17歳のヤコブ・インゲブリクトセンが欧州選手権の男子1500mで優勝

17歳のヤコブ・インゲブリクトセンは、欧州選手権男子1500mのチャンピオンである。ポーランドのマーチン・レヴァンドウスキーが3:38.14で銀メダル、イギリスのジェイク・ワイトマンが3:38.25で銅メダルを獲得した。

彼よりも実績のある2人の兄、フィリップヘンリックとともにヤコブは700mから先頭に出ち、その後見事にそのまま逃げ切った。

(※ 800m2:01のややスローペース。ヤコブは序盤は最後方だったが、700m付近からフィリップヘンリックとともに外側からポジションを上げ、ヤコブが先頭に躍り出た)。

レース前にはインゲブリクトセン3兄弟の表彰台独占の可能性についてささやかれていたが、ヘンリックが4位で3兄弟では次点に入り、昨年のロンドン世界選手権で銅メダルを獲得したフィリップは最後の直線で失速し12位に終わった。

(※ フィリップは最後の直線で失速し、最後は諦めているようにみえる)

フィニッシュ後、ヤコブは勝利を確信しておらず、47秒間ほど微妙な表情をみせた(レヴァンドウスキーがガッツポーズをしていたこともあり)。ヤコブは勝利したのを電光掲示板で確認すると、彼は喜びをあらわにし“信じられない”と言って、ノルウェーの国旗を手にした。

彼はラスト1周で優勝のフィニッシュラインを駆け抜けるまで、兄弟たちとうまくレースをすることができなかった。次はヤコブのために明日の男子5000m決勝が行われる。これは簡単なレースの速報で、レース動画は以下である。

【レース結果】

results-1500-2018euros

ingebrigtsen-finish

 

レッツラン記事

http://www.letsrun.com/news/2018/08/17-year-old-jakob-ingebrigtsen-wins-2018-european-1500-title/

関連記事

ヤコブ・インゲブリクトセンが欧州選手権の5000mを13:17.06(欧州U20新記録)で制して1500mとの2冠を達成

 

〈 TOP 〉

広告

17歳のヤコブ・インゲブリクトセンが欧州選手権の男子1500mで優勝」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: ヤコブ・インゲブリクトセンが欧州選手権の5000mを13:17.06(欧州U20新記録)で制して1500mとの2冠を達成 – LetsRun.com Japan

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中