ビレル・プラハ・グランプリ10km:ケニアのジョイシリン・ジェプコスゲイが女性で人類初の10kmロード30:00切り – 素晴らしい29:43の世界記録が誕生

ケニアのジョイシリン・ジェプコスゲイは、女性で人類初の10kmロード30:00切りである、29:43の世界記録でビレル・プラハ・グランプリ10kmを優勝し、プラハで今年2度目の歴史を塗り替えた。ジェプコスゲイの5km通過は14:33で、これは従来の5kmロードの※世界記録の14:46よりも速かった。

(※女子ロード5km世界記録に批准される見込み)

ジェプコスゲイは、このプラハで4月に開催されたスポルティシモ・プラハ・ハーフマラソンで、女性で人類初の65:00切りである、64:52の世界記録で優勝した。

ジェプコスゲイが、あのレースで最初の10kmを30:04 (この29:43のレースまでの女子10km世界記録)で走ったことを考えると、彼女が30:00を切ることは十分に可能であったし、ジェプコスゲイは序盤から後続を突き放し、独走体制を築いたことで、より世界記録への挑戦に集中できた。

唯一の問題は、男子選手のぺーサーと一緒に走っていた彼女が、14:33という、とてつもない速さで5kmを通過した後に、どこまで粘れるか、ということだった。さすがにレース後半、そのペースは落ちたものの、ジェプコスゲイは自身の持つ30:04の世界記録を21秒更新した。2位のバーレーンのファンシー・チェムタイは、30:06で従来の世界記録にはわずかに届かなかった。

男子のレースではケニアのベナード・キメリが27:10の大会記録でマシュー・キメリ (兄弟ではない)に競り勝ち、男子のレースも高速レースとなって白熱した戦いが展開された。

べナード・キメリとマシュー・キメリ、そして3位に入ったロネックス・キプルトは5kmを13:32で通過した後、後続を走っていた5人の集団を引き離した。

最後の直線に入る前、ベナード・キメリはスパートをかけ、キプルトを競り落とそうとしたが、マシュー・キメリは、ベナードのスパートに対応し、ゴール前の直線で競り合った。しかし残り50mでよろめきながらも、先頭でゴールしたのはベナードのほうだった。

女子結果

スクリーンショット 2017-09-10 8.31.08

©2017 Kip Evans (IkaIka Sports)

男子結果

スクリーンショット 2017-09-10 8.31.18

©2017 Kip Evans (IkaIka Sports)

 

レッツラン記事

http://www.letsrun.com/news/2017/09/joyciline-jepkosgei-smashes-10k-road-world-record-becomes-first-woman-break-30-roads-sensational-2942/

関連記事

先週のレースまとめ:5番街通りマイル、グレートノースラン、プラハ10km、全米20km選手権など

 

〈 TOP 〉

広告

ビレル・プラハ・グランプリ10km:ケニアのジョイシリン・ジェプコスゲイが女性で人類初の10kmロード30:00切り – 素晴らしい29:43の世界記録が誕生」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 先週のレースまとめ:5番街通りマイル、グレートノースラン、プラハ10km、全米20km選手権など – LetsRun.com Japan

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中