世界トップの3000mSCの選手はハードリングの練習をどのぐらいするのか?前編 – 北京オリンピック金メダリストのブリミン・キプルト「練習したことがない」

3000mSCのレースに向けての準備の仕方は、人それぞれ異なる。ハードリングの練習はしたことがない、というオリンピックチャンピオンから(トラックシーズンには)毎週ハードリング練習をするエヴァン・ジェイガーまで、まさに百人百様である。レッツランは、トップのケニア人とアメリカ人の選手の違い、ハードリングのフォームの重要性を発見するために専門家に話を聞いた。

イアン・ハンターは、3000mSCの研究に多くの時間を費やしてきた。ハンターは、ブリガム・ヤング大学 (BYU)の運動科学の教授であり、USATFの長距離の生物学分析の分野でスポーツ科学者としても従事している。

彼は毎年、全米屋外選手権など、その他多くの大会に出向き、動画を撮り、それぞれの選手の身体の位置やスタートとフィニッシュの速度など、かなり細かい部分まで分析を行っている。ハンターと学生たちは、年に100時間以上、3000mSCの研究を行っている。彼はこれまでこの種目について3つの論文を発表しており、現在新しい2つの論文も執筆中である。

Embed from Getty Images

(※アップデート:2018年に2つの大きな女子3000mSCに関することが起こった。1つ目はアスベル・キプロプ同様にルース・ジェベットのドーピング疑惑。ジェベットは2018年のレースに出場していない。2つ目は2018年モナコDLでのベアトリス・チェプコエチによる8:44.32の世界新記録の誕生)

しかし、そのハンターでさえ、ルース・ジェベットについては解読できないという。

「彼女を見て“これまで自分が学んできたことは全部間違いだったんだ”って思ってしまったよ。これまで私が教えてきた良いハードリングというものを、彼女は全然できてないのに、彼女は世界で一番速いんだ」

ジェベットはケニア生まれ、現在はバーレーンの代表選手で、リオオリンピック女子3000mSC金メダリストであり、そして8分52秒78という※ 2018年7月までの世界記録保持者である。彼のオフィスを訪れると、彼の部屋の壁にはジョシュ・マクアダムスエマ・コバーンら3000mSCの選手の写真が飾ってあり、そこでハンターはリオオリンピック決勝のビデオを見せてくれた。

そして、ジェベットのフォームを解説してくれた。まずは、彼女の利き足。もしくは、両方の足が利き足なのか?ほとんどの3000mSCの選手は、二分法とも言うべき跳び方をする。利き足で最初ハードルをまたぎ、後ろのもう片方の足はたたみ込むかたちとなる。

Embed from Getty Images

しかし、ジェベットは違う。彼女のハードリングフォームは、人間というより馬の跳び方に似ている。彼女も普通に利き足があるが、ハードルを跳び越えるときに、彼女は素早くもう片方の足を素早く上げ、利き足と一緒の位置まで持ってきて、身体の下にたたみ込む。まるで、キャノンボール(両ひざをかかえて体を丸める跳び方)をする時の見た目のようだ。

Embed from Getty Images

「前に進みながら高く跳ぶとき、水平速度は失われ垂直速度が増すことになる。でも、彼女はすごく高く跳んでいる。それは必要以上の水平速度を失い、それを垂直速度に変えているからである」

レースが進むと、ハンターはジェベットの他の欠点を見つけた。彼女はハードルのすぐ近くで跳び、水濠の着地よりかなり後ろで身体を曲げる。それによって前に進む力が失っているのだ。しかし、障害と障害の間になるとジェベットが9分00秒を切る速さで走るため、そのスピードに対応できる走力を持つ他の選手がいなかった。

1998年、まだ女子3000mSCがレースというよりはアイディアのレベルであった時代、実際にトラックの記録会で議論が行われ(北京オリンピックで初めて正式種目になる)、ハンターと、元BYU女子チームの監督であったパトリック・シェーンは、この競技がきちんと確立されれば女子でも※8分45秒程度で走れるだろうと計算していた。ハンターは、ジェベットの技術が上達すればこのタイムに近づけるだろうと考えている。しかし、彼女は今までのやり方を変えることを嫌がるだろう。

(※ 実際にベアトリス・チェプコエチによる8:44.32の世界新記録が誕生した)

「世界記録を更新し、金メダルまでも獲得してしまったら、それから自分の走りを変えるのなんて、きっとやる気が出ないだろう」

ハンターは言った。

ページ【】【】【▶︎

広告

世界トップの3000mSCの選手はハードリングの練習をどのぐらいするのか?前編 – 北京オリンピック金メダリストのブリミン・キプルト「練習したことがない」」への2件のフィードバック

  1. ピンバック: (過去記事)世界トップの3000mSCの選手はハードリングの練習をどのぐらいするのか?後編 – 完璧なハードリングとは、どのようなものか – LetsRun.com Japan

  2. ピンバック: ヘラクレス・モナコ (モナコDL) 男子3000mSC – エヴァン・ジェイガーが非アフリカ人選手として至上初のダイヤモンドリーグでの男子3000mSC制覇!! – LetsRun.com Japan

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中