プロ陸上選手の年俸:彼らはどれぐらい稼いでいるか?陸上界の謎を解く – その1

プロ陸上選手と他のスポーツのプロ選手との1番大きな違いの1つは、“金銭”に関することである。プロ陸上選手よりも、プロフットボール(アメフトとサッカーの両方)の選手のほうが潤沢な資金があることは誰でもわかるだろう。しかし、正確にはいくらあるのか?

Spotrac.comというウェブサイトがNFL、MLB、NBA、そしてNHLの全チームの登録選手の給料を一覧表にして掲載した。NBAのMVP選手、ジェームス・ハーデンが2018 – 2019年シーズン中にいくら稼いだかを知りたければ、ヒューストンロケッツのページをクリックすればすぐに見つけることができる。答えは3042万1854ドルである。

Spotrac.comには陸上競技のページがない。それもそのはず、NFLやNBAの方が陸上よりも人気のあるスポーツであるだけではなく、各チームはサラリーキャップ(年俸総額の上限)内で金額を調整しているので、年俸は非常に重要な情報なのである。しかし仮に陸上競技のページがあったとしても、そこに掲載できることはそこまで多くないだろう。考えてみて欲しい。陸上系のブランドや選手が契約内容を公開したことが、これまで何度あっただろうか?

andre-de-grasse-puma-400x374
“ボルト2世”の呼び声高いアンドレ・ドグラス(カナダ)は2015年にプーマと複数年の大型契約を結び、翌年のリオ五輪の200mでは銀メダルを獲得した

2015年にアンドレ・ドグラスがプーマと契約した際、トロントスター紙が契約金を総額で1125万ドルの価値があると報じた。しかし、それでもその詳細は曖昧だった。記事によると、保証金は400万ドルであるが、※1 減額の可能性については言及しておらず、※2 ボーナスを入れて契約は3000万ドルの価値があると書いてあった。

(※1)故障でシーズンを棒にふる…etc

(※2)世界記録を更新する…etc

また、もう1つの詳細も抜けていた。※3 契約期間である。おそらく、もっとも語られている話はドグラス本人から語られたものである。彼はプロ陸上選手として稼げるお金を知ってから、所属していたUSC(南カリフォルニア大学)を去ると決め、早い段階でプロ転向を決めた。

(※3)プロ野球でいう☆年★億円の“☆”の部分

「お金のことを知る前は、USCに残ってNCAA(アメリカの大学陸上界)で競技する方が価値あることだと考えていた。しかし今は、いくら自分が稼げるかがわかって、NCAAでも多くの実績を残しきたので、プロ選手に転向するのにはちょうどいい時期だと考えたんだ」

ドグラスはスター紙にこう話した。

このトロントスター紙の記事に関して注目に値するのは、その詳細が欠けていたことではなく、契約の大まかな内容を含んでいたことにある。プロ陸上選手の契約発表の推定金額が記事として世に出ることが、そもそもレアなケースだからである。2013年のウサイン・ボルトとプーマとの契約で、プーマが彼に1000万ドル支払ったとCNBCが報道した。しかし、一般的には陸上競技においてのプロ契約に関する詳細が出るのはごく稀なことである。

そもそも、選手が契約をスポーツメーカーとしているかどうかさえ知るのも、難しいことがある。今年の序盤、マシュー・セントロウィッツについて記事を書いていた時には、セントロウィッツのナイキとの契約が2017年シーズンで切れる(= 契約更新の時期)ということを確認するために、彼の代理人であるリッキー・シムズに質問をしたことがあった。シムズは「一般的にはこのようなことは公表しないので」ということで、回答を辞退したのである。

プロ陸上選手の契約に関する洞察は2016年にあった。レッツランがアメリカの800m選手ボリス・ベリアンのニューバランスとの契約内容を公表した時である。この契約は、スポンサーシップ権に関してナイキがベリアンを訴えなかったら、このニューバランスとの契約が公になることはなかっただろう。この出来事から我々が学んだ1番のことは、プロ陸上選手でさえも、※ 他のプロ陸上選手がいくら稼いでいるかどうかを知らないということだ

(※ つまり、プロ野球のようにデータベースで“可視化”されていないということである)。

ベリアンと同じくアメリカの元ナイキのプロ選手だった)※1 カラ・ガウチャーは、ベリアンの契約を「1年で3.5万ドル 〜 4万ドルの価値があるだろう」と推測した。ベリアンと同じく元ナイキのプロの800m選手だった※2 ニック・シモンズ7.5万ドルと推定した。このベリアンの契約の実際の年俸とは?それは※3 “12.5万ドル”である。

(※1)カラ・ガウチャー:2007年大阪世界選手権の女子10000m銀メダリスト

(※2)ニック・シモンズ:2013年モスクワ世界選手権の男子800m銀メダリスト

(※3)実際のニューバランスの契約書 →PDF 765KB

レッツランの根本的な目標は、陸上競技の知識を広めることにある。選手のプロ契約に関して、陸上というスポーツの財政状況の現実について公にすることは、※ 選手にとってもファンにとっても大切なことであると感じている。

(※ これからプロ陸上選手として成功したいと願っている未来のスター候補の若者にとっても)

そこで我々は、プロ契約の詳細について交渉を取りまとめる人々のところへ辿り着いた。つまり、陸上競技の代理人である。8月初旬、レッツランは何人かの陸上競技の代理人に連絡をとり、39人のプロ陸上選手の2018年の年俸の調査、さらに2018年ボストンマラソンの招待選手のアピアランスフィー(出場招待料)のついてのアンケートへの協力を依頼した。アンケートへの回答を拒否する代理人もいたが、5人の代理人からアンケートへの回答を得た。

2人の長距離オリンピックメダリストの年俸の比較

我々は極めて詳細な数字に辿り着いた。プロ陸上選手の年俸について、ある特定の例から始めてみる。2人の長距離選手を考えよう。

選手Aは現在27歳。

彼は2016年リオオリンピックの銀メダリストである。2017年には世界屈指のマラソンを大会新で優勝。そして2018年には同じレースでそれよりもさらに良い記録で走った。2017年ロンドン世界選手権でも銀メダルと獲得した。彼の自己最高記録は、それぞれ10000m26:57 /ハーフ59:37 / マラソン2:04:06(2017年に2:04:11でも走っている)。

選手Bは現在32歳。

彼は2016年リオオリンピックの銅メダリストであり、2012年ロンドンオリンピックの銀メダリストでもある。2017年のワールドマラソンメジャーズのマラソンで優勝。ちなみに世界選手権ではメダルは獲得していない。彼の自己最高記録はそれぞれ、10000m26:44 / ハーフ59:47(非公認) / マラソン2:06:07。

選手Aと選手Bは、彼らのキャリアの中で3回、同じレースを走っている。

1回目は2016年のリオオリンピック。選手Aが選手Bに2秒差で競り勝った。2回目は2017年のハーフマラソンで、選手Aが選手Bを2:22差で圧倒した。3回目のレースは2人とも途中棄権した。

回答をもらった代理人による、この2人の選手のシューズメーカーによるプロ契約の1年間の推測額は、

選手A:  9万3750ドル
選手B:75万8333ドル

どうしてこうなるのか?

選手Aはエチオピアのタミラト・トラ。選手Bはアメリカのゲーレン・ラップである。

Embed from Getty Images

この、“プロ陸上選手の年俸予想”のプロジェクトをやりたかった理由の1つに、陸上競技での財政面での現実をランニングコミュニティーに伝えたかった、という理由がある。そして、その現実の1つが、その選手がどこの出身かということが大きく関係しているということである(そして、世界中のファンがそもそもその選手を知っているかどうか)。

そう、ラップは世界でも優れたマラソン選手であるが、それに関してはトラも同様である。ラップはSNS(Twitter、Instagram、Facebookなど)を全くやっておらず、自身について滅多にシェアすることはないのにも関わらず、代理人達はラップの年間契約料の推測額はトラの推測額よりも8倍以上の価値があると予想したのである。

実際には、ラップは我々がアンケート調査で設定した25人の長距離選手の中で、1番高額な年間契約料を受け取っているだろう、という結果が出た。エリウド・キプチョゲは、間違いなくラップよりも速く優れたマラソン選手である。いや、キプチョゲは歴史上もっとも優れた選手である。エリウドのトラックでの記録や、これまで獲得したメダルの数はラップよりも良い。

しかし、キプチョゲはケニア出身である一方、ラップはここ10年間もアメリカを代表する長距離選手である。その結果として代理人達は、ナイキはキプチョゲよりも毎年20万ドル以上多くラップに支払らわれているのではないか、と推測したのだ。

(※ この調査はキプチョゲのマラソン世界記録更新前に行われた)

同じように、リオオリンピック1500m金メダリストのマシュー・セントロウィッツも、2018年世界最高の1500m選手ティモシー・チェリヨットよりも年間で10倍の金額を得ていると推測した。ちなみにセントロウィッツは、過去4度のレースでチェリヨットに勝ったことがない。

***

Embed from Getty Images

あるデータを発表する前にもう1つ。代理人達はプロ陸上選手が稼ぐお金を知るのに、普通の陸上ファンよりは良いポジションにいることは確かだが、次回の記事【プロ陸上選手の年俸:彼らはどれぐらい稼いでいるか?陸上界の謎を解く – その2】で公開する“プロ陸上選手の年俸予想”の金額はすべて推測額であり、その幅も大きい。

そのことからできるだけ多くの代理人に調査を依頼した。彼らから多くの回答を得れば得るほど、選手が稼ぐ金額についてより良い考えを得ることができ、その正確性が増すからである。しかし、実際に交渉してみて、その契約書にサインした者のみが、選手の金額的価値については知っているのは明らかである。そのようなことから、代理人からの回答にも幅がかなりある。

例えば、ロンドン世界選手権女子3000mSC金メダリストのエマ・コバーンのニューバランスとの1年間の契約金について、ある代理人は17.5万ドルと推測したが、その3倍以上の50万ドルと推測した代理人もいた。我々のこの調査に参加しなかったある代理人は、その理由を以下のように説明した。

「この調査について反対しているわけではないが、この調査がもたらすであろう正確性や影響について懸念している。このスポーツの世界には代理人も含め、知っているようで実は知らない人たちが結構多くいる。正確な結果でないと、正直者の選手や代理人について問題が生じる可能性もある。そして嘘をついて間違ったデマを流す人に有利に働いてしまうかもしれない」

「陸上選手の稼ぎについての知識不足が、このスポーツの人気に対して良い影響を与えていないことには同意している。この調査が新たな噂を生み、問題をさらに悪くさせているかどうかは私にはわからない。正直言って、この調査の手助けになるほど、このテーマについて熟知している代理人は世界で “ 7人以上 ”もいるとは思っていない」

「他の問題としては、※ スポーツメーカーも間違ったデマを流しているということである。あるスポーツメーカーがある選手とプロ契約しなければ、それはつまり、他のスポーツメーカーが“馬鹿げた投資”(選手の市場価値以上の金額を提示する)をしたことを意味し、そのスポーツメーカーからみて結果的に“高い買い物”となってしまう…」

(※ 選手の市場価値よりも金額を吊り上げてデマを流している関係者が存在するということを示唆している)

「あるスポーツメーカーの従業員から私が聞いた金額では、私が試算できる選手の市場価値よりも倍以上の金額を提示するということらしい。さらには、代理人たちがその金額についてまんまと信じていて、それをあたかも本来の市場価値かのように話している様子をロビーで目撃したことがある」

「その契約内容に“何を含めるか”、というのも1つのポイントである。ある契約で提示する金額はすごく低いが、(インセンティブやボーナスの内容など)補償が充実しているパターン。一方では、契約で提示する金額がすごく跳ね上がっているが、(世界大会などで)メダルを獲得できなかった際、なかには金メダルが獲得できなかった際に、その金額から大きく減額される、という内容の契約もある」

 

【プロ陸上選手の年俸:彼らはどれぐらい稼いでいるか?陸上界の謎を解く – その2】に続く。

 

レッツラン記事

http://www.letsrun.com/news/2018/08/much-pro-track-make-guesses-reveal-answers-next-week/

関連記事

プロ陸上選手の年俸:彼らはどれぐらい稼いでいるか?陸上界の謎を解く – その2

 

〈 TOP 〉

広告

プロ陸上選手の年俸:彼らはどれぐらい稼いでいるか?陸上界の謎を解く – その1」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: プロ陸上選手の年俸:彼らはどれぐらい稼いでいるか?陸上界の謎を解く – その2 – LetsRun.com Japan

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中