全米5kmロード選手権:シャドラック・キプチルチルが13:57で6人のスパート合戦を制する – モリー・ハドルが大会新の15:24で6回目の全米5kmロードのタイトルを獲得

IMG_2993-400x300

©2017 Lets Run

ニューヨーク — 今朝のアボット5km / 全米5kmロード選手権の男子のゴール前はエキサイティングで、シャドラック・キプチルチルが2秒の間に6人がゴールした最後のスパート合戦を制して、彼にとっての2回目の全米タイトルを、13:57のゴールタイムと戦術的なスパートで獲得した。

女子のレースの結果はシンプルで、モリー・ハドルがアメリカのロードレースで走っている時の結果は1つしかない。ハドルは3kmから独走態勢を築いて、15:24の大会新記録で6回目の全米5km選手権のタイトル(全米タイトルは合計25回目)を獲得した。

モリー・ハドルはロードではアメリカ人選手に負けない

Huddle_MollyFV1-NYRR5k17-e1509808959689

©2017 Photo Run

あなたがもしアメリカ人の女子選手だとして、ロードレースのスタートラインでモリー・ハドルを見つけたら、あなたは2位以下になるだろう。彼女はこの5年間、アメリカのロード競技を支配している:All-Athleticsのデータベースによると、2016年のハドルのニューヨークシティマラソンでのマラソンデビューを含んで、2012年3月からの24のロードレースでハドルはアメリカ人選手に無敗である。

ハドルはトレーニングを再開したばかりで、1月のヒューストンハーフマラソンで、ハーフマラソンの全米記録の更新を狙う時期にピークを迎えるだろう。 彼女の次のレースは、サンクスギビング(感謝祭)の日のコネチカットでのマンチェスターロードレースである。

シャドラック・キプチルチルは彼自身のスピードを信じている

Kipchirchir_ShadrackFV-NYRR5k17-e1509809022913

©2017 Photo Run

このレースの選手(ミードベン・トゥルーは2人とも13:02、チェリモは13:03で2つの世界大会でのメダルを獲得)の自己記録を考えると、キプチルチル(13:18 )、カーティン(13:26)、エラッサ(13:23) – レース前の記者会見に招待されていなかった3人がトップ3を独占したのは驚きに値する。

しかし、11月4日(11月の時期)は(アメリカの)プロの長距離選手たちにピークを合わせるのは難しく、この時点で誰が一番ピークを迎えているか、ということが重要である。キプチルチルはこの秋も好調を維持していて、全米10マイル選手権を優勝し、このレースでピークを迎えていた(10マイルの後に休養を入れている)ので、彼が優勝を収めたことは驚くことではない。

「私は10000mの選手だけども、5000mも得意としている。だけど、今までスピードレースの5kmを走る機会があまりなかった」

と、キプチルチルは話した。

「トレーニングでは、私はスピードを持っていることをわかっていたけど、それをレースで実際に発揮できるかどうかは、“スピード”ど“筋力面”との兼ね合いが今までの課題であった。私は他の出場選手をリスペクトしているけど、今日はレースだから自分の走りに集中して、私は勝つためにここに来た」

ティム・ブロー率いるサッカニーのフリーダム・トラック・クラブにとって良い1日となった

男女共に2位に入った、モリー・セイデルトミー・カーティンは、どちらもサッカニーの“フリーダム・トラック・クラブ”に所属している。 全米ロード5km選手権の伝説であるティム・ブローが率いるこのクラブは昨年から始まったばかりであるが、その時カーティンはボストンを拠点にしていたが、クラブの他の男子選手であるブライアン・シュレーダーはアリゾナ州のフラッグスタッフに拠点を置いていた。

この秋に、サッカニーはクラブを大きく拡大したことで、メンバー全員がボストンに拠点を移し、ボストンの活気あふれるランニングシーンにおいて、正式にボストンのクラブとなった。 今日の結果はフリーダム・トラック・クラブにとっては良い結果だった。

カーティンは結果にすごく興奮していて、ラスト100mの地点で押されたことに関しては、特に怒りなどの感情を持ってなかった。選手たちが2つあったゴールラインのどちらにいくべきか一瞬混乱していた時に、先頭を争っていた(フィニッシュラインは二手に別れていた)。

「そこで接触があったが、それによって結果が変わることはなかった」

と、カーティンは語った。

【サッカニーのフリーダム・トラック・クラブについて】

【カーティスの今日のレースぶりについて】

キルベル・エラッサがADPに新加入

ADP(アメリカン・ディスタンス・プロジェクト)はますます良くなっている。 その後も彼と話し合うことは出来なかったが、3位に入ったキルベル・エラッサは、アトランタ・トラック・クラブのトレーニンググループを離れてから西海岸に移り住み、スコット・シモンズ率いるADPと一緒にトレーニングを始めた。

これはモリー・セイデルにとってはプロ選手として最初のロードレースだったが、彼女は“七面鳥の衣装”を着ていなかった

セイデルは2週間前に市長杯のクロスカントリーで優勝して、素晴らしいプロ選手としてのキャリアの始まりを迎えた、今ではハドルに次ぐ全米2位の座を手に入れた。このようにして、初めてのプロ選手としてのロードレースを走ったセイデルは、見事にロードレースに適応し、アメリカ人選手のロード適正をうかがわせた。彼女がロードレースを走るのは初めてではなく、昨年の秋、彼女はマディソンのバービー・ダービー10kmで先頭から3分遅れてフィニッシュをして34:29で走ったが、彼女が七面鳥の衣装を着ていたことを考えるとそんなに悪くない!

【男子結果】

men-1024x768

©2017 Lets Run

【女子結果】

women-1024x768

©2017 Lets Run

 

レッツラン記事

http://www.letsrun.com/news/2017/11/shadrack-kipchirchir-1357-wins-6-way-kick-molly-huddle-earns-title-6-1524-2017-usatf-road-5k-champs/

 

〈 TOP 〉

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中