先週のレースまとめ:5番街通りマイル、グレートノースラン、プラハ10km、全米20km選手権など

ニック・ウィリスが3:51.3で4度目のタイトル、ジェニー・シンプソンが4:16.6で6回目のタイトルを獲得:2017年ニューバランス5番街通りマイル

2017年9月10日

http://www.letsrun.com/news/2017/09/nick-willis-351-31-wins-4th-title-jenny-simpson-416-65-cr-wins-6th-2017-5th-avenue-mile/

男子レース動画

2017年のニューバランス5番街マイルを見ていた人の中には“デジャブ”を体験しているのではないか、と思った人もいてもおかしくない。なんといっても、ここ5年間で、ニック・ウィリスとジェニー・シンプソンが優勝したのは3度目であったからである。

2013年と2015年のレースと同様に、ウィリスとシンプソンがゴールテープを最初に切る選手となった。ウィリスは3:51.3でこのレース4度目の優勝、シンプソンは27年前にパティス・プラマーが出した大会記録と同タイムの4:16.6のタイムで、このレースにおいて5連勝 (彼女は毎年このレースに出場しているわけではない)、通算6度目の優勝を果たした。これまで男子で4勝したのはスペインのアイザック・ビシオサのみ (1995年~1998年の4連覇)、ウィリスは優勝回数でビシオサと並んだ。シンプソンの6勝目は女子での最高記録である。

MenStart-5thAve17

©2017 Photo Run / LetsRun.com

まず最初に男子のレースが行われ、とても白熱するレースとなった。序盤の争いは、中間地点の速さを競い※“$1000のボーナス”獲得を目指し2人の選手が飛び出した。オレゴン・プロジェクトのクレイグ・エンジェルスと、800mのスペシャリストであるブルックスビースツのドリュー・ウィンドルが激しい争いをみせた。2人は後続からリードを広げ、エンジェルスがウィンドルを僅差で交わして (動画で確認すると中間地点を前にしてスパートをしているのがよくわかる)中間地点を約1:58で通過 (ウィンドルは結局レースで4:00を切れなかった)

(※中間地点でトップ通過した選手が4:00を切れば$1000のボーナス獲得となる)

Engels_Craig1a-5thAve17

©2017 Photo Run / LetsRun.com

その後、ウィンドルが遅れ出したので、エンジェルスは15mほど集団を引き離していたが、1200mぐらいで16人もの後方集団に吸収された。このレースの4日前の水曜日に開催された“ホカオネオネ・ロングアイランド・マイル”で優勝したクリス・オヘアが、残り200mほどでラストスパートをかけてリードしていたが、ロングアイランド・マイルでオヘアに競り負けて2位だったウィリスがすかさずその動きに反応した。

OHare-WillisW-5thAve17

©2017 Photo Run / LetsRun.com

「4日前のロングアイランド・マイルでクリスには離されてしまった。だから、彼の動きに付いていく以外の選択肢はなかった。クリスを逃がすわけにはいかない」

ウィリスはレース後にNBCのインタビューにそのように語った。

ウィリスはオヘアの動きに反応し、その後自分の持ち味を発揮した。ゴール直前には後方に差をつけ、そのまま先頭でフィニッシュテープを切った。オヘアは3:52.0で2位に入り、4日前のレースと順位が逆になった。木曜日に開催されたミネソタ・マイルで優勝した、ベン・ブランケンシップが3:52.3で3位だった。34歳のウィリスは“今日の優勝は自らのこれまでの経験が活かされている”と語った。

Willis_NickFH-5thAve17

©2017 Photo Run / LetsRun.com

「思ったよりもゴールまで速くたどり着いた。(クリスがスパートしたのを見てそれに対応することとなったが)前でやり合っているのを冷静に後ろからトップスピードで抜き去っていればもっといいタイムでゴール出来たと思う。とはいえ、今日は自分のこれまでの長い経験を信じて走ったよ」

Simpson-Weightman-JuddW-5thAve17

©2017 Photo Run / LetsRun.com

女子の部ではシンプソンも、終始先頭近くを走ってはいたものの、ラストスパートのタイミングをうかがうようなレース展開に持ち込んだ。シンプソンはイギリスの22歳のジェシカ・ジャッドと、中間地点のボーナス賞金をかけて序盤から競ったが、ジャッドが2:10のタイムで中間地点を通過し賞金を手にした。しかし、ジャッドは男子のレースのように後続に飲み込まれるわけでもなく、残り400mでもジャッドはまだ先頭をキープしていた。

Judd-Simpson-5thAve17

©2017 Photo Run / LetsRun.com

しかし、シンプソンも虎視眈々とスパートのタイミングをうかがっており、残り200mでスパートを仕掛けた。ジャッドと、イギリスのローラ・ウェイトマンとエイリッシュ・マッコーガンがシンプソンのすぐ後ろに付いた。アメリカのブレンダ・マルティネスが差を詰めようと、少し遅れてスパートするも、残り100mでは誰もシンプソンには追いつけず、彼女は自らの優勝を喜ぶ様子も無く、あっさりと1位でゴールテープを切った。しかし、シンプソンの記録は、大会記録と同タイムだった。ウェイトマンが2位を死守し、ジャッドが3位に入り、6人の選手が※4:20を切った。

(※コースは約9mの下り)。

Simpson_JennyFH-5thAve17

©2017 Photo Run / LetsRun.com

「あまり早い段階からのスパートはしないけど、ゴールが見えた段階でギアを入れ替えたら後はゴールに向かって進むだけ」

シンプソンはレース後、NBCのインタビューにそう話した。

編集後記:元々は、この記事でシンプソンが大会記録を更新したと書いていたが、シンプソンのゴールタイムは4:16.65で、これまでの大会記録がプラマーの4:16.68だった。しかし、NYRRのプロフェッショナル・アスリート・コンサルタントのデイビット・モンティが連絡をくれて、シンプソンの公式記録が4:16.6に訂正され、プラマーの大会記録とのタイ記録になったと教えてくれた (ここ何年間でコースが微妙に変更されている)。他の選手のタイムも、NBCで放送されたタイムから調整されている。

男子結果

IMG_1937-e1505069087163

©2017 David Monti (Race Results Weekly)

女子結果

IMG_1936-e1505069126643

©2017 David Monti (Race Results Weekly)

“経験”も大切であるが“才能”も重要である

ウィリスとシンプソンは、過去にこのレースで何度も優勝をしている。よって、この2人はこのコースの事を誰よりも熟知しているだろうし、スパートのタイミングについてもよく知っている。しかし、そのような経験の他に、大切なものは何か?何よりも、他の選手よりも速い選手であるか、ということであるシンプソンは1500mという種目において、誰から見ても明らかに優秀な選手である。

この5番街マイルのレースでは通常アフリカ勢は出場しないので、アフリカ勢の選手がレースに出てこなければ、シンプソンが出場する1500m / 1マイルのレースでは本命の選手となるだろう。シンプソンが1500mの国際大会で※4つのメダルを獲得している事や、それ以外の種目 (3000mSCや5000m)でメダルが1つも獲得していない事を考慮すると、シンプソンは記録だけみてもこのレースの優勝候補で、仮にシンプソンが過去にこのレースを走ったことが無かったとしても、今回優勝していたと思う。

(※2011年大邱世界選手権金メダル、2013年モスクワ世界選手権銀メダル、2016年リオオリンピック銅メダル、2017年ロンドン世界選手権銀メダル)

男子のレースではウィリス、オヘア、フィリップ・インゲブリクトセン、アデル・ミチャール、そしてジョニー・グレコリックという、ロンドン世界選手権のファイナリストが揃った (インゲブリクトセンとミチャールは、ロンドン世界選手権の1500m決勝で3位と4位にそれぞれ入った)。

さらにジェイク・ワイトマンは今年ダイヤモンドリーグで優勝している。しかし、この中ではウィリスのキャリアが突出しているし、彼はスネの故障をしてから今年の7月までレベルの高いレースには出場していなかったので、故障明けからの期間を考えると今シーズンで今の状態が一番良い。今回の場合、彼がこのコースを熟知しているという事も有利に働くが、彼がそもそも素晴らしい選手だという事も、勝利の重要な要素となる。

Simpson_WillisFL-5thAve17

©2017 Photo Run / LetsRun.com

ウィリスとシンプソンは、今回のレースでは1番戦略的かつ無駄の無い安定した走りをみせた。事実、最近レッツランがしたインタビューで、ウィリスはシンプソンの戦略性の高さを賞賛しており、シンプソンはこのレース前の公式インタビューでウィリスに感謝の意を述べていた。

「ニックは本当に尊敬している選手です。私のレースについて、彼から褒めてもらえるなんて、これ以上の事はないわ。彼は、レースに勝つのに必要な事を、誰よりも知っているわ」

シンプソンはこう語っていた。2017年のニューバランス5番街マイルの優勝者という事以上に、2人には共通点がたくさんあるということだ。

*************************************

モハメド・ファラーが4連覇を達成:グレートノースラン

2017年9月10日

男子結果

MO FARAH 1 1:00:06
JAKE ROBERTSON 2 1:00:12
FEYISA LILESA 3 1:01:32
ZANE ROBERTSON 4 1:01:42
HIROYUKI YAMAMOTO 5 1:02:03
DATHAN RITZENHEIN 6 1:02:49
DEWI GRIFFITHS 7 1:02:53
BERNARD LAGAT 8 1:03:02
TSEGAI TEWELDE 9 1:03:14
KOEN NAERT 10 1:03:29

女子結果

MARY KEITANY 1 1:05:59
VIVIAN CHERUIYOT 2 1:07:44
CAROLINE CHEPKOECH KIPKIRUI 3 1:09:52
MAGDALYNE MASAI 4 1:10:39
BETSY SAINA 5 1:11:25
GEMMA STEEL 6 1:11:32
LILY PARTRIDGE 7 1:12:10
ALYSON DIXON 8 1:12:29
CARYL JONES 9 1:14:22
REBECCA MURRAY 10 1:15:49

*************************************

ビレル・プラハ・グランプリ10km:ケニアのジョイシリン・ジェプコスゲイが女性で人類初の10kmロード30:00切り – 素晴らしい29:43の世界記録が誕生

2017年9月09日

レッツラン・ジャパン記事

https://letsruncomjapan.wordpress.com/2017/09/10/joyciline-jepkosgei-smashes-10k-road-world-record-becomes-first-woman-break-30-roads-sensational-2942/

*************************************

ジョイシリン・ジェプコスゲイがプラハで大活躍

2017年9月12日

先週、誰もが疑う余地の無い素晴らしいパフォーマンスを、ケニアの23歳のジョイシリン・ジェプコスゲイが見せて、プラハで2度目の世界記録を打ち立てた。チェコの首都で10km、15km、20km、ハーフマラソンの世界記録を更新してから5か月後に、今度は女性で人類初のロード10km30:00切りとなる29:43で走り、5km、10kmの世界記録をこの第22回プラハ・ビレルグランプリで更新してみせた。

ジェプコスゲイはトラックの10000mでは“ほとんどのその名を聞かない”と言われていたが、それは真実ではない。ジェプコスゲイは今年6月9日の、ケニア・チャンプス (その2週間後に行われるケニア選手権前の別のレース)に出場し32:47.0で3位に入った。31:50.5で優勝したのはアリス・アプロットだった。その後、アプロットはケニア代表に選出され、ロンドン世界選手権の10000mで4位に入った。

そうは言っても、ジェプコスゲイがもしトラックでもっと走っていたなら“ロンドン世界選手権で少なくとも銀メダル獲れただろう”とも考えられる。トラックでは今まで4人の選手:アルマズ・アヤナ、王軍霞、ヴィヴィアン・チェリヨット、ティルネッシュ・ディババだけが10000mにおいて29:43よりも速い記録で走っている。

さらに、ジェプコスゲイは、昨年のアフリカ選手権で31:28.28の3位、5000mはケニアで数回走っていてる  (自己記録は15:40.0)。今回のレースで2位に入ったファンシー・チェムタイ (30:06)と、3位に入ったビオラ・ジェプチュンバ (30:25)はトラックでのキャリアがない。22歳のチェムタイは、今年4月にプラハでジェプコスゲイが世界記録を出したレースで、66:58で走っている。26歳のジェプチュンバは同じレースで65:22で走って世界歴代5位にランクインした。

ジェプコスゲイはたまにトラックレースに出場するが、今年の4月に彼女が世界記録を出すまでの間、彼女は世界であまり知られていなかった (彼女は去年はハーフを69:07で走っているが)。ジェプコスゲイは彼女の夫で、800m1:46の記録を持つニコラス・コエチを信じて (夫に練習を見てもらっている)、彼女の飛躍的な活躍のために日々練習を重ねた。なぜ、彼女は今まで良いランナーでなかったのか?と彼に聞いたところ、彼は多くを語らずGLOBERUNNERのパット・ブッチャーにこう言った。

「彼女は太っていて大きかった」

*************************************

不思議に思えるかもしれないが、男子の上位に入った選手のトラックでのキャリアを見ると、ケニア人とエチオピア人とで大きく対比しており、特筆すべきは、ロンドン世界選手権の10000mで26:56の5位に入っているエチオピアのメコネンが27:54で6位だった、ということである。

ちなみに、このレースの男子トップ5に入ったケニア人選手のトラックのキャリアは以下である。

  1. ベナード・キメリ:優勝, 27:10 – 22歳。今年の6月28日にオストラヴァで行われた10000m (ファラーが27:12優勝)で28:09.46の5位。
  2. マシュー・キメリ:2位, 27:11 – 19歳。オストラヴァでの10000mで27:14.43と、ファラーに競り負けて2位。 今年のケニア選手権10000mは6位 (28:23)、ケニア・チャンプス10000m優勝 (27:53)。5000mではケニアで今年13:33で走っている。
  3. ロネックス・キプルト:3位, 27:13 – 18歳。セントパトリック高校の高校生。ケニアジュニア選手権10000m王者 (29:05)、ケニアのエルドレッドでは5月に28:56で走っている。
  4. ジャストゥス・カンゴゴ:4位, 27:51 –  21歳。ハーフマラソンを今年59:31で走っており、トラックでは唯一データとして残っているのが、ナイロビで2015年に10000mを28:30.0で走った記録のみ。
  5. アモス・カーガット:5位, 27:53 – 25歳。トラックでは唯一データとして残っているのが、7月のイタリアでの3000mの8:08.70のみ。

*************************************

先週のベストツイート (9月7日)

「この勝利を天国のデイビッド・トーレンスに捧げる」 クリス・オヘア

ホカオネオネ・ロングアイランドマイル (デイビッド・トーレンスマイル)優勝

*************************************

先週のおさらい / ゲーレン・ラップは全力を出し切っていない

30:40 / 28:24:前半の10kmと後半の10km – ゲーレン・ラップは、先週の全米20kmロード選手権 (ファクソンロー・ニューヘイブンロードレース)でレオナルド・コリルとのスプリント勝負を制して優勝し、自身2つ目のの全米ロード選手権のタイトルを獲得した。

20kmで59:04という優勝タイムが、ハーフマラソンで62:18のペースだったという事実は、前半の10kmで様子を見ながらレースを進めたということが影響したのであ、まり気にしなくていいだろう。後半の10kmが28:24 (10km28:26がハーフ60:00ペース)というタイムで走破していることからわかるように、62分そこそこのハーフマラソンのペースでは、彼はまだまだ全力を出し切っていないと言えるだろう。

しかしながらラップのチームメイトで、オレゴンプロジェクトのジョーダン・ハセイは、後半の10kmのほうがタイムがかかっている (33:15 – 33:30)。後半の10kmのほうがやや上りであったことを考慮すると、彼女はイーブンペースで走っていたと言えるだろう。

このレースがシカゴマラソンへの調整レースであるとしたら、ハセイにとっては良くないレースであった。彼女は今回、ハーフマラソンで70:14のペースで走っていたが、ボストンマラソンでのマラソンデビューに向けて、その前に2回のハーフマラソンを走っていた時の方が調子は良かった (最初のハーフは68:40、その後のハーフで67:55)。

 

レッツラン記事

http://www.letsrun.com/news/2017/09/wtw-runnings-version-sergio-dipp-new-10k-wr-galen-rupp-jordan-hasay/

 

〈 TOP 〉

 

 

広告

先週のレースまとめ:5番街通りマイル、グレートノースラン、プラハ10km、全米20km選手権など」への3件のフィードバック

  1. ピンバック: ビレル・プラハ・グランプリ10km:ケニアのジョイシリン・ジェプコスゲイが女性で人類初の10kmロード30:00切り – 素晴らしい29:43の世界記録が誕生 – LetsRun.com Japan

  2. ピンバック: オリンピック1500mメダリスト、ニック・ウィリスへのインタビューその3:節制の大切さやタウフィク・マクルフィ不在の今シーズンとアスベル・キプロプの5000mのポテンシャルについて &#

  3. ピンバック: 全米5kmロード選手権記者会見での談話:ポール・チェリモは2018世界室内選手権3000mの金メダルを狙う、ブレンダ・マルティネスは800mを卒業 – LetsRun.com Japan

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中