川内優輝 31年ぶりの日本人選手のボストンマラソン優勝:厳しい気象条件で放った4度の下り坂でのスパート “マラソンは何が起こるかわからない”

122回ボストンマラソンの男子レースにおいて、川内優輝が日本人選手としては1987年の瀬古利彦以来となるボストンマラソン優勝を果たした。

(※以下、レッツランジャパンオリジナル記事)

【ボストンマラソン:レース動画】男子レースは27:45〜

下り坂で魅せた4度のスパート

【男子レース:川内のレース中の動き】

スタート:最初の200m、川内は冷静に集団で走る。その後、300mぐらいから下り坂を利用してスタートダッシュを開始(動画29:00〜)。1kmを単独の先頭で2:41で通過。後ろの集団は2:49~50で通過。最初の1マイル(向かい風の下り坂)を4:37(2:53/km)で通過。

5km:川内は単独の先頭で15:01(動画43:00〜)で通過。その後チェベトに追いつかれしばらく2人で並走。

8km手前:チェベト川内が、トラ、ベルハヌ、キルイ、ラップの集団に追いつかれる。

10km手前:トラがペースを上げて、川内はここで8人の先頭集団から離れてしまう。

10km:先頭から少し離れた川内は30:21(15:20)で10kmを通過。先頭集団とは6秒差。

11km手前:向かい風が強くトラキルイが自重し、先頭集団のペースが下がり始める。その後、後続の選手が先頭集団に追いつく。

12km過ぎ:川内が先頭集団に追いつき、16人前後の先頭集団となる。その後、カンディーが3:15/km前後のペースで先頭に立つ。少し離れて大集団。カンディーがしばらく先頭を引っ張る。川内は集団の真ん中あたりでリズム作りながら様子をうかがう。

15km:川内を含む大集団のまま46:25(16:10)で15kmを通過。その後も雨風が強く、カンディーがそのまま3:15/km前後のペースで引っ張り続ける。

18km:大集団のままカンディーが自重し、キルイが先頭にたち、川内はその真後ろをキープ。その後カンディーが再び少しだけペースを上げると、それに川内がぴったりと背後をマークし着いていく。

19km:19kmを過ぎた所の下り坂で、カンディー川内が少しだけ先頭集団よりも前に出たタイミングで、カンディー川内に“合図”(動画1:23:09〜)を出し、その後川内が後ろとの少しの差を確認してからペースをどんどんと上げていき単独の先頭に。2回目の下り坂でのスパートで後続との差を広げていく。しかし、後続集団もそこからペースを上げて、川内は19.6km付近で集団に追いつかれてしまう。

20km:川内を含む先頭集団は1:02:29(16:04)で20kmを通過、1:05:59で中間点を通過。

23km手前:カンディーが再び少しずつペースを上げる。川内を含むその他の選手はカンディーにはつかず。

24km手前:川内が集団から抜け出して、単独で先頭を入るカンディーに追いつこうとしてペースを上げる。それにつれてキルイも上がってきて、24km過ぎにはキルイを先頭にして川内はその後ろにぴったりとついて、2人が少しだけ先頭集団から抜け出す。

25km:しかし後続も次第に追いつき、キルイを先頭に川内を含む先頭集団は1:19:04(16:35)で25kmを通過。ここからボストンマラソンで最も下り傾斜の大きい下り坂で川内がペースを上げて単独の先頭に。3回目の下り坂でのスパート(動画1:43:40〜)で、この1kmで後続の集団に4秒差をつける。この後、ラップが集団から離れていく。

27km手前:川内がペースを上げたことで、後ろのキルイがペースを上げ川内に追いつき、そのときに、この集団にいた選手が「ラップが集団から離れたと」ということキルイにささやいた。そこから腹を括ったキルイがニュートンヒルズの上り坂でスパートをかけ、単独の先頭に立つ。

先頭のペースが上がっているうちにチェベト、カンディーらがずるずると集団から離れていく。ここから先頭のキルイの独走(動画1:51:20〜)が始まる。それにともなって、キルイから少し離れた集団がばらけはじめて縦長の展開になる。

28km過ぎ:独走するキルイから少し離れてネゲイ、デシサ、川内、ビウォット、ロノの5人の集団を途中川内が引っ張る。

30km:先頭を独走しているキルイは1:34:58(15:56)で30kmを通過し後続に28秒の差をつける。ビウォット、ネゲイとの2位争いをしている川内は30kmを1:35:26(16:22)で通過する。

35km:キルイは独走を続け、1:50:49(15:51)で35kmを通過し、“心臓破りの丘”の上りを含むこの5kmを、強い向かい風と雨の中“15:51”というスプリットで走り、この時点で2位に1:21差をつける。2位争いは川内ビウォットの2人に絞られ、川内はこの時点で”表彰台は確定”という気持ちで走っていた。4回目のスパートをやはり“下り坂”でかけて、さらにビウォットを振り切り1:52:20(16:54)で35kmを通過。

Embed from Getty Images

40km:35kmあたりの下りでペースを上げる川内とは対照的に、それまでの上りで快調に走っていたキルイが下りでペースを落とし、キルイはなんとか先頭で2:08:22(17:33)で40kmを通過。川内は2:08:42(16:22)で40kmを通過(動画2:31:50〜)し、この地点でキルイとの差をで20秒差にまで詰める。

この時点でキルイは先にスタートしている女子に追いついており、フラナガン、キプラガトとともにジョギングのようなペースで走るのに対して、後方から来る川内のみが素晴らしいペースで40km以降を走り、その後ついに先頭に立った。

川内キルイを抜いた時は、川内は先頭を走っているとはわからなかったそうであるが、優勝のテープを切ったときは“優勝者はゴールのときに右側に案内される”ことを知っていたので、自らの優勝を確認し、喜びをあらわにした。

【男子総合結果】

1. 2:15:58 川内優輝(日本)
2. 2:18:23 ジョフリー・キルイ(ケニア)
3. 2:18:35 シャドラック・ビウォット(アメリカ)
4. 2:18:57 テイラー・ペネル(アメリカ)
5. 2:19:52 アンドリュー・バンバロー(アメリカ)
6. 2:21:47 スコット・スミス(アメリカ)
7. 2:23:16 アブディ・ネゲイ(オランダ)
8. 2:23:37 エルカナ・キベット(アメリカ)
9. 2:25:02 リード・クールセット(カナダ)
10.2:27:50 ダニエル・ヴァサッロ(アメリカ)

【川内優輝のスプリット】

  •   5km:15:01
  • 10km:30:21(15:20)
  • 15km:46:25(16:04)
  • 20km:1:02:29(16:04)
  • 中間点:1:05:59
  • 25km:1:19:04(16:35)
  • 30km:1:35:26(16:21)
  • 35km:1:52:20(16:54)
  • 40km:2:08:42(16:22)
  • ゴール:2:15:58 (7:16)
  • 前半65:59 – 後半69:59

最初の10kmは雨と強い向かい風を考えるとハイペースであるが、中盤以降に途中棄権者が続出し、ペースを大幅に落とすものが大半だったのにも関わらず、川内は5km16分台の安定したスプリットを刻んだ。

30〜35kmにはボストンマラソンでは御馴染みの“心臓破りの丘”の上り坂を含んでいるのでペースが少しだけ落ちた。スタートから300m地点、19km付近、25km付近、35km付近と4回の下り坂でのスパートをかけての見事なスプリットであった。

ページ【】【】【▶︎

広告

川内優輝 31年ぶりの日本人選手のボストンマラソン優勝:厳しい気象条件で放った4度の下り坂でのスパート “マラソンは何が起こるかわからない”」への2件のフィードバック

  1. ピンバック: 川内優輝が極寒-17℃のマーシュフィールドニューイヤーマラソンで、自身76回目のマラソンサブ2:20を達成:マラソンのサブ2:20達成回数の世界新記録を樹立 – LetsRun.com Japan

  2. ピンバック: 世界のメジャーマラソン13撰(WMM6大会 + 7大会) – LetsRun.com Japan

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中