ビスレット・ゲーム (オスロDL)“珍”ハプニング集

2017年ビスレット・ゲームは素晴らしい大会だった。

しかし、この記事では選手たちの素晴らしいパフォーマンスではなく、これまで見たこともないような“珍”ハプニングのパフォーマンスをお届けする。

 

【女子走幅跳-ウィッグがとれる―】

最初は、女子走幅跳。

着地の瞬間にそれは起こった。ナイジェリアのブレッシング・オカクバレ選手のウィッグ(女性用かつら)が取れてしまったのだ。こんなことは見たことがない。念のために言っておくが、ウィッグが落ちた地点が記録となった。

しかし、彼女のすごいところは、ブレッシングは平静を保ち、集中力を失わずに、静かにウィッグを付け直したのである。

 

【女子3000mSC-水濠の飛越を忘れる-】

次は、女子3000mSCでそれは起こった。

ペースメーカーが水濠の飛越をし忘れ、それが原因で優勝候補だったエチオピアのソフィア・アセファ選手が転んでしまったのだ。しかし、その後彼女は起き上がり、レースに復帰、見事2位に入った。

 

【女子200m-フライング?でも1位-】

女子200mでオランダのダフネ・シッパーズは明らかにフライングをしたが、彼女は抗議後に再度レースに参加した。レース後一度は失格になるも、その審判は覆り優勝に。

 

【女子800m-ゼッケンの向きが…-】

screenshot-453-e1497554947979-400x259.png

最後は、女子800m。優勝争いをしているブルンジのフランシーヌ・ニヨンサバと、南アフリカのキャスター・セメンヤ。

フランシーヌ・ニヨンサバのゼッケンをよく見ると…上下逆についている。

 

レッツラン記事

http://www.letsrun.com/news/2017/06/oslo-track-field-blooper-reel-wig-falls-off-rabbit-misses-water-jump/

 

〈 TOP 〉

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中