ウェルトクラッセチューリヒ (チューリヒDL): 男子5000m展望 – ファラーがトラックに別れを告げる

男子5000m:モー・ファラー、トラック最後のレースでリベンジなるか。マクター・エドリスと再び対決

Name Country PB SB
Moh Ahmed Canada 13:01.74 13:08.16
Yenew Alamirew Ethiopia 12:48.77 13:06.81
Selemon Barega Ethiopia 12:55.58 12:55.58
Collins Cheboi Kenya
Paul Chelimo USA 13:03.90 13:08.62
Muktar Edris Ethiopia 12:54.83 12:55.23
Mo Farah Great Britain 12:53.11 13:00.70
Cornelius Kangogo Kenya 13:10.80 13:21.26
Yomif Kejelcha Ethiopia 12:53.98 13:01.21
Ronald Kwemoi Kenya 13:16.14 13:24.42
Birhanu Legese Ethiopia 13:08.88 13:26.40
Adel Mechaal Spain 13:15.40 14:07.93
Alber Rop Bahrain 12:51.96 13:04.82
Ben True USA 13:02.74 13:10.83

チューリッヒの男子5000mには偉大な歴史がある。ハイレ・ゲブレシラシエが2度も世界記録を出した場所だ。1995年には、今でも語り継がれる12:44.39という、当時の世界記録から10秒も更新した素晴らしい記録を打ち立てている。 そのレースを見たことがないのなら、今この瞬間に見た方がいい。彼が世界記録を破ると確信したアナウンサーが我を忘れて実況する様子が見れる。

チューリッヒは、アメリカの陸上ファンにとってもいい思い出の場所である。1996年にボブ・ケネディが12:58.21の自己ベストを出し、その13年後、同じトラックでディゼン・リッツェンヘインが12:56.27で走り、ケネディのアメリカ記録を更新したのだ。 しかし、12分台の高速レースを期待するファンにとっては残念であるが、木曜日のチューリッヒでの5000mのレースでは歴史的な高速レースを見れる可能性はあまりないだろう。(男子5000mのダイヤモンドリーグ最終戦ということもあって)賞金50,000ドルという、速さよりも順位が重要となるレースになるだろう。

エドリスやファラーなど、ロンドン世界選手権で上位6位までに入った選手が勢揃いするレースだけに、スピードレースを期待できないのは残念だ。エドリスは今シーズン世界最高記録の12:55を出しており、ファラーは自己ベスト (12:53)が出せる調子だと言っているが、日曜日のバーミンガムでの3000mで勝利を収めた後に “エドリスなどのライバルを追う展開になれば、スピードを上げていく”と語っていた。

「賞金が高いから、今回のレースで他の選手がどういう走りをするかは見当がつかない」

とファラーは述べた。 ファラーだけではなく、ポール・チェリモも相当に調子を上げてきている。ロンドン世界選手権で銅メダルを獲ったチェリモは、13:00を切って走ってくることが出来るだろうし、仮に今回のレースが (その確率は少ないにしても)タイムトライアルのような高速レースになると、バーナード・ラガトの持つ12:53.60のアメリカ記録をも上回る勢いで来るかもしれない。

エチオピア勢のエドリス、ケジェルチャ、バレガもいるので、高速レースになる可能性もまだあるが、ペースメーカーがいなくなった後の、後半部分を積極的に引っ張る選手が果たして出てくるだろうか。

Embed from Getty Images

誰が勝つか?ということに関しては、誰もがファラー崩しを狙ってくるだろう。しかし、エドリスの調子は抜群に良く、ロンドン世界選手権でもラスト1周を52.3というキレのあるスパートでファラーをくだし、名高いパリDLとローザンヌDLのレースでもエドリスはトップクラスの選手達に勝っている。 しかし、ロンドン世界選手権でのファラーの敗北は、この4年間の彼の出場した5000mなかで唯一の敗戦であったため、ファラーはキャリア最後のトラックレースで確実に勝ちを狙ってくるだろう。

しかし、ロンドン世界選手権でファラーとたった0.08差だったチェリモも見過ごせない存在だ。アメリカ記録更新はかなり高速なレースにならないと狙えないが、それでも13:00切りは虎視眈々と狙ってくるだろう。2013年9月以降にバーナード・ラガトが13:00を切ってから、アメリカ人選手の13:00切りが出ていない。いずれにせよ、彼にとって十分にいいレースとなるだろう。

ロナルド・ケモイがスタートリストに載っていることは、少しばかり驚きである。今年はじめの調子はすごく良く、ドーハDL (3000m)とユージンDL (1マイル)で勝ったが、先月怪我をした影響が残っていて、走りも振るわず、ロンドン世界選手権では1500m準決勝で姿を消している。

ケモイはチューリッヒDLの1500mに出場もできたが、彼は5000mを選んだ。おそらく、短い距離でマナンゴイやチェリヨットのようなスピードのある選手に対抗するよりかは、少し長い距離でペースが落ち着くようであればラストスパートで勝つことができる可能性の方があると思ってのことだろう。もしそうなれば、レースは慎重に進みスローペースになりうる。もしケモイが100%の状態でなかったら、エドリスやファラーのいるなかでそのスパートは炸裂しないだろう。

アメリカのベン・トゥルーも、パリDLとローザンヌDLで6位に入ったため、今回のチューリヒDL5000mの出場権を得ている。彼がベストな状態で走れたとしても、このレースでは苦戦するだろう。8月5日のビーチ・トゥ・ビーコンの10kmのロードレースで、ステファン・キベットとのラストの競り合いに負け、27:56でゴールしている (キベットは27:55)。

レッツランの予想

ファラーは一番の最高の選手であるが、今はエドリスの調子の方が良い。ロンドン世界選手権のように、完璧なエンディングは誰も予想できないが、ファラーの最後のトラックレースは、エドリスに負けて幕を閉じるだろう。

 

レッツラン記事

http://www.letsrun.com/news/2017/08/2017-weltklasse-zurich-preview-mo-farah-says-goodbye-track-emma-coburn-chases-sub-900-elijah-manangoi-looks-close-big-year-1500/

 

〈 TOP 〉

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中