全米20kmロード選手権:オレゴンプロジェクトンのゲーレン・ラップとジョーダン・ハセイが制する

9月4日に全米20kmロード選手権が開催 (Faxon Law New Haven Road Raceと並行して開催)され、男子はゲーレン・ラップが59:04で、女子はジョーダン・ハセイが66:35で優勝した。

男子のラストスパートは、ロンドン世界選手権男子10000mで代表落ちしたラップと、そのロンドン世界選手権で10000mの自己記録を更新したコリルとの争いになった。ラスト争いでラップがリードしていたが、ゴール手前でコリルが猛追してほぼ同時にゴール。もう少し距離が長かったら、コリルが勝っていたかもしれない。

ラップの優勝タイムは59:04 (30:40 – 28:24のネガティブラップ。20km59:04はハーフマラソン62:18ペース) で、2位のコリルは59:05、3位のチェランガは59:16だった。

一方、女子はハセイは66:35 (20km66:35はハーフマラソン70:14ペース) で圧勝した。ロンドン世界選手権女子10000m代表のエミリー・シッソンは欠場した。

 

レッツラン記事

http://www.letsrun.com/news/2017/09/galen-rupp-edges-leonard-korir-2017-usa-20km-title-faxon-law-new-haven-road-race-video/

 

〈 TOP 〉

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中