ミューラー・アニバーサリー・ゲーム (ロンドンDL) 結果 – 男子1500mはオヘア、男子3000mはファラーがホームで優勝。女子1マイルはオビリが大会記録&ケニア記録で快勝!

7月9日にイギリスのロンドンで、ミューラー・アニバーサリー・ゲーム (ダイヤモンドリーグロンドン大会)が開催された。

男子800m

ボツワナのナイジェル・アモスは2012年のロンドンオリンピックで銀メダルを獲得した時と同じロンドンの舞台で快勝した。ペーサーのソムが49.58で1周目を通過し、500mまで引っ張った。そこからは、先頭を走るアモスと、全米屋外選手権を制したドナヴァン・ブレイジャーと、ケニアのアスベル・キプロプの3人の争いとなった。

ブレイジャーは全米屋外選手権で優勝した時のように最終コーナーで良いポジションを確保していたが、最後までアモスをとらえる事が出来なかった。アモスが完全な復調を思わせる1:43.18のタイムで快勝し、ブレイジャーは1:43.95で2位、キプロプは1: 44.43で3位となった。

Embed from Getty Images
Pl. Athlete / Team Cnt. Result
1. Nijel AMOS BOT 1:43.18 WL
2. Donavan BRAZIER USA 1:43.95 SB
3. Asbel KIPROP KEN 1:44.43 SB
4. Erik SOWINSKI USA 1:44.82
5. Elliot GILES GBR 1:44.99 PB
6. Adam KSZCZOT POL 1:45.21 SB
7. Jake WIGHTMAN GBR 1:45.42 PB
8. Kyle LANGFORD GBR 1:45.45 PB
9. Andrew OSAGIE GBR 1:45.75
10. Guy LEARMONTH GBR 1:45.77 PB
11. Mark ENGLISH IRL 1:47.04
Bram SOM NED DNF

デイビッド・ルディシャ、あなたはまだ心配していますか?

男子800mは、ロンドン世界選手権では非常に混戦だろう。デイビッド・ルディシャは、世界最高の800mのランナーであり、世界選手権のディフェンディング・チャンピオンであるが、今年は不調である (しかし、火曜日のハンガリーのレースで1:44.90で優勝)。

一方、アモスは9日間で2度のダイヤモンドリーグで優勝した。彼は現在、彼の最近の3レースにすべて勝利し、1:45.74→1:44.24→1:43.18と調子を上げてきている。そして、オレゴン・トラック・クラブ (OTC)のヘッドコーチのマーク・ローランドのもとで、アモスはOTCに移籍してから初めてのシーズンで今、ピークに達している。

イギリス人選手の自己記録ラッシュ

5人のイギリス人選手がのうち4人が自己記録で走り、5人すべてがロンドン世界選手権の参加標準記録である1:45.90を突破した。エリオット・ジャイルズとガイ・リーマンスは先週のイギリス選手権でワンツーを決めたので、二人はこのレースでロンドン世界選手権への切符を手にした。

名前 それまでの自己記録 このレースのタイム
エリオット・ジャイルズ 1:45.54 1:44.99
ジェイク・ワイトマン 1:45.82 1:45.42
カイル・ラングフォード  1:45.78 1:45.45
ガイ・リーマンス  1:46.65 1:45.77

 

男子1500m

クリス・オヘアは好調を維持している

先週、イギリス選手権の1500mで優勝したクリス・オヘアは今週もロンドンで勝利し、イギリスで2週連続の勝利を収めた。レースはペーサーが57.49で400mを通過し、800mは1:55.24で通過。グライス、イングブリングセン、キベットとめまぐるしく順位が入れ替わる中、ラストの直線ではオヘアが外から抜け出しにかかり、最後の30mで抜け出し勝利した。

Pl. Athlete / Team Cnt. Result
1. Chris O’HARE GBR 3:34.75
2. Vincent KIBET KEN 3:34.88
3. Filip INGEBRIGTSEN NOR 3:34.91
4. Ryan GREGSON AUS 3:36.17
5. Charlie GRICE GBR 3:36.29
6. Bethwell BIRGEN KEN 3:36.44
7. David BUSTOS ESP 3:36.55 SB
8. Kalle BERGLUND SWE 3:36.60 PB
9. Jordan WILLIAMSZ AUS 3:37.15
10. Ben BLANKENSHIP USA 3:37.19
11. Tom MARSHALL GBR 3:37.45 PB
12. Sofiane SELMOUNI FRA 3:37.54
13. Robbie FITZGIBBON GBR 3:37.74
14. Brannon KIDDER USA 3:38.71 PB
15. Luke MATHEWS AUS 3:40.86
Andrew Kiptoo ROTICH KEN DNF

クリス・オヘアの隠し球

オヘアは近年、怪我の影響を抱えて(2015年にハムストリング、2016年に膝を故障)いたにもかかわらず、1500mで北京世界選手権とリオオリンピックでそれぞれ、あと一歩で決勝というところまで迫った。今年オヘアは絶好調で、最近の3レースでは勝利し、さらに今年は自身最高のタイムを2度記録(彼は5月のOxyで3:34.35、今日は3:34.75)し、素晴らしい結果を残した。

Embed from Getty Images

確かなことは何もないが、オヘアがロンドン世界選手権の1500mで決勝に進む確率は高い。タルサ大学を卒業してすぐのモスクワ世界選手権を、初めて世界選手権にもかかわらず決勝進出を果たした。彼の調子はいいが、1ヶ月後には、世界のライバル達と戦うためさらに調子を上げていきたいのだろう。

「残り200m地点でもっといかないといけないと思った。自分に腹が立ち、ゴールまでまだ距離があることを願いながら力を振り絞った。これまでにないぐらい自分に力を感じた。とても追い込んだ。ラスト150mまでラストスパートをかけなかった。3:34のレースだったけど、あれだけの選手の中で自分が競り勝ったことは、大きな自信につながったよ」

男子3000m

モー・ファラーが地元ロンドンのファンの前で勝利

ファラーは同じイギリスのアンドリュー・ブッチャートとともにレースを盛り上げた。ブッチャートがラスト3周からのロングスパートに打って出たが、ラスト470mからファラーが先頭に立ち、ヨーロッパ3000m王者のスペインのアデル・ミチャールの追撃を抑えて、7:35.15の今季自己最高記録で完勝。ラスト1周は55.33。

1000m – 2:32.65

2000m – 5:10.03 (2:37.38)

3000m – 7:35.15 (2:25.12)

3位には終盤ロングスパートをかけたブッチャートが入り、4位にはオーストラリアのパトリック・ティアナンが入った。ロンドン世界選手権男子5000mアメリカ代表の2人 -エリック・ジェンキンスとライアン・ヒル、男子10000m代表のハッサン・ミードは見せ場を作れずに惨敗した。

1 Mohamed FARAH GBRGBR 7:35.15
2 Adel MECHAAL ESPESP 7:36.32
3 Andrew BUTCHART GBRGBR 7:37.56
4 Patrick TIERNAN AUSAUS 7:37.76
5 Davis KIPLANGAT KENKEN 7:38.33
6 Frank NGELEL KENKEN 7:38.50
7 Hassan MEAD USAUSA 7:38.51
8 Andrew BAYER USAUSA 7:38.90
9 Eric JENKINS USAUSA 7:40.36
10 Sam MCENTEE AUSAUS 7:41.03
11 Nick GOOLAB GBRGBR 7:42.22
12 Marc SCOTT GBRGBR 7:43.37
13 Ryan HILL USAUSA 7:43.81
14 Antonio ABADÍA ESPESP 7:48.14
15 Riley MASTERS USAUSA 7:48.79
16 Rob MULLETT GBRGBR 8:19.24
Reuben BETT KENKEN DNF
Adam CLARKE GBRGBR DNF

ファラーがこのレースで、戦いを挑まれていると思っていたのなら、それは違うと証明しよう

「ファラーはレースが終わる前から勝利を確実にしていた」

と、ブッチャートはレース後のインタビューで答えている。ファラーは負けそうだったどころか、ブッチャートに対してレース中に指導していたという。ブッチャートのレース後のインタビューは、

「今日のレース結果はすごく嬉しい。スタジアムの雰囲気も最高だった。モーはレース中に指導してくれて何をすべきかアドバイスしてくれた。すごく良かったよ。イギリス選手権は自分にとっては楽なレースで、足の調子も良かった。今日はとても楽しめたよ。ロンドン世界選手権のリハーサルみたいな感じだった」

「この後、ロンドン世界選手権前の調整合宿でFont Romeu (フォン=ロムー)に行き、8月の決勝に残れるように頑張るよ。今日のレースでかなり自信はついた。ロンドン世界選手権ではいいレースが出来るという自信がついたよ」

Embed from Getty Images

ファラーに関して言えば、彼に関して何も悪い点は見当たらなかった。すごく良かったが、不満があるとすれば彼のレース後のインタビューだ。ファラーは、ファンをがっかりさせた。レースが終わった後、彼はモナコの1500mに出場しないことを明かした。

「準備はうまくいっている。本来は(毎年そうしている)モナコDLの1500mに出て調整し、世界選手権の流れだったが、今日がロンドン世界選手権前の最後のレースだ。明日、Font Romeu (フォン=ロムー:標高1850mのピレネー山脈:フランスとスペインの間にある合宿地)に行く。このスタジアムは僕のホームだ。僕の人生が変わり、有名にしてくれた場所。ここの人々のおかげだ」

Embed from Getty Images

モナコ出場をとりやめて、トレーニングをするというのは理にかなてっいると思う。ファラーは10000mでケニアのジョフリー・カムウォロルから一番マークされる対象になるからだ。5000mのケニア勢は今回とても弱く、ファラーは素晴らしいラストスパートがあるので、5000mでファラーが負けることはないだろう。(10000mですでにファラーが負けていなければ)

パトリック・ティアナンは輝き続ける

オーストラリアの22歳のパトリック・ティアナンは、昨年11月に全米大学クロスカントリー選手権個人総合でオレゴン大学のエドワード・チェセレクを下して優勝して以来、8ヶ月もの間、高いレベルでレースを続けており、その度に改善を続けている。 3月の世界クロカンでは(非アフリカ系のランナーで1番目となる)13位になり、2017年の5つのトラックレースでは、全て自己記録を更新して走っている。

(※パトリック・ティアナンの今季5つのトラックレース。全て自己新。日本記録に近い。)

5月5日 ペイトンジョーダン招待 10,000m アメリカ – パロアルト E F 1位 27:29.81 1179
5月27日 プレフォンティンクラシック 5000m アメリカ – ユージーン ダイヤモンドリーグ F 11位 13:13.44 1161
6月10日 レイサーズグランプリ 3000m ジャマイカ – キンストン C F 2位 7:41.62 1166
7月1日 パリミーティング 3000m フランス – パリ ダイヤモンドリーグ F 7位 7:39.28 1181
7月9日 ミューラーアニバーサリーゲーム 3000m イギリス – ロンドン ダイヤモンドリーグ F 4位 7:37.76 1190

 

女子800m

Embed from Getty Images

非ダイヤモンドレースである女子800mでは、アメリカのチャリーン・リプシーがローザンヌDLに続いての連勝を飾った。

Pl. Athlete / Team Cnt. Result
1. Charlene LIPSEY USA 1:59.43
2. Shelayna OSKAN-CLARKE GBR 1:59.82 SB
3. Hedda HYNNE NOR 1:59.87 PB
4. Lynsey SHARP GBR 1:59.96
5. Chrishuna WILLIAMS USA 2:00.19 SB
6. Adelle TRACEY GBR 2:00.34 PB
7. Laura ROESLER USA 2:00.55
8. Alexandra BELL GBR 2:00.62 SB
9. Angela PETTY NZL 2:00.90
10. Esther GUERRERO PUIGDEVALL ESP 2:00.96 PB
Kendra CHAMBERS USA DNF

 

女子1マイル

ヘレン・オビリが4:16.56の大会記録&ケニア記録でローラ・ミューアを破った

このレースはローラ・ミューアが1マイルのイギリス記録(ゾラ・バッドの4:17.57)を破ることを見るためのレースであった。800mを2:07.27で通過し、ミューアはイギリス記録に向かって良いペースを維持していた。

ラスト1周を63.7で回ればイギリス新記録という状況の中、記録にチャレンジするミューアの背中をオビリが追い続ける。イギリスの選手=ミューアを応援する大声援の中、オビリはラスト100mでミューアを引き離し、大会記録にしてケニア記録の4:16.56で優勝を果たした。

Embed from Getty Images
1 Hellen Onsando OBIRI KENKEN 4:16.56 8
2 Laura MUIR GBRGBR 4:18.03 7
3 Winny CHEBET KENKEN 4:19.55 6
4 Angelika CICHOCKA POLPOL 4:19.58 5
5 Jennifer SIMPSON USAUSA 4:19.98 4
6 Laura WEIGHTMAN GBRGBR 4:20.88 3
7 Ciara MAGEEAN IRLIRL 4:22.40 2
8 Melissa COURTNEY GBRGBR 4:23.15 1
9 Linden HALL AUSAUS 4:23.96
10 Kate GRACE USAUSA 4:24.01
11 Stephanie GARCIA USAUSA 4:24.68
12 Stephanie TWELL GBRGBR 4:25.39
13 Katie SNOWDEN GBRGBR 4:25.89
14 Jessica JUDD GBRGBR 4:28.59
15 Axumawit EMBAYE ETHETH 4:35.54

ヘレン・オビリはロンドン世界選手権の5000mに向けて視界良好

私たちは、オビリが今日のレースでミューアに唯一挑戦出来る選手と予想していたがそれは正しかった。オビリの走りは素晴らしかった。オビリの強さとスピードの組み合わせ(5000m:14:18)は彼女を圧倒的な王者へと導き、ミューアはロンドン世界選手権で2種目(1500m / 5000m)への出場を予定しているが、ミューアは5000mではオビリに付け込むこともなさそうである。

5000mでオビリの快進撃を止めるチャンスを持つのはエチオピアのアルマズ・アヤナ (女子10000mリオオリンピック金&世界記録保持者)だが、アヤナの故障が長引き、アヤナは今年のレースに1度も出場していない。

アヤナの代理人であるグローバル・スポーツのヨス・ヘルメンスは、アヤナのモナコDLへの出場を我々に教えてくれたが、彼女はオビリに勝つためには得策を打つしか無い。忘れることなかれ、オビリはリオオリンピックの5000m決勝でアヤナに勝っている(オビリは銀メダル)のだ。

ローラ・ミューアの頑張りに敬意を表す

ミューアは積極的にレースを進めたが、今日は1マイルのイギリス記録をわずかに下回ってしまった (0.46秒ほど)。ミューアは1周目を少し速く走ったが(下のラップを参照)良いポジションにいた。彼女は、最後の100mでオビリに引き離されてしまったが、今日の彼女の走りを見る限り、ミューアはロンドン世界選手権のメダル候補だろう。

「今日は自己記録を出せたので良かったです」

とミューアは語った。

「とても嬉しいです。本当に頑張りました。トレーニングもうまくいっていて、足にも何も違和感などはなかったです。今日も調子が良くて、ロンドン世界選手権まで持ってくれればいいなと思います」

「ヘレンの調子がすごく良いのは知っていました。彼女の走りの様子もわかっていたけど、ここで勝って記録を狙おうと思いました。ロンドン世界選手権までまだ1か月ありますが、今日の結果で自信がつきました。もっと調子を上げて、速く走れるようになって、またロンドンに戻ってきます」

1つの疑問としては、ミューアがリオオリンピックで金メダルを狙ったように、今回のロンドン世界選手権で再び金メダルを狙って走るのか、それともメダルのために走るのか、ということだ。私達は、彼女が地の利を活かす=ロンドンでの金メダルを獲る事を期待しているが、女子1500mは混戦模様であるために、イチかバチかの作戦はリスクが伴う – ミューアもその事を良く理解しているように。

ミューアのラップタイム:64.1(409m)- 65.0 – 64.7 – 64.2=4:18.03 

 

 

レッツラン記事

http://www.letsrun.com/news/2017/07/2017-anniversary-games-recap-nijel-amos-blasts-143-18-world-leader-mo-farah-735-3k-hellen-obiri-416-mile-win-big/

 

〈 TOP 〉

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中