金を知るのに、普通の陸上ファンよりは良いポジションにいることは確かだが、次回の記事【プロ陸上選手の年俸:彼らはどれぐらい稼いでいるか?陸上界の謎を解く – その2】で公開する“プロ陸上選手の年俸予想”の金額はすべて推測額であり、その幅も大きい。

そのことからできるだけ多くの代理人に調査を依頼した。彼らから多くの回答を得れば得るほど、選手が稼ぐ金額についてより良い考えを得ることができ、その正確性が増すからである。しかし、実際に交渉してみて、その契約書にサインした者のみが、選手の金額的価値については知っているのは明らかである。そのようなことから、代理人からの回答にも幅がかなりある。

例えば、ロンドン世界選手権女子3000mSC金メダリストのエマ・コバーンのニューバランスとの1年間の契約金について、ある代理人は17.5万ドルと推測したが、その3倍以上の50万ドルと推測した代理人もいた。我々のこの調査に参加しなかったある代理人は、その理由を以下のように説明した。

「この調査について反対しているわけではないが、この調査がもたらすであろう正確性や影響について懸念している。このスポーツの世界には代理人も含め、知っているようで実は知らない人たちが結構多くいる。正確な結果でないと、正直者の選手や代理人について問題が生じる可能性もある。そして嘘をついて間違ったデマを流す人に有利に働いてしまうかもしれない」

「陸上選手の稼ぎについての知識不足が、このスポーツの人気に対して良い影響を与えていないことには同意している。この調査が新たな噂を生み、問題をさらに悪くさせているかどうかは私にはわからない。正直言って、この調査の手助けになるほど、このテーマについて熟知している代理人は世界で “ 7人以上 ”もいるとは思っていない」

「他の問題としては、※ スポーツメーカーも間違ったデマを流しているということである。あるスポーツメーカーがある選手とプロ契約しなければ、それはつまり、他のスポーツメーカーが“馬鹿げた投資”(選手の市場価値以上の金額を提示する)をしたことを意味し、そのスポーツメーカーからみて結果的に“高い買い物”となってしまう…」

(※ 選手の市場価値よりも金額を吊り上げてデマを流している関係者が存在するということを示唆している)

「あるスポーツメーカーの従業員から私が聞いた金額では、私が試算できる選手の市場価値よりも倍以上の金額を提示するということらしい。さらには、代理人たちがその金額についてまんまと信じていて、それをあたかも本来の市場価値かのように話している様子をロビーで目撃したことがある」

「その契約内容に“何を含めるか”、というのも1つのポイントである。ある契約で提示する金額はすごく低いが、(インセンティブやボーナスの内容など)補償が充実しているパターン。一方では、契約で提示する金額がすごく跳ね上がっているが、(世界大会などで)メダルを獲得できなかった際、なかには金メダルが獲得できなかった際に、その金額から大きく減額される、という内容の契約もある」

 

【プロ陸上選手の年俸:彼らはどれぐらい稼いでいるか?陸上界の謎を解く – その2】に続く。

 

レッツラン記事

http://www.letsrun.com/news/2018/08/much-pro-track-make-guesses-reveal-answers-next-week/

関連記事

プロ陸上選手の年俸:彼らはどれぐらい稼いでいるか?陸上界の謎を解く – その2

ページ【◀︎】【】【

〈 TOP 〉

広告

プロ陸上選手の年俸:彼らはどれぐらい稼いでいるか?陸上界の謎を解く – その1」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: プロ陸上選手の年俸:彼らはどれぐらい稼いでいるか?陸上界の謎を解く – その2 – LetsRun.com Japan

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中