(過去記事)男子10000mアメリカ人選手による26分台の振り返りその1:クリス・ソリンスキー衝撃の10000mデビュー戦 – 人類初の非アフリカ系選手による26分台への到達

 

Solinsky Stuns With USA 10000m Record At Stanford

ソリンスキーがスタンフォード大学で10000mの全米記録を樹立

By David Monti ©2010 Race Results Weekly, all rights reserved

2010年5月01日

©2010 FloTrack / FloSports

パロ・アルト メブ・ケフレジギの持つ10000mの全米記録27:13.98を破るために、ゲーレン・ラップはここペイトン・ジョーダン・カーディナル招待にやってきた。ケフレジギの記録は9年間誰にも破るられていなかったが、2人のケニア人ペーサーと強力なライバル選手がラップを駆り立てたこともあり、ラップはこのレースで27:10.74の自己新記録を記録することができた。

しかし、予想もしていなかった展開が。ラップは新しい全米記録保持者になることが出来なかったのだ。しかも、ラップはこのレースを4位に終わった。2人のケニア人、ダニエル・サレルサム・チェランガに破れてしまい、そして、これまで1回も10000mを走ったことがなかった1人のアメリカ人選手に破れた。その選手の名前は、クリス・ソリンスキーである。

ソリンスキーは25歳(当時)。2008年の北京オリンピック全米選考会の5000mで5位に終わり、オリンピック代表入りを逃して落胆していた彼は、ここで素晴らしい10000mのデビューを果たした。26:59.60を記録し、アメリカ人としては初めて27:00を切った選手となり、非アフリカ系の選手として※歴代で1番速い選手となった。

(※この翌年、ゲーレン・ラップソリンスキーの全米記録を更新することとなる)

「ジョークのつもりで、コーチのジェリー・シューマッカー“26:55〜28:00の間でゴールするよ”って話していたんだ。10000mは1度も走ったことがなかったから、僕にとってはこれは初めてのレースだった」

レース後のインタビューでソリンスキーはこのように語った。しかし、ソリンスキーは前半5000mを13:32.2で通過した6人の先頭集団で走っており、64秒前後でラップタイムを刻んでいた。ラップのコーチであるアルベルト・サラザールからペースに関する指示を受けていた2人のペーサー(マシュー・キソリオと※サイモン・ディラング)に引っ張られ、集団は5人で形成された。

(※日本大学に在籍していたサイモン・ディラングとは別人)

ラップ、ソリンスキー、サレル、チェランガ、そしてカナダ人のサイモン・バイル。最後のペーサーが抜けた後、ラップが先頭を走り、ケフレジギの全米記録からはかすかに遅れたペースで走っていた。

Rupp_Galen1-Stanford10

©2010 Photo Run

「数秒遅れているだけだ!」

と、サラザールラップに叫んでいた。

残り1000mを切ったところで、ソリンスキーが先頭に出た。白い膝丈の靴下を履き、リラックスしているようなフォームで走っていたソリンスキーは、ラスト800〜400mまでを60.1で走り、2番手とのリードを広げる。

「残り1000mから900mぐらいで、シューマッカーを見たら“行け!”という合図をしていた」

ソリンスキーは、こう続けた。

「彼がそういう合図をくれたので、調子も良かったし自分の力を試したくなった。27:00切りが出来るかどうか、試そうと思った」

Solinsky_ChrisFV-Stanford10

©2010 Photo Run

観客が見守る中、ソリンスキーは最後の1周を57.1秒で走った。27:00切りをするには十分な速さである。若干19歳の※サレルもまた、このレースが10000mのデビュー戦だったが、彼も27:07.85で2位という素晴らしい結果を残した。

(※ダニエル・サレルは近年はロードに活路を見出し、アメリカのB.A.Aハーフを2015〜2017年にかけて3連覇するなどしている。2017年のB.A.Aハーフの2位はオレゴンプロジェクトの大迫傑

チェランガは27:08.39のタイムで、自らが持つ全米大学記録を更新した。4位だったラップの後ろは、サイモン・バイルが5位で27:23.63のカナダ新記録を樹立。11人の選手が28:00切りを達成し、上位8人の選手全てが自己記録を更新した。多くの選手の顔には笑顔が見られたが、ソリンスキーは自分が何をやり遂げたのかを理解するのにしばらく時間がかかっている様子だった。

「言葉に出来ないよ。わからない。自分がどんな走りをしたかまだ理解できない。だって、“ゲーレンが記録を更新するだろう”と聞かされながら、このレースにやってきたんだ。レースに参加して、速いペースで走ってみたかった、それだけなんだ」

この偉業にも関わらず、ソリンスキーは、

「10000mへの転向は考えていない」

と語った。

「チームメイトには“27:20で走れればもう10000mの選手だ”と言われた。もし走れなければ、まだ5000mの選手だ。ただ少し試しただけなんだ」

Solinsky_ChrisR-Stanford10

ソリンスキーと抱き合うサイモン・バイル ©2010 Photo Run

ソリンスキーと一緒に練習をしているバイルは、カナダ新記録を出したことに関して満足の様子だった。元々のカナダ記録は、2001年のジェフ・シーブラーの27:36.01だった。ケフレジギが全米新記録を出した時と同じレースだった。

「“残り10周で力尽きてしまうだろう”と考えた。でも予定では、いけるところまで耐えてついていくことだった。自分に残されたのは“カナダ記録を出したい”という強い想いだけだった」

バイルは、ソリンスキーは10000mの選手であるかとうかということにすいて、冗談っぽく否定した。

「ソリンスキーはここ2週間ずっと、10000mの選手ということからは目を背けたいって言っていたよ」

Solinsky_ChrisAR-Stanford10

©2010 Photo Run

  1 Chris Solinsky               Nike/Kimbia           26:59.60 全米新記録
  2 Daniel Salel                 Kenya                 27:07.85 自己新記録
  3 Sam Chelanga                 Liberty               27:08.39 全米学生新
  4 Galen Rupp                   Nike                  27:10.74 自己新記録
  5 Simon Bairu                  Nike/Kimbia           27:23.63 カナダ新記録
  6 Chris Thompson               Otc                   27:29.61 自己新記録
  7 Tim Nelson                   Nike/Kimbia           27:31.56 自己新記録
  8 Robert Curtis                Reebok                27:33.38 自己新記録
  9 竹澤 健介                  ヱスビー食品             27:55.02
 10 Carlos Romero                Mexico                27:57.52
 11 真壁 剛                    カネボウ                27:57.53
 12 Scott Bauhs                  Adidas                28:03.99
 13 Brent Vaughn                 Nike/Kimbia           28:05.33
 14 Boaz Cheboiywo               Kimbia                28:06.60
 15 Brett Gotcher                Adidas                28:09.21
 16 Chris Barnicle               New Mexico            28:10.59
 17 Andy Vernon                  Adidas                28:11.43
 18 Shawn Forrest                Nike                  28:12.48
 19 Jason Hartmann               Nike/Kimbia           28:25.99
 20 Patrick Smyth                Nike                  28:33.14
 21 David Jankowski              Zap Fitness           28:34.27
 22 Jeremy Johnson               Brooks Team           28:37.84
 23 Brian Medigovich             Unattached            28:40.54
 24 Josh Moen                    Team Usa Mn/Strands   28:43.27
 -- Simon Ndarangu               Kenya                      DNF
 -- Anthony Famiglietti          Saucony                    DNF
 -- Mathew Kisorio               Kenya                      DNF
 -- Alistair Cragg               adidas                     DNF
 -- Sean Quigley                 Puma/Kimbia                DNF
 -- Mark Kenneally               Unattached                 DNF

【先頭のラップ】

①62.8 ②2:12(69.5)③3:19(66.5)④4:24(65.6)⑤2000m:5:30(65.3)
⑥6:35(66.4)⑦7:41(65.9)⑧8:45(63.9)⑨9:49(64.5)⑩4000m:10:55(65.4)
⑪11:58(63.1)⑫13:02(63.9)⑬14:06(65.0、5000m:13:36
⑭15:11(65.3)⑮6000m:16:17(66.0)⑯17:24(66.6)⑰18:28(63.8)
⑱19:33(65.0)⑲20:39(65.9)⑳8000m:21:44(65.6)21:22:50(66.0)
22:23:56(65.6)23:25:02(65.4、ラスト900mからソリンスキーが先頭に立つ)

24:26:02(60.1)25:26:59.60(57.1、ラスト1000m2:29、後半5000m13:23)

 

(補足:ソリンスキーは現役時代の後半から選手の指導に携わるようになり、2012〜14年にはオレゴン州のポートランド大学でボランティアコーチとして、2014年の8月からバージニア州のウィリアム・アンド・メアリー大学で中長距離部門のアシスタントコーチとして指導を始めた。その時、ソリンスキーは長らくハムストリングスやアキレス腱の故障に悩まされおり、2016年の春に現役引退を決めた。

その後2016年の9月に、正式にウィリアム・アンド・メアリー大学で中長距離部門のヘッドコーチに就任したが、2017年の7月よりフロリダ大学の長距離部門のアシスタントコーチに就任した。フロリダ大学は、2016年、2017年と全米大学屋外選手権 (NCAA DI Outdoor Track & Field Championships)の男子総合優勝を達成しており、各種目にレベルの高い選手を揃える。日本からはサニブラウン・アブデル・ハキームが在籍している)

 

レッツラン記事

http://www.letsrun.com/2010/solinsky0502.php

関連記事

(過去記事)男子10000mアメリカ人選手による26分台の振り返りその2:ゲーレン・ラップの2011年と2014年の2回の全米新記録のレース

 

〈 TOP 〉

広告

(過去記事)男子10000mアメリカ人選手による26分台の振り返りその1:クリス・ソリンスキー衝撃の10000mデビュー戦 – 人類初の非アフリカ系選手による26分台への到達」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: (過去記事)男子10000mアメリカ人選手による26分台の振り返りその2:ゲーレン・ラップの2011年と2014年の2回の全米新記録のレース – LetsRun.com Japan

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中