“史上最強”から“史上最速”に到達 – 2:01:39 – エリウド・キプチョゲが世界新記録でベルリンマラソン2連覇

“史上最高のマラソン選手が、マラソンで史上最高のパフォーマンスを魅せた”。

エリウド・キプチョゲのマラソンにおけるキャリアで何年もの間欠けていたもの、それは世界記録だった。しかし、それも今や過去の話。2018年BMWベルリンマラソンでの圧倒的な走りで、キプチョゲは2:01:39という人類初、今まで誰も成し遂げたことのないマラソン2:02の壁を破り、マラソンという競技を新たな次元へと引き上げてくれた。4年前にデニス・キメットが出したこれまでの世界記録から78秒も記録を縮めた。

Embed from Getty Images

これまで見てきたどんなマラソンレースと比べても、比にならないほどの素晴らしいレースだった。いや、他のレースと比べること自体が間違っているのかもしれない。他の競技でこのすごさを例えると、NBAが誇る伝説のバスケットボール選手ウィルト・チェンバレンの1試合100得点や、※ウサイン・ボルトの100mでの世界記録更新と同じぐらいの快挙である。

(※ ボルトの100m:9.58の世界記録も2009年の世界選手権 = 今回と同じ場所 = ベルリンで記録された)

今回のレースでの前半61:06、後半60:33というキプチョゲのラップタイムはまるで漫画の話のようであるが、これは現実に起こったことである。

1967年にデレク・クレイトン(オーストラリア)が当時の男子マラソンの世界最高記録を※ 2:12:00から2:09:36に縮めた。1969年にクレイトンが自らの世界最高記録2:09:36を2:08:34に縮めて以来、男子マラソンのレースで世界最高記録(2004年以降から“世界新記録”と表記可能になった)が1分以上更新されたことは、これまでなかった。

(※ 1967年の福岡国際マラソンでそれまで重松森雄が持っていた世界最高記録を2分23秒6も更新する、2:09:36の世界最高記録を樹立した = 世界初のマラソンサブテン)

キプチョゲの“唯一無二”の成功

キプチョゲの記録はこれまでのマラソン界において大きな進歩である一方、33歳のこのケニア人選手は、ここ何年もの間、他の選手と比べて彼だけが“別次元”を維持し続けていた。今回の優勝は(Breaking2を除いて)彼の11回のマラソンのうち10回目の優勝となった(これは9連勝でもある)。現代のマラソン界において“唯一無二”の成功を成し遂げたのである。これまでも、キプチョゲがいつかキメットの2:02:57という世界記録を更新できるということは明白だったが、世界記録更新の条件が揃うことはこの日まではなかった

キプチョゲの過去2回のベルリンマラソンが、その事実を証明している。2015年、キプチョゲはシューズのインソールが外側に飛び出たままレースの大半を走って2:04:00の記録で優勝。2017年、雨が降って路面が滑りやすい状況で2:03:32で2度目の優勝。

そして、今年のベルリンマラソン。良い記録を出すための絶好のコンディションだった。気温はスタート時で約14℃、キプチョゲのフィニッシュ時は約18℃。風も少し吹いていたが時より涼しく感じる程度。世界記録が出るための最適な好条件をキプチョゲは最大限に利用したのである。

キプチョゲの後ろは、ケニアのアモス・キプルト(自己記録2:05:43、2017年ソウルマラソン優勝)が2:06:23で2位に入り、元世界記録保持者のウィルソン・キプサングは2:06:48で3位だった。日本の中村匠吾が2:08:16で走り、非アフリカ勢としては最高順位の4位に入った。ハーフマラソン世界記録保持者のゼルセナイ・タデッセ(エリトリア)が公認大会で初めてのサブテンを達成し、2:08:46の5位だった。

レース展開

レース前のプランは、3人のペーサー(サミー・キトワラ、バーナード・キプケモイ、ジョスファット・ボイト)が2:02:00ペース(ハーフ61:00)でキプチョゲを先導するプラン。第2グループはウィルソン・キプサングなどを2:03:00ペース(ハーフ61:30)で先導する、というものだった。

今年のロンドンマラソンと違って、このトップ集団2つのペースグループが混ざることはなく(ロンドンでは一緒になってしまった)、終始グループごとに離れてのレースとなった。1マイルもいかないうちにキプチョゲのグループが抜け出し、レースの序盤から独走体制を築いた。

199A6057 2 2
©︎2018 Sushiman Photography  キプチョゲ“専用”ペーサーとともに序盤から独走(写真:5.5km地点)

最初の1kmを2:43で入ったおかげで、5kmを※ 14:24で通過。キプサングや2:05台の記録を持つアモス・キプルトアベラ・クマに9秒の差をつける。キプチョゲは5 〜 10kmと10 〜 15kmの5kmをどちらも14:37で走り、世界記録ペースへの貯金を少し減らした。15kmからは、力強くリラックスした状態で走るキプチョゲではなく、ペーサーに大きな問題が起こった。

(※ 従来の世界記録の2:02:57は 2:54.8 / km = 5km14:34)

レース序盤から、キプチョゲはペーサーの後ろで風除けのためにペーサーのフォーメーションを絶えずチェックしていた。しかし、すぐに問題は起こった。自己記録でハーフ58:48とマラソン2:04:28を持つキトワラが、当初のプランではキプチョゲを30kmまで引っ張り、3人のなかでは最後まで(30kmまで)残るペーサーの予定だったが、30kmの半分も保つことができずに15km手前で突然抜けてしまったのだ。

15kmを過ぎてからは、今年ハーフで59:19の自己新を出したボイトを置いて、キプチョゲキプケモイと2人だけで走った。結局、キプケモイキプチョゲと1番長く一緒に走った唯一のペーサーとなった。キトワラキプケモイが抜けたことにより、何か有利なことがあったとするならば、キプチョゲが何も気にせず自由に走れるなったことだろう。15 〜 20kmの14:18は、今回のレース中で1番速かった。

その後61:06で中間点を通過した。これは4月のロンドンマラソンのキプチョゲの中間点の通過記録より6秒遅かったが、マラソンにおいては史上2番目に速い通過記録だった。20 〜 25kmを14:28で通過、とうとうボイトはこのペースについていけなくなってしまっていた。残り10マイル以上(16km以上)残しながら、キプチョゲは1人で“正真正銘”の独走体制を築いた。彼の唯一の対戦相手であり彼の前方を走る先導車は、キプチョゲのタイムを刻一刻と刻んでいた。

「残念ではあった」

ぺーサーによるペース作りの難しさについて、キプチョゲはこう話した。

「でも、ベルリンに向けて準備は整っていると自分を信じていた。自分でレースを進めなければならなかった」

ペーサーがいない状態で走るという恐怖を、キプチョゲはすぐに払拭した。25 〜 30kmを14:21で走り、ついに彼は未知の領域へと足を踏み入れた。30km通過を※ 1:26:45という速さで走った選手はこれまで誰もいない。

(※ Breaking2 を除く)

驚いたことに、キプチョゲはそこからさらにスピードを上げていた。30km地点でちょうど2:02:00ペースになっていた。キプチョゲの表情が時より歪んでいたものの、彼の脚は信じられないスピードでラップを刻んでいった。35kmの通過記録が出ると(1:41:03、30 〜 35kmが14:18)、キプチョゲは2:02を切るペース(2:01:49)になっていた。35 〜 40kmを14:30と僅かにペースを落とした(しかし、世界記録ペースは上回っており、2:02:00より少しだけ遅いペース。2:02:00ペースは14:27)。

その時点で世界記録は、ほぼキプチョゲのものになっていた。しかし、2:02を切れるかどうかは微妙なところだった。しかし、キプチョゲはおそらく、この後どんなペースで走ろうとも“世界記録をここで残せる”とわかっていたのだろう。そして、ラストスパートをかけた。

199A6428 2
©︎2018 Sushiman Photography  ラスト2.195kmを6:07でカバー(写真:40.5km地点)

キプチョゲは40kmからゴールまでの最後の2.195kmを6:07(2:47.2 / km=マラソン1:57:34ペース)で走った。集まった観客に敬意を表し、フィニッシュライン手前で胸を2回叩いた。歓喜とともに手を叩き、待ち構えていたキプチョゲのコーチであるパトリック・サングに駆け寄った。普段真面目なキプチョゲにとっては珍しい、しかし当然ともいえる、純粋な歓喜を表現した瞬間だった。

eliud-kipchoge-20139-nn-racing-free-of-rights-316x400

サングと抱き合った後、キプチョゲはフィニッシュラインにひざまずき、祈りを捧げていた。その後、写真撮影があり、すぐにコースに戻り集まったファンとともに喜びを分かち合った。観客達もこの最高のチャンピオンの勝利を喜び、抱擁や握手、ハイタッチをした。その様子を流していたテレビの右下にうつる記録を見てハッとした。

2:03:20。キプチョゲがゴールした後これだけ時間が流れてもまだ2:03:20。6年前なら世界記録であった記録である。
しかし、それはエリウド・キプチョゲがマラソンを走る前の話。今や、彼は史上最高かつ史上最速のマラソンを走ったのである。

この記録は長い間破られないであろう(キプチョゲ自身が更新するまでは)

キメットの世界記録2:02:57は4年間破られなかったが、それでもいつかは破られるだろうと思われていた。その記録は2014年9月に樹立された記録であるが、キプチョゲ、キプサング、ケネニサ・ベケレ、エマニュエル・ムタイ、この4人が2時間03分台前半(これらの記録は16秒以内)でひしめき合っていた。

今回の2:01:39に近い記録で走った選手はこれまで誰もいない。唯一サブ2:03で走ったキメットでさえも、78秒も差をつけられているのである。キプチョゲがマラソンでの優位性を飛躍的に高めたことは、長距離界において彼が史上最高の選手である、という証明になっている。そして、それを裏付ける自己新記録 = 世界新記録を彼は遂に手に入れた。

容易く述べられることではないが、キプチョゲはマラソン界におけるウサイン・ボルトである。ボルトのように、長い間王者として君臨している。ボルトの100mと200mの世界記録は9年間破られておらず、この後10年は破られないであろう。100mで9.5秒で走れる可能性のある選手が、まだ現れていない。キプチョゲの2:01:39も同様のことがいえるだろう。並外れたアスリートが出した、信じられない記録である。

この記録でもう1つ触れておかなければならないのは、今回のコンディションがマラソンを走るには最適な状態であったということである。キプチョゲのこれまでのキャリアが示すように、マラソンにおいてのグラウンドコンディションは記録に大きな影響を与える。

良い記録を出すには、キプチョゲのような卓越した才能のある選手と、最高のコンディションが必要である。この2つが近いうちに揃う可能性は概ね少ない。男子1500mの世界記録は20年前のものである。男子5000mの世界記録は14年前、男子10000mの世界記録は13年前の記録である。キプチョゲの今回の世界記録が、それぐらい長い間破られることがなかったとしても、それは驚くことではないのである。

キプチョゲは1マイルあたり3秒ずつ記録を縮めた

Embed from Getty Images

キプチョゲの走りは素晴らしすぎて、正当な評価をすることさえ難しいが、称賛、栄誉に値することは間違いない。世界記録が速くなればなるほど、それを破るのは難しくなる。それを破れる選手も少なくなる。しかし、エリウド・キプチョゲは世界記録を更新した。しかも、ラスト10マイル(16km)を正真正銘の独走で。

今日まで、マラソンにおける中間点の通過最速記録は61:00だった。前半の5kmが下り勾配のロンドンマラソンで今年記録された中間点の通過記録である。その記録(最初の5kmが13:48とい通過記録も)は、あまりにも速すぎたので、キプチョゲを含めた選手を世界記録から遠ざけた。キプチョゲのその時の優勝記録は“たった”2:04:17だった。

しかし今回、キプチョゲは前半を61:06で走り、マラソンにおける中間点での通過記録で史上2番目に速い記録で走った。それでも、この速さは彼にとって速すぎることもなく、そこからネガティブスプリットで走るにはちょうど良いペースだった。キプチョゲは後半を※ 60:33という驚異的な速さで走ったのである。

(※ 参考までに:ハーフの日本歴代4位は60:32)

デニス・キメットが世界記録を出した際の後半は61:12。これはそれまでのマラソンでの後半の最速記録であった(前半は61:45だった)。キプチョゲの今回のペースは、前半も後半もキメットの記録よりもどちらも39秒速かったのである。とても信じられない。マラソンの記録更新はぜいぜい数秒だといわれてきたこの時代において、キプチョゲは1マイルあたり※ 3秒ほど記録を縮めたことになる。

(※ キメットの記録より1kmあたり1.85秒ほど速いペースだった)

キプチョゲの“全盛期”は長く続いている

マラソン選手が2、3年の間トップクラスでい続けることはとても珍しい。メブ・ケフレジギのような選手は長い間トップレベルで素晴らしいキャリアを残してきたが、そのようなキャリアも次第に陰りをみせていくのが通常である(コンスタントに成績を残し続けるのは容易でない)。キメットサムエル・ワンジルジョフリー・ムタイのように1年か2年は輝かしい成績を残すも、消えていってしまった選手をこれまでたくさんみてきた。

199A6065 2
©︎2018 Sushiman Photography

しかし、エリウド・キプチョゲはマラソン選手としてこの6年間、時が経つにつれて進化を遂げている。もし彼の“全盛期”がその他大勢のマラソン選手と同じようであれば、彼が今回世界記録に挑戦することはなかったであろう。つまりは、何年も前に選手生命を終えていただろう。しかし、キプチョゲパトリック・サングはそのモチベーションを持続していき、良いトレーニングを継続していく道を見つけたのだろう。これはキプチョゲにとってBreaking2を含めば12回目のマラソンであり、これまでのどのレースよりも速い記録で走った。今後、彼の活躍はいつまで続くのだろうか。

エリウド・キプチョゲの次なる目標となるのは何だろうか?

今回の時点で、“史上最強かつ史上最速”を手に入れたキプチョゲに対して妥当性のある議論はない。彼は世界記録を更新(しかも大幅に)、リオオリンピック金メダル、そしてマラソンで11戦10勝(この9レースで9連勝)。キプチョゲは公式にはまだ33歳で、なおかつ彼は走ることを好んでいるので、今後すぐに引退することはないだろう。それでは、彼はマラソンで他に何ができるだろうか?

彼がまだ達成できることとして、以下の3つがある。

① (マラソンでの)2度目のオリンピック金メダル獲得

アベベ・ビキラ(エチオピア、マラソンで1960年、1964年オリンピック連覇)と※ ワルデマール・チェルピンスキー(東ドイツ、マラソンで1976年、1980年オリンピック連覇)だけが、オリンピックの男子マラソンで2回のマラソン金メダルを獲得したことがある。 キプチョゲは2020年の東京オリンピックで優勝を狙うことができる。

(※ チェルピンスキーは東ドイツの共産主義の体制により“ドーピングをしていること”が明らかであった。しかし未だにメダル剥奪とはなっていない。そのようなことを考慮すると、現実的には1972年のオリンピックで金メダルを獲得し、オリンピック連覇を狙い1976年のオリンピックでチェルピンスキーに敗れて銀メダルに終わったフランク・ショーターがこのリストに名を連ねるのにふさわしい)

② マラソンの史上最強は誰か?の議論で圧倒的優位の地位を継続していくこと

キプチョゲの今後のさらなる記録の向上を望む人もいる。彼はオリンピックで優勝しているが、ボストンマラソンやニューヨークシティマラソンを走ったことがない。彼はマラソンの歴史において“史上最強かつ史上最速”を手に入れたので、それらのレースに出る必要性がないが、今回キプチョゲが達成したことは他のレースでは達成することが困難である(ボストンは非公認、ニューヨークは急坂がある)。

③ マラソン以外の長距離種目を含めて“史上最強の長距離選手”となれるか?

これは最も興味深いものである。 近代では長年にわたって“史上最強の長距離選手”は誰か?という議論ではケネニサ・ベケレハイレ・ゲブレセラシエの2人を中心としてその議論が展開されている。しかし、キプチョゲがトラックではなく(トラックでも金メダルを獲得しているが)マラソンにおいてこれまで多くの偉業を達成しており、この議論で重要な立ち位置となってきている。つまり、トラックではベケレゲブレセラシエに分があるが、マラソンにおいてはキプチョゲに分がある。

キプチョゲが今後マラソンで優勝し続けるならば、ある時点で、キプチョゲがマラソンで達成してきたことが評価されて、“史上最強の長距離選手”となり得る可能性がある。

キメットとキプチョゲのラップを比較

2014年ベルリンでの2:02:57と、今回の記録との比較でいえば、キプチョゲ はすべての地点で高速ペースを維持しているが、キメットは30 〜 35kmを14:10でカバーしている。

【ベルリンマラソン男子:上位25位】
1 エリウド・キプチョゲ(ケニア)2:01:39(世界新記録)
2 アモス・キプルト(ケニア)2:06:23
3 ウィルソン・キプサング(ケニア)2:06:48
4 中村匠吾(日本)2:08:16
5 ゼルセナイ・タデッセ(エリトリア)2:08:46
6 佐藤悠基(日本)2:09:18
7 Tsegay, Okubay (ERI) 02:09:56
8 上門大佑(日本)2:11:07
9 Canchanya, Wily (PER) 02:12:57
10 van Nunen, Bart (NED) 02:13:09
11 Da Silva, Wellington (BRA) 02:13:43
12 Da Silva Noronha, Vagner (BRA) 02:14:57
13 Cabada, Fernando (USA) 02:15:00
14 van Peborgh, Nick (BEL) 02:15:04
15 De Bock, Thomas (BEL) 02:15:19
16 村山謙太(日本)2:15:37
17 Martin, Brendan (USA) 02:16:26
18 Hicks, Malcolm (NZL) 02:16:28
19 Spence, Julian (AUS) 02:16:39
20 Martelletti, Paul (NZL) 02:17:29
21 Orta, Luis Alberto (VEN) 02:17:48
22 O’Hanlon, Gary (IRL) 02:19:06
23 Devos, Gerd (BEL) 02:19:14
24 Wuve, Berihun (ISR) 02:19:45
25 Threlfall, Brady (AUS) 02:19:53

 

レッツラン記事

http://www.letsrun.com/news/2018/09/greatest-ever-20139-eliud-kipchoge-crushes-world-record-win-2018-berlin-marathon/

関連記事

エリウド・キプチョゲのマラソン世界新記録樹立を影で支えた人物:ガッツポーズを決めるドイツ人の“給水マン”に話を聞いた

数字で見るエリウド・キプチョゲの快挙、偉大なるグラディス・チェロノ、長距離に転向するシファン・ハッサン

2:01:39の記録が持つ意味:ベルリンマラソンでの快挙によってエリウド・キプチョゲが男子マラソンにおいての“世界記録追求の時代”に終止符を打った

エリウド・キプチョゲが世界記録を狙って再びベルリンへ:カギとなるのは気象条件とライバルの動向

 

〈 TOP 〉

広告

“史上最強”から“史上最速”に到達 – 2:01:39 – エリウド・キプチョゲが世界新記録でベルリンマラソン2連覇」への6件のフィードバック

  1. ピンバック: エリウド・キプチョゲのマラソン世界新記録樹立を影で支えた人物:ガッツポーズを決めるドイツ人の“給水マン”に話を聞いた – LetsRun.com Japan

  2. ピンバック: 数字で見るエリウド・キプチョゲの快挙、偉大なるグラディス・チェロノ、長距離に転向するシファン・ハッサン – LetsRun.com Japan

  3. ピンバック: 2:01:39の記録が持つ意味:ベルリンマラソンでの快挙によってエリウド・キプチョゲが男子マラソンにおいての“世界記録追求の時代”に終止符を打った – LetsRun.com Japan

  4. ピンバック: エリウド・キプチョゲが世界記録を狙って再びベルリンへ:カギとなるのは気象条件とライバルの動向 – LetsRun.com Japan

  5. ピンバック: ランナーの気になるニュース | ウルトラランナーへの道 ブログ

  6. ピンバック: 2018シカゴマラソン男子展望:ラップvs.ファラー、そして昨年の世界王者ジョフリー・キルイ。大迫は今年2人目の男子マラソン日本記録更新者となれるか – LetsRun.com Japan

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中