2020東京オリンピックまであと2年:中長距離種目の全米代表を独自予想・女子編その① (800m, 1500m, 3000mSC)

2020年東京オリンピック開催まで2年を切った。そして、東京オリンピック開催の約1か月前に、東京オリンピック全米選考会がユージン(オレゴン州)で開催される。

オリンピック全米選考会は素晴らしい大会ではあるものの、我々はこの記事でその醍醐味を少々台無しにしてしまうかもしれない。なぜなら、2020年東京オリンピック全米代表に誰が選ばれるか、ここで予想してみなさんにお伝えしてしまうからだ。

スクリーンショット 2018-08-03 9.19.36
via YouTube

LetsRun.com共同設立者のロバート・ジョンソン(以下RJ, 写真右)と、LRCスタッフでライターのジョナサン・ガルト(以下JG, 写真左)は、2020年東京オリンピックの中長距離種目においての全米代表選手を予想した(女子は後日アップする)。男子800mからマラソンまでの各種目において、代表が確実視されている選手と、+αとして代表になり得る選手を予想。もちろん、

現在と2年後の2020年では変わることも多くあるだろうし、選手たちは万全な状態で選考会に臨む必要がある。しかし、これは我々が考える東京オリンピックでアメリカ国旗を背負うであろうベストな選手たちである。2年後、我々の予想が果たして合っているかどうか、ぜひ楽しみにしていてほしい。

 

女子編その②(5000m, 10000m, マラソン)はコチラから

男子編その①(800m, 1500m, 3000mSC)はコチラから

男子編その②(5000m, 10000m, マラソン)はコチラから

女子800m

Embed from Getty Images

本命◎:アジ・ウィルソン
JGの対抗候補◯△:レイビン・ロジャーズサミー・ワトソン
RJの対抗候補◯△:レイビン・ロジャーズシアラ・ブラウン

RJ:この記事を書こうと思いついたのは、「Week That Was」を書いている時で、シアラ・ブラウンが今シーズン調子が良いと話題に挙げた時だった。“1:58.01。彼女は2020東京オリンピック全米代表確実じゃないか?”と思ったんだ。

そこでリサーチを初めて、私のこの思いは確かではなくなった。1:58.01という記録で、ブラウンは全米歴代トップ10からは外れてはいるのだが、問題は全米歴代トップ10の中に現役のプロ選手が既に3人いるといことだ。アジ・ウィルソンが1:55.61でトップ、シャリーン・リプシーが1:57.39で7位、レイビン・ロジャーズが1:57.69で9位。

さらに悪いことに、この3人の選手は全員がデレク・トンプソンの指導を受けている。ロジャーズがオレゴン大学を卒業すれば、彼女たちは一緒にトレーニングすることになるだろう。トンプソンの指導をフルに受けることにより、ロジャーズはさらに良い選手になるだろうし、チームでもナンバー2の選手になるという自信がある。

ナンバー3の選手はわからない。サミー・ワトソンよりもふさわしい選手は今のところ見当たらない。彼女は2015年U18世界選手権で優勝、2016年U20世界選手権で優勝、そして2018年は大学1年生にして全米学生選手権で優勝である。

そうは言っても、今年の夏のU20世界選手権では決勝進出ができなかったし、今年は自己記録更新をしていない(2:00.65が彼女の自己記録。2:01.46はセカンドベスト)。誰が彼女の指導をしているかわかるか?

アレイン・フランシクは※ テキサスA&M大学で800mの選手たちといい仕事をしていたが、年半ばでテキサスA&M大学を去っている。君のようにサミーを選びたいが、そこに行きつくまでには彼女はあと2.6秒も記録を縮めなければならない。サミーよりは、ブラウンの方を選ぶよ。

(※ ドナヴァン・ブレイジャーはテキサスA&M大学でパット・ヘンリーフランシクの指導を受けて、2016年の6月末、彼が1年生のときに1:43.55の全米学生記録を樹立。その後マイケル・サルニが2018年にその記録を更新した

JGブラウンは今シーズン、すごく調子が良い。でも、2020年もそのレベルで居続けることができるだろうか?去年リプシーの調子が良かったのを覚えているだろう?2018年も調子は良いが、それでも2017年程ではないし、ブラウンも同じようなケースになると感じている。最高の成績を収めた年だが、それを持続できるかどうかはわからないよ。

一方ワトソンは、ウィルソンロジャーズと同じような道を進んでいる。ウィルソンのようにワトソンはU18、U20世界選手権と連続で優勝しており、また、ロジャーズのように全米学生選手権で優勝している。将来性で見ると、最も才能ある選手を選びたい。ワトソンの才能はブラウンよりも高いと思っている。

女子800m:過去4大会の全米チームのオリンピック成績

【2004年アテネオリンピック】 = 入賞 × 1人, 準決勝進出 × 1人, 予選落ち × 1人

ジール・マイルス=クラーク:6位入賞(1:57.27)

ニコール・テーター:準決勝2組4着(1:59.50, 準決勝落ち)

ヘイゼル・クラーク:予選6組6着(2:05.67, 予選落ち)

 

【2008年北京オリンピック】 = 予選落ち × 3人

アリス・シュミット:予選2組6着(2:02.33, 予選落ち)

② ニコール・テーター:予選4組途中棄権

③ ヘイゼル・クラーク:予選5組5着(2:01.59, 予選落ち)

 

【2012年ロンドンオリンピック】 = 入賞 × 1人, 準決勝落ち × 2人

アリシア・モンタノ:5位入賞(1:57.93)

② アリス・シュミット:準決勝1組4着(2:01.63, 準決勝落ち)

ジーナ・ガール:準決勝3組8着(2:05.76, 準決勝落ち)

 

【2016年リオオリンピック】 = 入賞 × 1人, 準決勝落ち × 1人, 予選落ち × 1人

ケイト・グレイス:8位入賞(1:59.57)

② アジ・ウィルソン準決勝1組3着(1:59.75, 準決勝落ち)

クリシュナ・ウィリアムズ:予選8組6着(2:01.19 予選落ち)

 

  • 2004年アテネ:入賞 × 1人, 準決勝進出 × 1人, 予選落ち × 1人
  • 2008年北京:予選落ち × 3人
  • 2012年ロンドン:入賞 × 1人, 準決勝落ち × 2人
  • 2016年リオ:入賞 × 1人, 準決勝落ち × 1人, 予選落ち × 1人

この4大会で全米チームに特に大きな進歩はみられないが、2017年7月のモナコDLでアジ・ウィルソン1:55.61の全米新記録を更新。キャスター・セメンヤがこの種目でもし2020東京オリンピックに出られないとすると、現在の女子800mにおいては、フランシン・ニヨンサバが金メダル候補、ウィルソンが銀メダル候補となる。

【全米選手権成績】

2017年

① アジ・ウィルソン 1:57.78(2度目の優勝)
② シャリーン・リプシー 1:58.01
ブレンダ・マルティネス 1:58.46

2018年

① アジ・ウィルソン 1:58.18(2連覇, 3度目の優勝)
② レイビン・ロジャーズ 1:58.57
③ シアラ・ブラウン 1:58.65

女子1500m

Embed from Getty Images

本命◎:シェルビー・フーリハン
JGの対抗候補◯△:ジェニー・シンプソンダニ・ジョーンズ
RJの対抗候補◯△:ジェニー・シンプソンケイト・グレイス

RJ:この種目の本命選手は簡単だ。メアリー・ケインアレクサ・エフレイムソンケイトリン・テューイ。待てよ、今日はおふざけの日ではない…。

ジェニー・シンプソンも本命の選手と考えていた。彼女はまだ31歳だが、32歳だったシャノン・ローバリーは昨年、全米代表になれなかった。シンプソンはほとんど本命と言っていいだろう。3番目の選手としてケイト・グレイスを選んだ。(元800mのグレイスが)次第に1500mに適応してくると思うし、※ 日々フーリハンと一緒にトレーニングしている成果が出てくると考えている。

(※グレイスは昨年800mから1500mに転向し、さらにBTCに移籍した)

気付いていない人も多いと思うが、グレイスはロンドンDLで1マイルを走った。8位に終わったものの、4:20.70という1マイルの記録を1500mに換算すると4:01.34になる。そのレースでのアメリカの選手では誰よりも良い記録だったし、今年の全米選手権の4位の記録よりも1秒以上良い記録だ。

 

JGジェニー・シンプソンを本命に挙げなかった唯一の理由は、彼女の年齢にある。来年の2020年東京オリンピック全米選考会のころは彼女は33歳になっている。彼女はいまだとどまるところを知らないが、陸上選手は30代半ばを超えると、力がいつ衰えていってもおかしくないのである。シャノン・ローバリーは、2016年のリオオリンピック4位で、それから1ヶ月以内で5000mで全米記録を出したが、翌年の2017年は調子が悪かった。

2020年に31歳になるグレイスが代表に選ばれる可能性があることには賛成するが、コロラド大学4年(秋から)のダニ・ジョーンズに軍配をあげたい。グレイスフーリハンとの練習で経験を積んでいるが、ジョーンズシンプソンと※ 近い関係でいることで経験を積んでおり、世界屈指の選手になるには何が必要かを学び取っている。

(※ 世界選手権で金 × 1, 銀 × 2、オリンピックで銅 × 1を獲得しているシンプソンはコロラド大学の出身で、コロラド州のボルダーを拠点としている)

シンプソンのようにジョーンズが世界チャンピオンにはならないと思うが、21歳となった今年の全米選手権で4:07で走って5位に入ったことで、素晴らしい才能の片りんを見せ、昨年は全米学生室内選手権の3000mと※ DMRで2連覇をしている。

(※ DMR:ディスタンス・メドレー・リレー = 中距離リレー。1走1200m、2走400m、3走800m、4走1600m)

女子1500m:過去4大会の全米チームのオリンピック成績

【2004年アテネオリンピック】 = 準決勝進出 × 1人 ※1人だけの出場のみ

キャリー・トールソン:準決勝2組9着(4:08.55, 準決勝落ち)

 

【2008年北京オリンピック】 = 入賞 × 1人, 予選落ち × 2人

① シャノン・ローバリー:7位入賞(4:03.58)

クリスティン・ワース・トーマス:予選1組8着(4:09.70, 予選落ち)

エリン・ドノヒュー:予選2組8着(4:16.05, 予選落ち)

 

【2012年ロンドンオリンピック】 = 入賞 × 1人, 決勝進出 ×1人, 準決勝落ち × 1人

① シャノン・ローバリー:4位入賞(4:11.26)※6位 → 4位に繰り上がり

モーガン・ユーシニー:決勝途中棄権

③ ジェニー・シンプソン:準決勝2組10着(4:06.89, 準決勝落ち)

 

【2016年リオオリンピック】 = メダル × 1人(銅), 入賞 × 1人, 準決勝落ち × 1人

① ジェニー・シンプソン銅メダル(4:10.53)

② シャノン・ローバリー4位入賞(4:11.05)

③ ブレンダ・マルティネス:準決勝1組13着(4:10.41, 準決勝落ち)

 

  • 2004年アテネ:準決勝進出 × 1人
  • 2008年北京:入賞 × 1人, 予選落ち × 2人
  • 2012年ロンドン:入賞 × 1人, 決勝進出 ×1人, 準決勝落ち × 1人
  • 2016年リオ:メダル × 1人(銅), 入賞 × 1人, 準決勝落ち × 1人

アテネは1人のみの出場であったが、大会を重ねるごとに入賞争いからメダル争い常連となった。現在快進撃を続けているシェルビー・フーリハンは2018年のダイヤモンドリーグでも優勝を収めているので、2020東京オリンピックではメダル候補に挙がる。

【全米選手権成績】

2017年

① ジェニー・シンプソン 4:06.33(4連覇)
② ケイト・グレイス 4:06.95
サラ・ヴァーン 4:07.85

2018年

① シェルビー・フーリハン 4:05.48(初優勝)
② ジェニー・シンプソン 4:06.21
③ ケイト・グレイス 4:07.04

女子3000mSC

Embed from Getty Images

本命候補◎:エマ・コバーンコートニー・フレリクス
対抗候補◯△:コリーン・キグリー

RJ:3人全てを本命候補の選手とするべきではないか?コバーンフレリクス、今年7月までと、今年7月からの全米記録保持者、そして現世界チャンピオンと世界2位、この2人は明らかに本命候補の選手だ。キグリーを本命候補の選手にしなかった理由は、故障。しかし、キグリーの自己記録の9:15.97という記録は、全米歴代4位の記録(メル・ローレンスの9:32.68)より16.71秒も速い。

2度、全米学生チャンピオンになっている※ アリー・オストランダーは大好きな選手だが、3000mSCは彼女にとっては距離が短すぎる。この競技が仮に“10000mSC”であればスター選手になりうる選手はたくさんいそうだが、この競技は3000mと短い。私の意見では、オストランダーは3000mの距離で世界のトップレベルで走れるほどスピードが今のところない。彼女の1500mの自己記録は4:15だ。キグリーは4:03で走っている。

(※ アリー・オストランダーボイシ州立大学での打越雄允のチームメイト。ともに3000mSCの選手。オストランダー高校時代に室内5000mを15:21.85で走ったが、ボイシ州立大学1年時から3000mSCを始め、現在全米学生選手権で2連覇している = 1年、2年時に連覇)

JGキグリーを本命にしようかとも考えたが、彼女が2020年東京オリンピック全米代表に選ばれることについては80%ぐらいしか自信がない。オストランダーにせよ、まだ見ぬ大学生選手にせよ、キグリーが近年悩まされている故障に苦しみ続けるのであれば、彼女のレベルに近づく選手は出てくる気がする。

女子3000mSC:過去3大会の全米チームのオリンピック成績

※2008年北京オリンピックより女子3000mSCはオリンピックの正式種目として開始

【2008年北京オリンピック】 = 入賞 × 1人, 決勝進出 × 1人, 予選落ち × 1人

① ジェニー・シンプソン:8位入賞(9:22.26, 自己新, 北米新 ※当時)

アンナ・ウィラード:9位(9:25.63)

リンゼイ・アンダーソン:予選1組8着(9:36.81, 予選落ち)

 

【2012年ロンドンオリンピック】 = 入賞 × 1人, 決勝進出 × 1人, 予選落ち × 1人

① エマ・コバーン:8位入賞(9:23.54, 自己新)

ブリジット・フラネク:12位(9:45.51)

シャラヤ・キップ:予選1組12着(9:48.33, 予選落ち)

 

【2016年リオオリンピック, 動画= メダル × 1人(銅, 北米新), 入賞 × 1人, 決勝進出 × 1人

① エマ・コバーン銅メダル(9:07.63, 自己新, 北米新 ※当時)

② コリーン・キグリー 8位入賞(9:21.10, 自己新)

③ コートニー・フレリクス:11位(9:22.87)

 

  • 2008年北京:入賞 × 1人, 決勝進出 × 1人, 予選落ち × 1人
  • 2012年ロンドン:入賞 × 1人, 決勝進出 × 1人, 予選落ち × 1人
  • 2016年リオ:メダル × 1人(銅, 北米新), 入賞 × 1人, 決勝進出 × 1人

2008年から始まった種目であるが、着実にレベルアップし、現在では東アフリカ勢に混じってメダル争いをしている。東京オリンピックではアメリカの選手の金メダルが期待される。

【全米選手権成績】

2017年

① エマ・コバーン 9:20.28(4連覇, 6度目の優勝)
② コートニー・フレリクス 9:22.23
③ コリーン・キグリー 9:25.40

2018年

① エマ・コバーン 9:17.70(5連覇 , 7度目の優勝)
② コートニー・フレリクス 9:18.69
③ メル・ローレンス 9:33.30


 

※ 以上の3種目の近年の結果から見て、全米女子中距離選手はこの8年間で目覚ましい進化を遂げオリンピックのメダル争いの常連となった。東京オリンピックでもこの3種目においてメダル争いをする事が予想される。

女子編その②(5000m, 10000m, マラソン)に続く。

 

レッツラン記事

http://www.letsrun.com/news/2018/08/cancel-trials-u-s-womens-distance-runners-will-going-2020-olympics/

関連記事

2020東京オリンピックまであと2年:中長距離種目の全米代表を独自予想・女子編その② (5000m, 10000m, マラソン)

2020東京オリンピックまであと2年:中長距離種目の全米代表を独自予想・男子編その① (800m, 1500m, 3000mSC)

2020東京オリンピックまであと2年:中長距離種目の全米代表を独自予想・男子編その② (5000m, 10000m, マラソン)

 

〈 TOP 〉

広告

2020東京オリンピックまであと2年:中長距離種目の全米代表を独自予想・女子編その① (800m, 1500m, 3000mSC)」への3件のフィードバック

  1. ピンバック: 2020東京オリンピックまであと2年:中長距離種目の全米代表を独自予想・男子編その① (800m, 1500m, 3000mSC) – LetsRun.com Japan

  2. ピンバック: 2020東京オリンピックまであと2年:中長距離種目の全米代表を独自予想・男子編その② (5000m, 10000m, マラソン) – LetsRun.com Japan

  3. ピンバック: 2020東京オリンピックまであと2年:中長距離種目の全米代表を独自予想・女子編その② (5000m, 10000m, マラソン) – LetsRun.com Japan

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中