川内優輝が極寒-17℃のマーシュフィールドニューイヤーマラソンで、自身76回目のマラソンサブ2:20を達成:マラソンのサブ2:20達成回数の世界新記録を樹立

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

川内優輝は、アメリカのマサチューセッツ州マーシュフィールド(ボストンの南東にある東海岸の海岸にある街)で2018年の元旦に開催された、マーシュフィールドニューイヤーマラソンで2:18:59で走り優勝した。

このレースはアメリカのNo-frills(サービスがほとんどない、パークランのようなシンプルな形式)のレースとしてはアメリカで最も歴史があるレースの一つである。このレースの参加料は無料で、事前エントリーはなく、当日エントリーのみで開催された。

26241810_1543118705795396_723388532_n

この季節のアメリカ東海岸、特にボストン近郊の冬は厳しく、この日は-17℃の極寒(Japan Running Newsの現地レポートによると風もあり、体感気温は-23℃程度であったという)。11時には-13℃まで上昇したものの、厳しいコンディションのなか、ハーフマラソン に30名前後、フルマラソンに川内を含めて3人だけが出場し、川内を含めて2人が完走した。以下が、川内のフィニッシュ動画である。

【フィニッシュ動画】

雪が多いところで滑っている川内

川内はこのレースでサブ2:20を達成し、自身76回目のマラソンのサブ2:20を達成。アメリカのダグ・カーティスが保持していた、サブ2:20の達成回数75回を上回り、川内はサブ2:20の達成回数76回の世界記録保持者となった。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

26234700_1543084579132142_1933361793_n

レッツラン記事

http://www.letsrun.com/news/2018/01/no-excuses-1-degree-temps-13-c-dont-prevent-japans-yuki-kawauchi-breaking-world-record-sub-220-marathons/


【以下、レッツランジャパンオリジナルの追記】

マラソンサブ2:20の達成回数の世界最高を更新

2018年のボストンマラソンに出場する川内は、年末年始の休暇期間を使ってボストンマラソンのコースを試走。今回その目的と同時に、現地で走れるマラソンを無いかと探したところ、この極寒のマーシュフィールドマラソンが該当した。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今回のレースでは、極寒のため川内は今までのレースでは初めてロングタイツで出場。3人しか出場していないので、スタートから単独走。また路面は凍結し、所々で滑る箇所もあった。中間点を1:10:29で通過し、極寒のため体の動きが悪かったという。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

「自分はこんなところで何をしているんだ?」

という葛藤とのたたかいのなか、後半は気温が-13℃まで上昇したこともあり、ペースアップに成功。ネガティブスプリットで後半を1:08:30で走り、2:18:59でフィニッシュした。

川内優輝のコメント

「とりあえず、走っていて、かいた汗が凍るという経験したのは初めてだった。 前半寒すぎて(−17℃)、身体が動かなさ過ぎて途中の1kmで3分31秒かかった時は“何でこんな寒い思いして、自己ワースト記録目指して頑張ってんだ?”と思ったけれど、後半になって気温が−13℃まで上がってきたおかげで身体が動くようになってきて、前半よりも2分くらいネガティヴスプリットで帰ってきて、何とかサブ2:19。 とりあえず最低限のサブ2:20ができて良かった」

☆前半1:10:29+後半1:08:30=2:18:59

Japan Running Newsのレポートによると、今回の2:18:59の記録をもって、自身76回目のサブ2:20を達成。川内は現在、マラソンのサブ2:12~2:20まで1分刻みで、それぞれ達成回数の世界記録を持っている。

【川内のマラソンのサブ2:12~2:20達成回数=すべて世界最高達成回数】

  1. サブ2:12:25回
  2. サブ2:13:40回
  3. サブ2:14:48回
  4. サブ2:15:53回
  5. サブ2:16:62回
  6. サブ2:17:67回
  7. サブ2:18:71回
  8. サブ2:19:75回
  9. サブ2:20:76回

さらに、川内は今までにサブ2:11を20回達成しており、あと1回達成するとエチオピアのツェガエ・ケベデが持つサブ2:11の達成回数21回に並ぶこととなる。

この8週間で5つのマラソン(①ニース:フランス→②さいたま国際→③福岡国際→④防府読売→⑤マーシュフィールドニューイヤー)を走った、川内の今年の春のレーススケジュールは、2月18日の北九州マラソン、そして3月18日の台湾での萬金石マラソン(IAAFシルバーラベル)を予定しており、そのレースは4月のボストンマラソンの調整として出場する。

数字で見る川内の2017年のマラソン成績

2017年の川内のタイム順の成績は以下。

さらに、この成績(左)と、2017年のアメリカの男子の全選手のマラソン成績(右)と比較した表は以下。

アメリカ勢は、フラットコースではないボストンやニューヨークに出場するものがほとんどとはいえ、川内一人の昨年のタイムとそう変わらないようにみえる。

 

〈 TOP 〉

広告

川内優輝が極寒-17℃のマーシュフィールドニューイヤーマラソンで、自身76回目のマラソンサブ2:20を達成:マラソンのサブ2:20達成回数の世界新記録を樹立」への8件のフィードバック

  1. 横峯絹子

    ➖17℃という極寒の中で76回目のサブ2:20達成おめでとう🎉
    足元が不安定で厳しい状況にも拘わらずケガなく無事にゴール出来た事を嬉しく思います。
    本当にお疲れ様でした。

    いいね: 1人

  2. 宮澤玲子

    素晴らしすぎります。どんな所へでも挑戦
    その闘志讃えますと同時に精神力、貴方の信念に敬服します。
    転ばずゴールできて良かったです。
    おめでとうございます❗

    いいね: 1人

    1. Tsukasa Kawarai a.k.a. SUSHI MAN

      何事にも挑戦する心意気には頭が上がりませんね。不可能を可能にする男と言っても過言かもしれませんね。

      いいね

  3. 間宮

    いきなりでびっくりしました。箱根の興奮冷めやらぬ中、
    さらに熱くなりました。今ケガ中で走れませんが、また
    よろしくお願いします。
    間宮

    いいね

    1. Tsukasa Kawarai a.k.a. SUSHI MAN

      上には上がいるものだといつも思われます。彼は世界中のランナーから尊敬されていると思いますね。

      いいね

  4. ピンバック: 【ブログ】1/6(土)23:40頃〜放送 テレビ朝日「サタデーステーション」に情報提供させていただきました – LetsRun.com Japan

  5. ピンバック: 川内優輝 31年ぶりの日本人選手のボストンマラソン優勝:厳しい気象条件で放った4度の下り坂でのスパート “マラソンは何が起こるかわからない” – LetsRun.com Japan

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中