(速報)5000m12分台・10000m26分台を達成したクリス・ソリンスキーがフロリダ大学の長距離部門のアシスタントコーチに就任

アメリカのクリス・ソリンスキーが、ウィリアム・アンド・メアリー大学のコーチの座を離れ、フロリダ大学の長距離コーチに就任することが決まった。

ソリンスキーは、2010年のペイトン・ジョーダン招待で、自身の10000mのデビュー戦にもかかわらず26:59.60のアメリカ記録 (当時)で走り、非アフリカ人選手として世界で初めての10000m26分台ランナーとなった。

また、5000mも12分台である12:55.53を記録し、同じアメリカのゲーレン・ラップとともに5000mも12分台、10000mも26分台を持つランナーとして世界で名を馳せた。

ソリンスキーは現役時代の後半から選手の指導に携わるようになり、2012〜14年にはオレゴン州のポートランド大学でボランティアコーチとして、2014年の8月からバージニア州のウィリアム・アンド・メアリー大学で中長距離部門のアシスタントコーチとして指導を始めた。

その時、ソリンスキーは長らくハムストリングの故障に悩まされおり、2016年の春に現役引退を決めた。その後2016年の9月に、正式にウィリアム・アンド・メアリー大学で中長距離部門のヘッドコーチに就任したが、今回フロリダ大学の長距離部門のアシスタントコーチとして就任する事となった。

フロリダ大学は、2016年、2017年と全米大学屋外選手権 (NCAA DI Outdoor Track & Field Championships)の男子総合において優勝しており、各種目にレベルの高い選手を揃える。日本からはサニブラウン・アブデル・ハキームがこのあとフロリダ大学に入学する。

 

レッツラン掲示板

http://www.letsrun.com/forum/flat_read.php?thread=8310516

 

〈 TOP 〉

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中