全米屋外選手権女子10000m:モーリー・ハドル3連覇達成 – シャレーン・フラナガンが代表落ち

カリフォルニア州のサクラメントで開催している全米屋外選手権の女子10000mで、この種目のアメリカ記録保持者のモーリー・ハドル (サッカニー)が31:19.86で3連覇を達成。ラスト1周は65秒。

2015年北京世界選手権女子10000m銅メダリストのエミリー・インフェルド (バウワーマン・トラック・クラブ)が31:22.67で2位に入り、ハドルの練習パートナーでもある、エミリー・シッソンが31:25.64で3位に入って、初のアメリカ代表入りを果たした。

 

【レース結果】(全ラップはこちらから, Women’s 10,000mを選択)

Pl. Athlete / Team Cnt. Birth Result Score
1. Molly HUDDLE USA 84 31:19.86 1175 SB
2. Emily INFELD USA 90 31:22.67 1172 PB
3. Emily SISSON USA 91 31:25.64 1170 PB
4. Shalane FLANAGAN USA 81 31:31.12 1165 SB
5. Natosha ROGERS USA 91 31:54.62 1144 PB
6. Erin FINN USA 94 32:00.46 1139 SB
7. Liz COSTELLO USA 88 32:28.05 1114 SB
8. Stephanie BRUCE USA 84 32:45.43 1099
9. Elaina BALOURIS USA 91 32:48.76 1096
10. Alia GRAY USA 88 33:16.54 1072 SB
11. Allie KIEFFER USA 87 33:24.78 1065
12. Chelsea BLAASE USA 33:41.04 1052
13. Lauren LAROCCO USA 33:41.08 1052
14. Meghan ARMSTRONG-PEYTON USA 86 33:46.69 1047 SB
15. Caitlin GREGG COODMAN USA 87 33:55.86 1039
16. Bridget LYONS USA 88 33:57.72 1037 SB
17. Bethany SACHTLEBEN USA 34:05.41 1031
18. Joanna THOMPSON USA 92 35:03.43 983 SB
Kim CONLEY USA 86 DNF
Amy SCHNITTGER USA DNF

レースはスタート時に30℃ほどのコンディションにあったが、ベテランのシャレーン・フラナガンが1周目から積極的に先頭を引っ張った。レースの大半はフラナガンがそこそこのペースで引っ張り、その後、ハドル、フラナガン、インフェルド、シッソンの入れ替わりがあり、最終的にはハドルのキックに屈した。

しかし、フラナガンのベテランらしい堂々としたレースぶりは冴えていた。丸亀ハーフとボストンマラソンを欠場し今年は精彩を欠いていただけに、31:31.12の4位は誇るべき記録であった。

 

ハドルの練習パートナーであるシッソンは、この後、ロンドン世界選手権までにヨーロッパでいくつかのトラックレースに出場して世界に向けて調整する。その前にハドルは全米屋外選手権女子5000mを走ることとなる。

エミリー・インフェルドは2015年北京世界選手権女子10000m銅メダリストである。今春、股関節の故障に悩まされたが、バウワーマン・トラック・クラブのヘッドコーチである、ジェリー・シューマッカー氏の手腕によって、再びアメリカ代表の座に戻ってきた。

シッソンは、プロ選手としてのキャリアを確立しようとしている。プロビデンス大学から彼女を指導してきたレイ・トレイシーコーチと、練習パートナーであるハドルとの良い練習を継続してきた。今やシッソンはハドルとの差を埋めつつある。

フラナガンのようなアメリカ長距離界の伝説の選手が、ついに変化を遂げてしまった。フラナガンは2004年から2016年にかけて、アメリカ代表選手としてオリンピックや世界選手権に出場し続けてきた。これは本当に素晴らしいことであるのだが、それは今夜で終わってしまった。

 

レッツラン記事

http://www.letsrun.com/news/2017/06/womens-10k-molly-huddle-three-peats-shalane-flanagan-misses-worlds-first-time-since-2003/

 

〈 TOP 〉

広告

全米屋外選手権女子10000m:モーリー・ハドル3連覇達成 – シャレーン・フラナガンが代表落ち」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: ニューヨークシティマラソンに出場するシャレーン・フラナガンが話す:今回のトレーニングは“いつもになく”うまくいった – LetsRun.com Japan

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中