ビスレットゲーム (オスロDL)結果 – イギリスのジェイク・ワイトマンとノルウェーのヤコブ・イングブリングセン、2人のヨーロッパ人選手の快挙

ノルウェーのオスロで開催されたダイヤモンドリーグオスロ大会 – ビスレットゲームの中長距離種目の結果は以下。

 

男子1500m

スコットランド人のジェイク・ワイトマンが番狂わせ。レオ・マンザノ以来の非アフリカ人によるダイヤモンドリーグでの1500m/マイルでの勝利。

2年前、22歳のスコットランド人のローラ・ミューアオスロDLの1500mで優勝、ケニア人に勝利し皆を驚かせた。本日、同じトラックで別の22歳のスコットランド人がミューアの足跡を辿った。2年前、ミューアが北京世界選手権銀メダリストフェイス・キピエゴンを破ったように、ワイトマンも北京世界選手権銀メダリストマナンゴイを破った。

ワイトマンは2013年のヨーロッパジュニアのチャンピオンであり、自己記録を1秒以上更新する3:34.17の自己新で、ダイヤモンドリーグの男子1500m/マイルで非アフリカ系選手としての至上二人目の勝利を収めた(レオ・マンザノが2011年のロンドンDLのマイルで優勝)。

レースはペーサーが55.87 – 1:53.06で引っぱったが、その後ろでアヤンレ・スレイマンが引っぱり、その後ろにイギデール、マナンゴイが付くという展開。ラスト300mよりワイトマンが進出を開始し、序盤の9番手から見事に全員を差し切った。イギデール、スレイマンの実力者は不発に終わり調整不足を思わせた。マナンゴイはプリクラシックのように2位を確保しなければならず、ポーランド人のレワンドウスキーは自己記録を3秒更新する3:34.60で3位に入った。

    1 Wightman , Jake                  GBR    3:34.17          
    2 Manangoi , Elijah Motonei        KEN    3:34.30          
    3 Lewandowski , Marcin             POL    3:34.60          
    4 Ingebrigtsen , Filip             NOR    3:36.74          
    5 Torrence , David                 PER    3:37.19          
    6 Grice , Charlie                  GBR    3:37.78          
    7 Kiplagat , Silas                 KEN    3:37.81          
    8 Holuša , Jakub                   CZE    3:38.19          
    9 Elkaam , Fouad                   MAR    3:38.19           
   10 Souleiman , Ayanleh              DJI    3:38.55           
   11 Williamsz , Jordan               AUS    3:38.86           
   12 Ngetich , Hillary Cheruiyot      KEN    3:39.41           
   13 Gregson , Ryan                   AUS    3:41.35           
   14 Iguider , Abdalaati              MAR    3:41.79           
      Kiptoo , Elijah Kipchirchir      KEN        DNF           
      Rotich , Andrew Kiptoo           KEN        DNF

ワイトマンは上記のように2013年のユーロッパジュニアチャンピオンであるが、20歳の誕生日の翌日に3:35.49を記録したように高いポテンシャルを示していたが、その翌年、翌々年は不振に陥った。昨年のイギリスのオリンピックトライアルで3位に入ったものの、参加標準である3:36.20をクリアしていなかったがために、リオオリンピックを自宅で観戦するハメになった。

しかし、彼は今回のオスロでの勝利をもって最高の結果を見せた。800m1:47.13 / 1500m3:35.49の自己記録を持って今季を迎えたが、特に最近の5レースの成績は以下である。

5月13日:BMCグランプリ(イギリス)800m 優勝 1:46.36 自己新
5月27日:IFAMミーティング(ベルギー)1500m 優勝 3:35.93
6月2日:アディダスブーストボストンゲーム(アメリカ)800m 5位 1:46.0​​7 自己新
6月10日:Folksamグランプリ(スウェーデン)800m 優勝 1:45.82 自己新
6月15日:ビスレットゲーム(ノルウェー)1500m 優勝 3:34.17 自己新

自己記録を更新することは素晴らしいが、レースで優勝を飾ることはさらに印象的である。素晴らしいキャリアを持つイギデールとスレイマンが調整不足なのは明らかで、これは一流のダイヤモンドリーグのレースではない。しかし、ドーハDLを勝利し、ユージーンDLで2位に入ったマナンゴイを破ることは大金星だと言える。ワイトマンはなんと素晴らしいのであろうか。

ワイトマンを走らせたのは彼の血統ゆえにあるが、両親が長距離のスペシャリストであっただけに、どこからそのトップスピードが得られたのかはわからない。ジェイクのコーチであり、彼の父でもあるジェフは2時間13分台の記録を持つマラソン選手であり、母のスーサン・トービーは2時間31分の記録を持つマラソン選手で、1988年のオリンピックで12位になった。

また別のスコットランド人の才能があらわれる

ワイトマンは、ミューアや最近の若い才能を持つ英国人のようであり、彼はスコットランド出身である。統計家のジョン・ムルケンが指摘するように、現在のトップ3のスコットランド人(スコットランド出身のワイトマン、クリス・オヘア、NCAAチャンピオンのジョッシュ・カー)はエディンバラの同じクラブに所属している。 【オヘア (B.A.A=ボストン)とカー (ニューメキシコ大学)は現在、アメリカに拠点を置いている】540万人の国 (スコットランド)でわずか50万人未満の都市 (エディンバラ)も悪くはない。

 

 

ジュニア男子マイル

ジュニア男子ドリームマイル:16歳のヤコブ・イングブリングセンが再びやってのけた。マイル4分切りの3:56.29!!

3週間前、ノルウェー人で16歳のヤコブ・イングブリングセンはプレフォンティン・クラシック (ユージーンDL)のマイルで3:58.07を記録し、史上最年少でマイルのサブ4を達成し世界を驚かせた。レース後、イングブリングセンは「もっと速くなりたい、また、このオスロのホームグラウンドでレースをしたい」と今夜のレースへの出場を望んだが、歓喜の渦に満たされたノルウェーのファン達の後押しを得て、3:56.29で走り、16歳の男子マイルの世界記録を破った。

彼の為に用意されたペーサー達は800mを1:58.90、1200mを2:58.63で通過した。ケニアのキプロノがイングブリングセンの前でレースを進めたが、900mからイングブリングセンが先手を取り、そのまま先頭でゴール。3:56.29のタイムとともに最後は歓喜のホームストレートを駆け抜けた。

1 NOR INGEBRIGTSEN Jakob 3:56.29 PB 
2 MAR AKANKAM Hicham 3:57.66 
3 MAR BEN ZAHRA Abdelkarim 3:58.58 
4 KEN KIPRONO Brimin 4:00.70 
5 NOR JEFFERSON BYRKJELAND Thomas 4:00.87 
6 BEL van de VELDE Tim 4:05.11 
7 NOR IRGENS Henrik 4:07.25 
8 BEL SISK Pieter 4:08.01
9 NOR JUVEN Sondre 4:08.64 
10 NOR SANDVIK Fredrik 4:13.67

イングブリングセン(2000年9月19日生まれ)は、わずか16歳、269日でマイル3:56.29を達成した。昨年、アメリカの高校生だったアンドリュー・ハンターが18歳、168日で達成したマイル3:57.81よりも速く、そして若い。

【レースのラップ】
409m:60.1
809m:60.8(2:00.9)
1209m:59.4(3:00.3)
マイル:56.0

 

女子800m

リオオリンピック女子800m金メダリストで南アフリカのキャスター・セメンヤが公式レース25連勝を達成 (予選のレースを含む)。

   1 Semenya , Caster                 RSA    1:57.59         
    2 Niyonsaba , Francine             BDI    1:58.18          
    3 Wambui , Margaret Nyairera       KEN    1:59.17          
    4 Lindh , Lovisa                   SWE    1:59.23          
    5 Bishop , Melissa                 CAN    1:59.89          
    6 Hinriksdóttir , Aníta            ISL    2:00.05          
    7 Almanza , Rose Mary              CUB    2:00.34          
    8 Sharp , Lynsey                   GBR    2:00.41          
    9 Hynne , Hedda                    NOR    2:01.05           
   10 Sum , Eunice Jepkoech            KEN    2:03.04           
   11 Eykens , Renée                   BEL    2:03.23           
      Verstegen , Sanne                NED        DNF

 

女子3000mSC

ケニア出身でバーレーンの17歳のウィンフレッド・ヤヴィがペーサーを務めるなか、彼女は最初の水濠を飛越せずにそのままコーナーを走ってしまった(動画2分32秒あたりから)。

彼女はそのまま水濠に戻ったが、後方を走っていたロンドンオリンピック女子3000mSC銀メダリストでエチオピアのソフィア・アセファと衝突し、アセファは水濠をうまく飛越出来ず、水に浸かってしまった。

それからアセファは追い上げ、最後は先頭に出たものの、ケニアのノア・ジェルトに僅差で破れた。Schlumpfは9:21.65(9:26.86の記録を破り)スイス記録で3位。 Schlumpfは今年、10k(32:10)とハーフマラソン(70:17)でスイス記録を樹立している。アルバニアのLuiza Gegaも9:26.05のアルバニア記録で5位に入った。

    1 Tanui , Norah Jeruto             KEN    9:17.27          
    2 Assefa , Sofia                   ETH    9:17.34          
    3 Schlumpf , Fabienne              SUI    9:21.65          
    4 Kirui , Purity Cherotich         KEN    9:25.82          
    5 Gega , Luiza                     ALB    9:26.05          
    6 Jepkemei , Daisy                 KEN    9:28.88          
    7 Chepkemoi , Joan                 KEN    9:31.84          
    8 Getent , Tigest                  BRN    9:33.10          
    9 Møller , Anna Emilie             DEN    9:34.30           
   10 Chemutai , Peruth                UGA    9:47.90           
      Krause , Gesa Felicitas          GER        DNF           
      Yavi , Winfred Mutile            BRN        DNF           
      Grøvdal , Karoline Bjerkeli      NOR        DNS

 

オスロDLレッツラン記事

http://www.letsrun.com/news/2017/06/2017-bislett-games-recap-jake-wightman-pulls-off-huge-upset-16-year-old-runs-356-womens-wig-comes-off-mid-competition/

 

〈 TOP 〉

広告

ビスレットゲーム (オスロDL)結果 – イギリスのジェイク・ワイトマンとノルウェーのヤコブ・イングブリングセン、2人のヨーロッパ人選手の快挙」への2件のフィードバック

  1. ピンバック: バウハウス・ガラ (ストックホルムDL) 結果 – 男子100mで9.69 (+4.8)、男子1500mで今季世界最高記録 – LetsRun.com Japan

  2. ピンバック: ノルウェーのヤコブ・イングブリングセン(2000年9月19日生まれの16歳)が、自身初の3000mSCに出場し、8:26.81!! – LetsRun.com Japan

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中