2020東京オリンピックまであと2年:中長距離種目の全米代表を独自予想・男子編その② (5000m, 10000m, マラソン)

2020年東京オリンピック開催まで2年を切った。そして、東京オリンピック開催の約1か月前に、東京オリンピック全米選考会がユージン(オレゴン州)で開催される。

オリンピック全米選考会は素晴らしい大会ではあるものの、我々はこの記事でその醍醐味を少々台無しにしてしまうかもしれない。なぜなら、2020年東京オリンピック全米代表に誰が選ばれるか、ここで予想してみなさんにお伝えしてしまうからだ。

スクリーンショット 2018-08-03 9.19.36
via YouTube

LetsRun.com共同設立者のロバート・ジョンソン(以下RJ, 写真右)と、LRCスタッフでライターのジョナサン・ガルト(以下JG, 写真左)は、2020年東京オリンピックの中長距離種目においての全米代表選手を予想した(女子は後日アップする)。男子800mからマラソンまでの各種目において、代表が確実視されている選手と、+αとして代表になり得る選手を予想。もちろん、

現在と2年後の2020年では変わることも多くあるだろうし、選手たちは万全な状態で選考会に臨む必要がある。しかし、これは我々が考える東京オリンピックでアメリカ国旗を背負うであろうベストな選手たちである。2年後、我々の予想が果たして合っているかどうか、ぜひ楽しみにしていてほしい。

 

男子編その①(800m, 1500m, 3000mSC)はコチラから

女子編その①(800m, 1500m, 3000mSC)はコチラから

女子編その②(5000m, 10000m, マラソン)はコチラから

男子5000m

本命候補◎:ポール・チェリモ(アメリカ市民権を取得できればチェセレクも)
JGの対抗候補◯△:エリック・ジェンキンスグラント・フィッシャー
RJの対抗候補◯△:エリック・ジェンキンスショーン・マクゴーティー

JGチェリモをここで選ぶのは当然だろう。彼はラガト以来の全米歴代最高クラスの5000mの選手で、今はとどまるところを知らない。最近ではロンドンDLで優勝し、世界レベルの東アフリカ勢の選手たちを負かしたのも記憶に新しい。

彼が2020年東京オリンピックの全米代表を逃す可能性よりも、2020年東京オリンピックのレースでメダルを獲得する可能性のほうがが高いだろう。

昨年の全米選手権(屋外)で、ジェンキンスチェリモに敗れて2位でフィニッシュした。ジェンキンスは2017年のロンドン世界選手権で予選落ち(予選1組10着)してしまったが、彼は5000mで発揮できるであろう“筋持久力”と“スピード”を兼ね備えている(今年の全米選手権1500mで3位)。ジェンキンスライアン・ヒルよりも2歳若いということも強調材料である(ジェンキンスは2020年には30歳)。

通常、全米学生タイトルを獲った選手は各学年に1人しかいないのだが、2018年の大学卒業選手としては、ショーン・マクゴーティーアンディ・トゥルアードの2人が全米学生タイトルを獲得し、そしてスタンフォード大学4年(秋の新学期から)のフィッシャーがいる。

彼ら3人はみんな才能ある選手ばかりだが、フィッシャーは1番に上昇傾向があり、伸び代がある選手だ。彼はマクゴーティーより2歳若く、トゥルアードより3歳若い。残り1枠は、フィッシャーだ。

しかし、代表の可能性がある選手がもう1人いる。エドワード・チェセレクだ。2020年に彼がアメリカ市民権を取得していれば、フィッシャーではなくチェセレクを残り1枠の代表選手として選ぶ。

しかし、それまでにチェセレクがアメリが市民権を取得できるかどうかは確実ではない。チェセレクや※ 彼のチームはアメリカ市民権取得については明言を避けているが、2016年のニューヨークタイムズマガジンの記事によると、オレゴン州の移民担当弁護士は2016年4月まで彼のグリーンカード申請をしておらず、つまりそれはチェセレクが2022年まではアメリカ市民権を取得できないということを意味しているのだ。

(※マネジメント会社のトータルスポーツのスティーブン・ハース = コーチ兼代理人と、メインスポンサーのスケッチャーズ

ユージンの関係者によると昨年、チェセレクは免除を求めていたとのことだが、その免除をもってしてもアメリカ市民権を取得するには更に5年必要とのことだ。彼が2020年7月までにアメリカ市民権を取得できるというのは、いささか楽観的な考えのように思えるね。

 

RJ:ジェンキンスは全米代表になれる才能を持っている。彼が5000mで全米代表になれなくとも、1500m全米代表になれるかもしれない。もしチェセレクがいれば、それで代表枠は揃うのだが。チェセレクがダメだと考えるとあと1人だ。残念なことに、ヒルは、クリス・ソリンスキーのようになってしまうと思っている。つまり、※才能もある実績も残してきているが、オリンピック代表にはなれない選手ということだ。

(※ソリンスキーは5000mで12:55.53の全米歴代2位、10000mで26:59.60の全米歴代2位の記録を残してるが、オリンピックに出場することはできなかった。ヒルソリンスキーと同じように世界選手権においては全米代表となっているが、オリンピック出場はどうか…?というところ)

では、誰が3人目の枠をとるのか?フィッシャーは、リッツェンハインと同様に2回フットロッカー(全米高校クロスカントリー選手権)のチャンピオンになっており、才能ある選手だと思うが、私はマクゴーティーが最後の1人になると考えている。この議論はすごく面白いと思う。

どちらが代表になるのか… 才能(フィッシャー)か、もしくはプロ選手としてのトレーニング環境か(マクゴーティー)?私の意見では、バウワーマントラッククラブ(BTC)でフルタイムのプロ選手としてやっていくであろうマクゴーティーが有利だと感じている。そして、3人目の代表選手は彼だ。

(※恐らく彼はBTCと契約しているとRJは推測している = 現時点では公式発表されていない)

もう1人名前を挙げたいのは、ラウィ・ラランだ。彼は2013年と2014年にそれぞれ13:00、13:03で走っており、まだ27歳だ。スコット・シモンズADP / WCAP:コーチ)が彼を復活させても驚きはしないだろう。

(※ ラランは2013年の全米学生選手権でチェリモに圧勝している:映像

男子5000m:過去4大会の全米チームのオリンピック成績

【2004年アテネオリンピック】 = 決勝進出 × 1人、予選落ち × 1人 ※2人のみの出場

ティム・ブロー:11位(13:33.06)

ジョナサン・ライリー:予選1組14着(13:38.79, 予選落ち)

 

【2008年北京オリンピック】 = 決勝進出 × 2人, 予選落ち × 1人

バーナード・ラガト:9位(13:26.89)

マシュー・テゲンカンプ:13位(13:33.13)

イアン・ドブソン:予選2組9着(14:05.47, 予選落ち)

 

【2012年ロンドンオリンピック】 = 入賞 × 2人, 決勝進出 × 1人

① バーナード・ラガト:4位入賞(13:42.99)

ゲーレン・ラップ:7位入賞(13:45.04)

ロペス・ロモン:10位(13:48.19)

 

【2016年リオオリンピック】 = メダル × 1人(銀), 入賞 × 1人, 決勝進出 × 1人

① ポール・チェリモ銀メダル(13:03.90, 自己新)

※ アメリカ人選手として男子5000mで52年ぶりのオリンピックでのメダル獲得(1964年東京オリンピックでのボブ・シュールビル・デリンジャー以来)

② バーナード・ラガト5位入賞(13:06.78, 世界マスターズ最高記録)

ハッサン・ミード:11位(13:09.81)

 

  • 2004年アテネ:決勝進出 × 1人、予選落ち × 1人
  • 2008年北京:決勝進出 × 2人, 予選落ち × 1人
  • 2012年ロンドン:入賞 × 2人, 決勝進出 × 1人
  • 2016年リオ:メダル × 1人(銀), 入賞 × 1人, 決勝進出 × 1人

アテネ、北京では入賞者無し。それからの8年間で飛躍的に記録が伸び(5人も12分台を記録)、ロンドンでの入賞争いからリオでメダル争いにも加わるようになった。

【全米選手権成績】

2017年

① ポール・チェリモ 13:08.62, (大会新, 初優勝) 
② エリック・ジェンキンス 13:15.74
③ ライアン・ヒル 13:16.99

2018年

① ポール・チェリモ 13:29.47(2連覇)
② ライアン・ヒル 13:29.67
③ ハッサン・ミード 13:30.12

男子10000m

Embed from Getty Images

本命候補◎:該当者なし
JGの対抗候補◯△:ハッサン・ミードシャドラック・キプチルチルタイラー・デイ
RJの対抗候補◯△:ハッサン・ミードシャドラック・キプチルチルレオナルド・コリル

RJ:アフリカ生まれの選手から話そう。ハッサン・ミード(ソマリア生まれ)はとても才能ある選手で、5000m13:02の自己記録を持っている。キプチルチルは、昨年のロンドン世界選手権10000mで27:07.55で走って9位。そしてコリルはその時に27:20で走っている。唯一の心配は、コリルはハーフマラソン自己記録が59:52なので、東京オリンピック全米選考会においてマラソンを走るのではないか、ということだ。

ジョナサンは、コリルをマラソンで選出したようだ。もしそうなれば、4人目の選手が必要だ。この3人の選手の後ろには、大きな差があるからね。

 

JG:そうだね、僕はコリルはマラソンで選んでいる。最近彼はたくさんロードレースに出場しており、2017年11月のハーフマラソンでは59:52という素晴らしい記録を残している。27:20という自己記録だと、10000mにおいてメダルを獲れる確率は少ないが、マラソンではどうだろうか。彼は2020年東京オリンピック全米選考会ではマラソンに出ると予想している。つまり、10000mの全米代表候補の3人目を決めなければならないということだ。

ビヤ・シンバサは、27:45の自己記録を持っており、2017年の全米選手権(屋外)では※1、 4位に入っている。彼は全米代表候補の1人だ。でも、デイのように、北アリゾナ大学の学生として21歳で10000mで28:04で走って、かつ全米学生クロスカントリー選手権の※2 個人の部で3位に入った選手チームは総合優勝)が、2020年東京オリンピック全米選考会の10000mでは花開く選手であると思っている。

(※1 シンバサは当時、世界的に無名の選手ながらも昨年の全米選手権でゲーレン・ラップに競り勝った)

(※2 デイは↑5000mで取り上げたフィッシャーに競り勝った)

男子10000m:過去4大会の全米チームのオリンピック成績

【2004年アテネオリンピック】 = 入賞無し(12位、15位、途中棄権)

ダン・ブラウン:12位(28:14.53)

アブディ・アブディラマン:15位(28:26.26)

デイサン・リッツェンハイン:途中棄権

 

【2008年北京オリンピック】 = 入賞無し(13位、15位、25位)

① ゲーレン・ラップ:13位(27:36.99)

② アブディ・アブディラマン:15位(27:52.53)

ホルヘ・トーレス:25位(28:13.93)

 

【2012年ロンドンオリンピック】 = 銀メダル, 13位, 19位

① ゲーレン・ラップ銀メダル(27:30.90)

※ アメリカ人選手として男子10000mで48年ぶりのオリンピックでのメダル獲得(1964年東京オリンピックでのビリー・ミルズ以来)

② デイサン・リッツェンハイン:13位(27:45.89)

③ マシュー・テゲンカンプ:19位(28:18.26)

 

【2016年リオオリンピック】 = 5位入賞, 14位, 19位

① ゲーレン・ラップ:5位入賞(27:08.92)

ラップはこのレースの8日後にマラソンを走り銅メダルを獲得

② レオナルド・コリル14位(27:35.65)

③ シャドラック・キプチルチル:19位(27:58.32)

 

  • 2004年アテネ:入賞無し(12位、15位、途中棄権)
  • 2008年北京:入賞無し(13位、15位、25位)
  • 2012年ロンドン:銀メダル, 13位, 19位
  • 2016年リオ:5位入賞, 14位, 19位

アテネ、北京では入賞者無しだったが、それからの8年間で飛躍的に記録が伸び(26分台を2人が記録)、東アフリカ勢に混じって入賞、メダル争いに加わるようになった。

【全米選手権成績】

2017年

① ハッサン・ミード 29:01.44(初優勝, ラップの9連覇を阻止)
② シャドラック・キプチルチル 13:15.74
③ レオナルド・コリル 13:16.99

2018年

① ロペス・ロモン 28:58.38(初優勝)
② シャドラック・キプチルチル 28:59.67
エルカナ・キベット 29:05.51

男子マラソン

本命◎:ゲーレン・ラップ
対抗候補◯△:シャドラック・ビウォットレオナルド・コリル

RJゲーレン・ラップ以外に※ 男子マラソンで今年2:14を切った選手がいないので、ここに挙げた選手でいいと思っている。もし、東京オリンピック全米選考会の時に45歳になっているバーナード・ラガトがマラソンの全米代表になれば、前代未聞の記事(良い意味で)を書くことになるだろう。

(※ 今年の東京マラソンとゴールドコーストでサブテン選手を多数輩出した日本とはかなり対象的である)

JGビウォットは、※ 選手権スタイルのマラソン(ペーサー無し)では素晴らしい走りをしている。コリルはハーフマラソンサブ60:00のスピードの持ち主で、ラップラップだ。

(※ ビウォットは2016年以降のWMMでトップ5に3回入っている:2016年ニューヨークシティ5位、2017年ボストン4位、2018年ボストン3位)

ラガトをこのリストに挙げるかどうかは迷った。彼は今年のバレンシア世界ハーフマラソン選手権でアメリカ人選手として2番目にフィニッシュしてり、彼より速かった唯一のアメリカ人選手(サム・チェランガ)はつい最近引退を発表した。

それに、彼は今年のピーチツリーロードレース(全米10kmロード選手権)で多くの良い選手達を破って優勝している。彼の力も次第に落ちていってしまうとは思うが、彼が2020年東京オリンピックで全米代表として走るの見てみたいんだ。

去年引退したメブ・ケフレジギが2016年にリオオリンピック全米代表になった時は、彼のことを“生ける伝説”だと思ったが、ラガトメブよりも年上で、今でも強い選手だ。年齢が上の選手でいうと、アブディ・アブディラマン(過去2大会のニューヨークシティでアメリカ人選手トップ)も2020年には43歳にはなるが、彼にも可能性は少なからずあると考えている。

ジャレッド・ワードは2016年リオオリンピックのマラソンで6位入賞をしたが、それ以来マラソンで良い成績を残していない。ダークホースを探しているならば、スコット・ファウブルだ。ワードのように、大学時代は良いクロスカントリー選手だった(ワードはBYU = ブリガムヤング大学、ファウブルはポートランド大学)。また、ファウブルは長距離向きの選手だ。

今年に入るまで5000mで14:00を切っていなかった(室内5000mは13:50)が、2016年には10000mで28:00の記録を出し、かつ最悪のコンディションだった2016年リオオリンピック全米選考会の10000mでは4位に入っている。マラソンデビューとなった去年のフランクフルトでは2:12を出しており、東京オリンピック全米選考会までにマラソン経験をもっと積めば“大穴”となる選手になりうる。

男子マラソン:過去4大会の全米チームのオリンピック成績

【2004年アテネオリンピック】 = 銀メダル, 12位, 65位

① メブ・ケフレジギ銀メダル(2:11:29)

アラン・カルペッパー:12位(2:15:26)

③ ダン・ブラウン:65位(2:27:17)

 

【2008年北京オリンピック】 = 9位, 10位, 22位

① デイサン・リッツェンハイン:9位(2:11:59)

ライアン・ホール:10位(2:12:33)

ブライアン・セル:22位(2:16:07)

 

【2012年ロンドンオリンピック】 = 4位入賞, 途中棄権 × 2人

① メブ・ケフレジギ:4位入賞(2:11:06)

② ライアン・ホール:途中棄権

③ アブディ・アブディラマン:途中棄権

 

【2016年リオオリンピック】 = 銅メダル, 6位入賞, 33位

① ゲーレン・ラップ銅メダル(2:10:05, 自己新)※10000mで5位入賞した8日後のレース

ジャレッド・ワード6位入賞(2:11:30, 自己新)

③ メブ・ケフレジギ:33位(2:16:46)※当時41歳

 

  • 2004年アテネ:銀メダル, 12位, 65位
  • 2008年北京:9位, 10位, 22位
  • 2012年ロンドン:4位入賞, 途中棄権 × 2人
  • 2016年リオ:銅メダル, 6位入賞, 33位

アメリカでのサブテン達成者は近年では極めて少ないものの、この2大会で入賞ライン以上にもってきている。マラソンの選手権レースにおいて勝負に強い選手が一昔前ではメブ・ケフレジギ、現在ではゲーレン・ラップとなっており、東京オリンピックでももちろんメダル争いの筆頭となるであろう。

【WMM+α成績】

ゲーレン・ラップ

  • 2017年:ボストンマラソン2位,シカゴマラソン優勝
  • 2018年:プラハマラソン優勝(2:06:07, 自己新)


 

※5000m(ここではあえて長距離に分類)、10000m、マラソンと長距離のどの種目においてもメダル争いをしている。10000mは戦力ダウンが見込まれるが、中距離種目と同様に他の種目は東京オリンピックでもメダル争い、入賞争いに食い込んでくることは間違いなさそうである。

 

レッツラン記事

http://www.letsrun.com/news/2018/07/two-years-tokyo-tell-u-s-mens-distance-runners-will-2020-olympic-team/

関連記事

2020東京オリンピックまであと2年:中長距離種目の全米代表を独自予想・男子編その① (800m, 1500m, 3000mSC)

2020東京オリンピックまであと2年:中長距離種目の全米代表を独自予想・女子編その① (800m, 1500m, 3000mSC)

2020東京オリンピックまであと2年:中長距離種目の全米代表を独自予想・女子編その② (5000m, 10000m, マラソン)

 

〈 TOP 〉

広告

2020東京オリンピックまであと2年:中長距離種目の全米代表を独自予想・男子編その② (5000m, 10000m, マラソン)」への3件のフィードバック

  1. ピンバック: 2020東京オリンピックまであと2年:中長距離種目の全米代表を独自予想・男子編その① (800m, 1500m, 3000mSC) – LetsRun.com Japan

  2. ピンバック: メブの数々の栄光:レッツランが選ぶメブ・ケフレジギの忘れられない思い出のシーン – LetsRun.com Japan

  3. ピンバック: (過去記事)強いアメリカへ:今まで語られなかった実話 – メブ・ケフレジギがライアン・ホールのサポートでボストンマラソン優勝を果たす – LetsRun.com Japan

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中