ウェルトクラッセチューリヒ (チューリヒDL): 男子5000m – モー・ファラー、最後のトラックレースを壮絶なクライマックスの勝利で締めくくる

8月24日にスイスのチューリヒで、ウェルトクラッセチューリヒ (ダイヤモンドリーグチューリヒ大会)が開催された。

 

男子5000m:史上稀にみる空前絶後のゴール前をファラーが制する

ファラーはラスト1周を52.61 (ラスト200m25.7)でカバーし、13:06.05のタイムで優勝し、リオオリンピック銀メダリストのポール・チェリモをくだした。チェリモは、ロンドン世界選手権王者のムクター・エドリスとの競り合いを制し(同タイム着差あり)2位でフィニッシュした。

※しかし、ゴール前でエドリスが倒れたのはチェリモが押した、とのことで、その後チェリモは失格となった。

エドリスは最後まで優勝を狙おうとゴールラインに必死に飛び込むも、最後は勝利への焦りとチェリモに押されたことでバランスを崩し転倒してしまったものの繰り上がりで2位。2016年の世界屋内選手権3000m王者のヨミフ・ケジェルチャは13:06.18の3位でフィニッシュした。

Embed from Getty Images

0.13秒の中に上位4人が一斉にゴールした。

ファラー、チェリモ、エドリス、そしてケジェルチャ

しかし、この接戦のゴールも驚きではなない。彼らはたった12日前にロンドン世界選手権5000mで戦った世界トップ4の選手なのである。

5000 Metres - Men 
                                                                
    1 Farah , Mohamed                  GBR   13:06.05                      
    2 Edris , Muktar                   ETH   13:06.09           
    3 Kejelcha , Yomif                 ETH   13:06.18           
    4 Barega , Selemon                 ETH   13:07.35           
    5 Ahmed , Mohammed                 CAN   13:10.26           
    6 Alamirew , Yenew                 ETH   13:13.08           
    7 Rop , Albert Kibichii            BRN   13:14.31           
    8 True , Ben                       USA   13:17.62           
    9 Legese , Birhanu                 ETH   13:24.89           
   10 Kwemoi , Ronald                  KEN   13:55.56  

      Chelimo , Paul Kipkemoi          USA        DQ        
      Cheboi , Collins                 KEN        DNF           
      Kangogo , Cornelius Kipruto      KEN        DNF           
      Mechaal , Adel                   ESP        DNF

ファラーの明確な戦略勝ち

ファラーは、得意の勝ちパターンで見事な優勝を収めた。ラスト1周の鐘とともに先頭に出て、ラスト400mを駆け抜けた。ロンドン世界選手権のトップ4の選手が、わずか0.13秒内でひしめき合ったこのレースでは、最後のポジション取りが重要となった。

バックストレッチでケジェルチャが差を詰めてきた時にも、ファラーは再び加速してリードを死守した。その後、ケジェルチャはエドリスに内をすくわれ、少し外に膨らんでしまったため、最終コーナーでケジェルチャとエドリスはファラーの外側を回ることになってしまった。

ファラーがラスト1周を52.61というすさまじいスピードで走っても、ゴール前は今までにない接戦となった。この事から、ファラーを追いかけた3人の選手がいかに強いのかが分かるだろう。ファラーを抜かすために彼らはさらに速いスピードで走らなければならなかったからだ。

しかし、5000mのラスト1周を52.61で走る選手を倒すのはそれだけでは厳しい。それが、さらに外側から余分な距離を走らなければならないとなると、さらに勝つのは困難である。

ファラーはレース後に

Farah said after the race that he wanted to sit on Edris, but once he got to the lead, he knew he could not afford to give it up.

“Tonight, the game plan was just sit on him and make him do a lot of the work,” Farah said. “And at the same time, going into the last lap, do not give anyone an inch. And that’s what I did. At one point, I was like, Oh my god, can I hold this? And I was telling myself: yes you can, yes you can.

ケジェルチャとエドリスは、もしかしたら今日のレースを後悔しているかもしれない。しかし、ポール・チェリモのラストスパートはピカイチだった (ラスト1周のタイムはチェリモが一番速い)。チェリモはラスト100mで抜け出そうとするほどの動きを見せたが、ファラーとエドリスに前を塞がれてしまった。

ファラー最後のトラックレース。最高の終焉

ファラーは彼のキャリアの中でたくさんの勝利を収めてきた。ホームストレッチで競り合うことはよくあったが、彼のスパートは素晴らしく、ゴールで自らの勝利を祝福する余裕もあるほどだ。しかし、ロンドン世界選手権の5000mと同じく、今回のチューリヒでも、ファラーは最後まで全力で走らなければならなかった。そして、今回彼が求めていた結果を手に入れることができた。

Embed from Getty Images

「エドリスとはたくさん話したんだ。僕のキャリアをどう終わらせるか、そしてリベンジをどうやって世界に見せつけるか」

今日の勝利はファラーにとって、さらに特別なものとなった。なぜなら、今日はちょうどアイシャとアマニ、ファラーの双子の娘の誕生日だったのだ。

【レース後インタビュー】

ポール・チェリモがポケットされてなかったら、ポールが勝っていた?

〜ポール・チェリモは失格。2位の賞金20,000ドルも虚しく、手ぶらで帰国〜

ポール・チェリモ、失格。仮にポール・チェリモがエドリスを押し倒していなかったら、彼は3位だったので、3位の賞金の10,000ドルを獲得し損ねた。

動画を見返すと、エドリスはエネルギー切れで、何とかフィニッシュしようと倒れこんだように見える。去年のリオオリンピックの女子400mでもあったが、何がなんでも勝ちたいという強い思いでゴールへタイブする選手もいる。今夜のエドリスもそうだった。エドリスは優勝に向け全力を出したが、ラスト20mで一番キレのある動きだったのはチェリモだった。

残念なことに、ラスト100mを迎えるときのチェリモは一番内側に位置していて、この地点で4位。前にファラーとエドリスがいて壁になっていたので、チェリモは行き場をなくしていた。チェリモはそこから追いすがるも、進路が狭くなったゴール手前で、ファラーとエドリスに向かって手を伸ばしてしまった。

edris-farah-chelimo-gif-zurich-2017

【レース動画 – ハイライト版】

ポール・チェリモ “もっと強い選手にならないといけない。ラスト1周で50秒を切って走らなければ勝てない”「安全上の理由から」US Armyのユニフォームは着れなかった。

※※※

 

男子1500m

1500 Metres - Men 
                                                                
    1 Cheruiyot , Timothy              KEN    3:33.93           
    2 Kiplagat , Silas                 KEN    3:34.26           
    3 Manangoi , Elijah Motonei        KEN    3:34.65           
    4 Kiprop , Asbel                   KEN    3:34.77           
    5 Simotwo , Charles Cheboi         KEN    3:34.93           
    6 Kibet , Vincent                  KEN    3:34.96           
    7 Wightman , Jake                  GBR    3:35.25           
    8 Holuša , Jakub                   CZE    3:35.81           
    9 Lewandowski , Marcin             POL    3:36.02           
   10 Mikhou , Sadik                   BRN    3:36.04           
   11 Birgen , Bethwell Kiprotich      KEN    3:38.87           
   12 Ingebrigtsen , Filip             NOR    3:41.36           
      Kivuva , Jackson Mumbwa          KEN        DNF           
      Rotich , Andrew Kiptoo           KEN        DNF

 

女子3000mSC

3000 Metres Steeplechase - Women 
                                                                
    1 Jebet , Ruth                     BRN    8:55.29           
    2 Chepkoech , Beatrice             KEN    8:59.84           
    3 Tanui , Norah Jeruto             KEN    9:05.31           
    4 Coburn , Emma                    USA    9:14.81           
    5 Jepkemoi , Hyvin Kiyeng          KEN    9:14.93           
    6 Krause , Gesa Felicitas          GER    9:15.85           
    7 Assefa , Sofia                   ETH    9:16.45           
    8 Chespol , Celliphine Chepteek    KEN    9:17.56           
    9 Diro , Etenesh                   ETH    9:20.94           
   10 Schlumpf , Fabienne              SUI    9:28.80           
   11 Kirui , Purity Cherotich         KEN    9:40.89           
      Gathoni , Ann                    KEN        DNF           
      Sidi Madane , Fadwa              MAR        DNF           
      Tuigong , Caroline Chepkurui     KEN        DNF

 

女子800m:キャスター・セメンヤ20連勝!

800 Metres - Women 
                                                                
    1 Semenya , Caster                 RSA    1:55.84           
    2 Niyonsaba , Francine             BDI    1:56.71           
    3 Wambui , Margaret Nyairera       KEN    1:56.87           
    4 Alemu , Habitam                  ETH    1:57.05           
    5 Hassan , Sifan                   NED    1:57.12           
    6 Lipsey , Charlene                USA    1:57.99           
    7 Bishop , Melissa                 CAN    1:58.30           
    8 Büchel , Selina                  SUI    1:59.83           
    9 Sum , Eunice Jepkoech            KEN    2:04.31           
      Verstegen , Sanne                NED        DNF

 

レッツラン記事

http://www.letsrun.com/news/2017/08/great-mo-farah-ends-track-career-epic-win-one-craziest-finishes-weve-ever-seen/

 

〈 TOP 〉

広告

ウェルトクラッセチューリヒ (チューリヒDL): 男子5000m – モー・ファラー、最後のトラックレースを壮絶なクライマックスの勝利で締めくくる」への6件のフィードバック

  1. トリプルスリー

    ポールチェリモはロンドン世界選手権は5000m銅メダルだったのでは?

    レッツランいつも楽しんで読んでいます!
    これからも世界の陸上についてよろしくお願いします!

    いいね: 1人

  2. ピンバック: メモリアル・ヴァンダンメ (ブリュッセルDL):世界王者のC.キプルト、キピエゴン、オビリがダイヤモンドリーグの総合タイトルを獲得 – LetsRun.com Japan

  3. ピンバック: 全米5kmロード選手権記者会見での談話:ポール・チェリモは2018世界室内選手権3000mの金メダルを狙う、ブレンダ・マルティネスは800mを卒業 – LetsRun.com Japan

  4. ピンバック: モー・ファラーがマラソン復帰:イギリス記録の更新を目指す – LetsRun.com Japan

  5. ピンバック: ロンドン世界選手権男子5000m決勝その①:レッツランの分析 – ムクター・エドリスはどのようにしてモー・ファラーを破ったのか? – LetsRun.com Japan

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中