Meeting International Mohammed VI d’Atlétisme (ラバトDL) 結果 – 男子800mはアモスが4連勝、男子3000mと男子3000mSCは地元モロッコの雄が優勝

7月16日にモロッコのラバトで、Meeting International Mohammed VI d’Atlétisme (ダイヤモンドリーグ・ラバト大会)が開催された。

 

男子800m

失礼を承知で申し上げると、ディフェンディングチャンピオンのデイビッド・ルディシャではなく、ボツワナのナイジェル・アモスが来月ロンドン世界選手権の大本命だろう。23歳のアモスは現在4連勝中で、ダイヤモンドリーグではパリで1:44.24、ロンドンで1:43.18、ラバトで1・43.91と全て先頭で駆け抜けた。今こそ、ロンドンオリンピックのリベンジの時である。

Embed from Getty Images

アモスはパリDLとロンドンDLと同じようにペーサーの後ろでレースを進め、ペーサーが抜けてからはそのまま先頭で押し切るというレースで優勝している。

400m – 49.81 (アモスは50.4) 600m – 1:17.10 (26.7)

800m – 1:43.91 (26.81) =50.4 + 53.51

POS ATHLETE COUNTRY MARK
1 Nijel AMOS BOT BOT 1:43.91
2 Kipyegon BETT KEN KEN 1:44.28
3 Donavan BRAZIER USA USA 1:44.62
4 Brandon MCBRIDE CAN CAN 1:45.01
5 Ferguson Cheruiyot ROTICH KEN KEN 1:45.26
6 Nicholas Kiplangat KIPKOECH KEN KEN 1:45.37
7 Robert Kiptoo BIWOTT KEN KEN 1:45.75
8 Mostafa SMAILI MAR MAR 1:45.79
Bram SOM NED NED DNF

 

男子1500m – モロッコ・ワン・ツー・スリー!

1500 Metres - Men 
                                                                
    1 Akachab , Brahim                 MAR    3:35.03           
    2 Elkaam , Fouad                   MAR    3:36.26           
    3 Essalhi , Younés                 MAR    3:36.90           
    4 Letting , Vincent                KEN    3:37.96           
    5 Taki , Kumari                    KEN    3:39.52           
    6 Hedeilli , Takieddine            ALG    3:39.96           
    7 Akankam , Hicham                 MAR    3:40.21           
    8 Ben Zahra , Abdelkarim           MAR    3:43.07           
    9 El Jalaoui , Badr                MAR    3:43.68           
   10 Zahaf , Amine                    MAR    3:46.52           
      Bustos , David                   ESP        DNF           
      Jamma , Samir                    MAR        DNF           
      Seurei , Benson Kiplagat         BRN        DNF           
      Nabil , Oussama                  MAR        DNS

 

女子1500m

Pl. Athlete / Team Cnt. Result
1. Angelika CICHOCKA POL 4:01.93
2. Rababe ARAFI MAR 4:02.19
3. Brenda MARTINEZ USA 4:02.75 SB
4. Laura WEIGHTMAN GBR 4:03.07
5. Malika AKKAOUI MAR 4:03.36 PB
6. Shannon ROWBURY USA 4:04.73
7. Nelly JEPKOSGEI KEN 4:04.93
8. Zoe BUCKMAN AUS 4:04.93 SB
9. Judith KIYENG KEN 4:05.20
10. Siham HILALI MAR 4:06.20 SB
11. Solange Andreia PEREIRA ESP 4:06.39 PB
12. Soukaina BELIL MAR 4:20.28 PB
13. Imane EL BOUHALI MAR 4:24.67
Jennifer MEADOWS GBR DNF

 

男子3000m

地元モロッコのアブデラティ・イギデールが7:37.82で快勝。

1000m – 2:35.2 2000m – 5:10.2 (2:35.0)

3000m – 7:37.82 (2:27.6, ラスト400m55.6 , ラスト200m27.0)

3000 Metres - Men 
                                                                
    1 Iguider , Abdalaati              MAR    7:37.82           
    2 Mechaal , Adel                   ESP    7:38.35           
    3 Bouqantar , Soufiyan             MAR    7:38.65           
    4 Aouad , Zouhair                  BRN    7:39.91           
    5 Fifa , Illias                    ESP    7:40.55           
    6 Kaazouzi , Brahim                MAR    7:41.88           
    7 Gregson , Ryan                   AUS    7:42.19           
    8 Ngelel , Franklin                KEN    7:42.56           
    9 Soi , Edwin Cheruiyot            KEN    7:43.20           
   10 Cheboi , Collins                 KEN    7:45.13           
   11 Birgen , Bethwell Kiprotich      KEN    7:47.28           
   12 Kibet , Vincent                  KEN    7:50.54           
      Briami , Adil                    MAR        DNF           
      Kangogo , Cornelius Kipruto      KEN        DNF

イギデールはいつも大舞台でうまくまとめて走っている。彼の最近9年の選手権での1500mの結果は以下である。

2008年北京オリンピック:5位

2009年ベルリン世界選手権:11位

2011年大邱世界選手権:5位

2012年ロンドンオリンピック:3位

2013年モスクワ世界選手権:準決勝敗退

2015年北京世界選手権:3位

2016年リオオリンピック:5位

しかし、今年のレースでその実力を発揮出来ていない。今日は勝ったものの、メンバーが薄かった。イギデールが今どのぐらいの位置にいるのかを読むのは難しい。彼が来週のモナコDLで1500mを走れば、その答えが出るかも知れない。

“ペーサー”でイギデールと同じく、モロッコ人のアディル・ブリアミはフライングに気付かずにそのまま…

 

男子3000mSC

リオオリンピック金メダリストのコンセスラス・キプルトが途中棄権、エル・バッカリとエヴァン・ジェイガーが金メダルのダークホースとなった

Embed from Getty Images Embed from Getty Images

21歳のモロッコ人、スーフィアン・エル・バッカリが、好メンバーの揃ったこのレースで地元の声援の後押しを受けながら、最後の1周でジェリアス・ビレチの前に出て、そのまま先頭で駆け抜けた。

Embed from Getty Images Embed from Getty Images

エル・バッカリの印象的な勝利と同じくらい重要な出来事は、リオオリンピック金メダリストで2017年もこの種目を牽引しているコンセスラス・キプルトの途中棄権であった。

Pl. Athlete / Team Cnt. Result
1. Soufiane EL BAKKALI MAR 8:05.12 PB
2. Jairus Kipchoge BIRECH KEN 8:10.91
3. Amos KIRUI KEN 8:12.18
4. Abraham KIBIWOTT KEN 8:16.25
5. Andrew BAYER USA 8:16.73
6. Ibrahim EZZAYDOUNY MAR 8:18.50 PB
7. Hailemariyam AMARE ETH 8:21.76
8. Altobelli SANTOS DA SILVA BRA 8:23.67 PB
9. Mohamed TINDOUFT MAR 8:28.04
10. Lawrence Kemboi KIPSANG KEN 8:32.27
11. Ali MESSAOUDI ALG 8:37.54 SB
12. Yemane HAILESELASSIE ERI 8:45.88
13. Fernando CARRO ESP 8:49.76
Hicham SIGUENI MAR DNF
Mounaime SASSIOUI MAR DNF
Conseslus KIPRUTO KEN DNF
Hamid EZZINE MAR DNF

レース後、キプルトは故障をしていることを確認した。

「私はまだ右足のかかとに多くの問題を抱えている。 (それでも)私はレースに出場することに決め、痛みが無くなることを願っていた。 しかし、このレースを欠場して、休養に当てればよかった」

彼が100%でないなら、ロンドン世界選手権では本命不在の混戦となる。 歴史的に、エゼキエル・ケンボイは世界選手権を制覇してきたが、彼は今、35歳で今シーズン8:30を切っていない。キプルトは8:04を今シーズン記録し、ランキング1位で、2位はエル・バッカリである。 来週のモナコDLで、エヴァン・ジェイガーについて多くのことがわかるだろう。

少しばかりのユーモアが欲しいならこの動画を。水濠で….

 

女子3000mSC

2015年の北京選手権の女子3000mSCで銅メダルを獲得したドイツのゲザ・フィリシアス・クローゼが9:18.87でダイヤモンドリーグのレースで初優勝となった。リオオリンピックの金メダリストで世界記録保持者のルース・ジェベットは欠場した。

Embed from Getty Images Embed from Getty Images
3000 Metres Steeplechase - Women 
                                                             Pts
    1 Krause , Gesa Felicitas          GER    9:18.87          8
    2 Tanui , Norah Jeruto             KEN    9:20.51          7
    3 Chepngetich , Rosefline          KEN    9:20.69          6
    4 Sidi Madane , Fadwa              MAR    9:23.99          5
    5 Kirui , Purity Cherotich         KEN    9:25.55          4
    6 Yavi , Winfred Mutile            BRN    9:27.61          3
    7 Tuigong , Caroline Chepkurui     KEN    9:39.00          2
    8 Garcia , Stephanie               USA    9:40.63          1
    9 Ketema , Maritu                  ETH    9:40.80           
   10 Gathoni , Ann                    KEN   10:02.42
Embed from Getty Images

クローゼの調子はとてもいいが、女子3000mSCは2015年に比べると2017年のレベルが上がっているといえる。

クローゼは今年始めエチオピアでトレーニングをしていたが、あまり気に入らず、通常のトレーニング地であるケニアに戻った。彼女は今年すでに9:15.70の自己ベストを出しているが、2015年と同様、2017年世界選手権も厳しいメダル争いが待ち構えているだろう。

今シーズンは6人の選手が9:10(実際には9:08)より速く走っているが、2015年には、そのタイムで走ったのは1人だけだった。このレースのスプリットは、クローゼが2015年の北京世界選手権で銅メダルを獲得した時のレースのラップタイムに似ている。

北京世界選手権での最初の1000mは3:09.96、2000mは6:22.27で、クローゼは9:19.27で銅メダルを獲得した。今日のレースの最初の1000mは3:06.05、2000mは6:16.95で、クローゼは9:18.87で優勝。最後の1000mは3:01だった。

ジェベットが、パリDLの敗戦で調子を崩したので、今回新たなライバルが加わった。今年はジェベットがダイヤモンドリーグで1回しか優勝していないことを考えると、彼女が今この時期にしっかりと調整をしてこないと、ロンドン世界選手権で優勝することは難しいだろう。

 

レッツラン記事

http://www.letsrun.com/news/2017/07/rabat-diamond-league-recap-nijel-amos-andre-de-grasse-elain-thompson-ryan-crouser-keep-rolling-conseslus-kipruto-goes-injured-moroccans-impress/

 

〈 TOP 〉

 

広告

Meeting International Mohammed VI d’Atlétisme (ラバトDL) 結果 – 男子800mはアモスが4連勝、男子3000mと男子3000mSCは地元モロッコの雄が優勝」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: ロンドン世界選手権:女子3000mSC展望 – アメリカのエマ・コバーンが混戦のなかでメダルを狙う – LetsRun.com Japan

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中